スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗洋食店で昔ながらのご馳走ランチ@池袋=三笠會館

『池袋で老舗洋食店のご馳走ランチ~♪』

   ~銀座洋食 三笠會館・池袋パルコ店

■今日は、池袋で休日ランチです。

久しぶりに、美味しい“洋食”が食べたくなったので、お店を探します。

池袋には、チェーン系の人気老舗からガッツリ系の若者御用達店まで、幅広いバリエーションがあるんですよ。

■食べログで、中エリア区分“池袋”エリアの“洋食”ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 ウチョウテン (ハンバーグ、コロッケ・フライ、洋食)
第2位 キッチン Oh! Way (ハンバーグ、オムライス、洋食)
第3位 キッチン ABC・西池袋店 (洋食、コロッケ・フライ、定食・食堂) (南大塚店に訪問済み) ※
第4位 つばめグリル・ルミネ池袋店 (洋食、ドイツ料理、ハンバーグ)
第5位 キッチン ABC・池袋東口店 (洋食、カレーライス、定食・食堂) (南大塚店に訪問済み) ※
第6位 洋庖丁・池袋店 (洋食、定食・食堂、ハンバーグ) <未訪問> ※
第7位 ランチハウス・ミトヤ (定食・食堂、ハンバーグ、カレーライス) <未訪問> ※
第8位 タカセ・池袋本店 (洋食、パン、パンケーキ)
第9位 キッチン チェック (洋食、ステーキ) <未訪問> ※
第10位 三笠會館・池袋店 (洋食、ハンバーグ、シチュー) <未訪問>

※印を付けたお店は、“定食・食堂”風の、どちらかと言えば“ガッツリ若者系”のお店です。

今日は、未訪問店の中から、ちょっと上品に、第10位の“三笠會館”に行ってみます。

121231.池袋・三笠會館0009

■“三笠會館”は、お店の入口に“SINCE 1925”と書いてある通り、1925(大正14)年開業で、今年で創業88年の超老舗です。

お店に置いてある紹介文によると、はじめは銀座・歌舞伎座前で“かき氷屋”(?!)としてスタートしています。

その後、戦後間もなく、銀座・並木通りに店舗をオープン。とんがり屋根に風見鶏が乗った英国田園風の洋館は、当時話題になったそうです。

当時から人気があったのは、“若鶏の唐揚げ”、“インド風チキンカレー”、“ビーフシチュー”といった洋食メニューで、「手間隙を惜しまない料理と、心をこめたもてなし」を心掛けてきたんだそうです。

現在では、洋食、和食、中華にこだわらない展開をしていて、銀座五丁目の“三笠會館・本店”では、地下1階から7階まで、そのすべてが揃っています。

多店舗展開しているのは、イタリアンの“マーケットレストラン AGIO”(9店舗)、“銀座フランス屋”(5店舗)などがあります。

そんな中で、今日訪問する“銀座洋食 三笠會館・池袋パルコ店”は、唯一の“洋食”ジャンルの店舗となっています。

なかなか楽しみですね~♪

121231.池袋・三笠會館0039

■お店は、池袋パルコのレストラン街“TABEBUKURO”の7階・西武百貨店寄りの場所にあります。池袋西武のレストラン街“ダイニングパーク池袋”とは、連絡通路で繋がっています。

お店に着いたのは、13:30ごろです。年末年始ということで、街中のレストランは閉まっているお店もあるためか、百貨店のレストラン街は遅い時間にもかかわらず、かなりごった返しています。

お店の雰囲気は、“老舗洋食店”のイメージ通り、落ち着いたダークブラウンと白色を基調とし、レトロ風のランプなどの調度品と、赤のチェックの目隠し布がアクセントになっています。

店内は広くて、席数は70席もあるためか、いつも割りと並ばずに入れる印象です。この日は待ち客2名でしたが、並んで間もなく入店です。

割りと空いているのは、若者中心のパルコの客層と、老舗・三笠會館のブランドとお値段(ランチでも1,200円より)が、ややマッチしていないからでしょうか。

121231.池袋・三笠會館0013

■ランチメニューは5種類あって、三笠會館の看板メニューを中心に構成されています。

・カレーランチ         ;(1,200円)三笠會館伝統の味 インド風スペシャルチキンカレー
・ハンバーグのランチ    ;(1,300円)和牛挽肉と白金豚のハンバーグステーキ デミグラスソース
・お魚料理のランチ     ;(1,400円)岡山邑久産カキフライ タルタルソース添え
・和風ハンバーグのランチ ;(1,500円)和牛挽肉と白金豚のハンバーグステーキ 大根おろしとキノコの和風ソース
・ステーキランチ       ;(2,100円)オーストラリア産 大麦牛ロース肉のステーキ 和風醤油ソース

まず、隊長が、このお店の看板メニューの一つ、“インド風スペシャルチキンカレー”をセレクトします。

121231.池袋・三笠會館0010

■隊員としては、他の看板メニューのうち何にしようか迷うところですが、入口にあった“チューボーですよ!”の文字が頭から離れません。

調べてみると、2011年12月3日放送の、TBS系グルメ番組『チューボーですよ!』で、三笠會館・池袋パルコ店の店長さんが“街の巨匠”として取り上げられていたようです。

その日のテーマは“カキフライ”で、毎回3人紹介される“街の巨匠”のお店で“三笠會館”以外は、四ツ谷の巨匠“四ツ谷たけだ”と、大塚の巨匠“洋食GOTOO”だったようです。

この“カキフライ”と、お店の一押しメニュー“ハンバーグ”がセットになったのが、限定メニューの“岡山産大粒カキフライとハンバーグの盛り合わせ”(1,600円)です。

食に欲張りな隊員は、こちらを注文することにします。

【岡山産大粒カキフライとハンバーグの盛り合わせ】
121231.池袋・三笠會館0032

■まずは、写真とともに、“ハンバーグステーキ”についてのお店の説明書きをご紹介しますので、イメージしてみて下さい。

洋食の定番ハンバーグステーキ。三笠會館は早くから主力メニューとして皆様に愛されてきました。
和牛の挽肉と脂の美味しい岩手・花巻産の白金豚を7対3でブレンド。合わせてパテをオーダーメイドで焼き上げます。
まず強火でしっかりと肉汁が出ないようにパテの表面を焼き固め、さらにスチームコンベクションオーブンでムラなく焼き上げています。
だから肉汁豊かでふっくらと美味しく、肉の旨味がたっぷりと楽しめます。変わらない調理方法が、その美味しさをいつまでもお届けします。

121231.池袋・三笠會館0033

■まずは、プレートの中心に鎮座している第一の主役、ハンバーグから食べてみます。

大きさは直径10cmほどで、厚みは2cm弱といったところでしょうか。量的には180gあるようです。

むむむ。。。


これは、美味い~! ヾ(*´∀`*)ノ~♪


しっかりと“お肉”を感じさせてくれる食感・味わいのパテが、極上のデミグラスソースを纏っています。

パテはほとんどつなぎを感じさせないもので、かつ肉の臭みを全く感じさせません。新鮮で良質な牛肉・豚肉を使用いているからなんでしょうね。

ハンバーグの表面が軽くパリッとした歯ごたえがあって、内側からは旨味を湛えた肉汁が溢れ出す、ハンバーグの黄金律を実現しています。

■デミグラスソースは、まさに芳醇。赤ワインをベースにしっかりと野菜や肉類の旨味を凝縮した、味わいに深みのある逸品です。手間隙掛けているのを素人でも感じることができます。

お肉だけを食べても美味しそうなのに、極上のデミグラスソースとともに。なんと贅沢。

トータルでは、パテもソースも、ともに上品さが際立っていて、とっても印象に残るハンバーグです。

※余談ですが、デミグラスソースの中から、輪切りの乾燥唐辛子が出てきたのにはビックリ。直接的に辛味は感じませんでしたが、「味の深みを出すのにここまでするのか!」と思い、プチ感動しました。

121231.池袋・三笠會館0034

■つづいて、第2の主役、カキフライを食べてみます。

むむむ。。。


さすが街の巨匠のカキフライ。美味い~! ヾ(*´∀`*)ノ


こちらは、揚げ物の技術がポイントで、衣はいつまでもカリっと、中はふっくらした食感が美点です。

牡蠣は、生臭さのかけらも感じさせない新鮮なもので、噛むほどにミルキーな旨味が滲み出ます。

サイズに関しては、お世辞にも“大粒”とは言えませんが、そこそこ食べ応えのあるサイズです。

新鮮な牡蠣に、適切な調理。美味しいカキフライは、この季節ならではの喜びですね~♪

121231.池袋・三笠會館0035

■カキフライには、レモンとタルタルソースが付いていて、微妙に変化を付けつつ味わいます。

タルタルソースは、“チューボーですよ!”と同じく、パセリとエストラゴンの酢漬けが入っています。

タルタルソースって、お店によって意外にも違いがあって、面白いですね。

カキフライは2個あったので、一つは素直にレモンのみで、もう一つはシェフ入魂のタルタルソースでいただきました。

う~ん、こんなに美味しいなら、もっと食べたいですね~♪ (^-^;)

【カレーランチ】
121231.池袋・三笠會館0020

■こちらも、写真とともに、“印度風チキンカレー”の説明書きをご紹介します。

ベースのスープを取るところから、最後の寝かせまで、まる3日間を要する調理工程。
骨付き鶏肉の旨みと爽やかな辛味が絶妙に溶け合う味わいは、今なお多くのファンに愛されています。当店の具の鶏肉は、手羽と、カレーには珍しい砂肝を使用しております。
当時は、鶏を一羽丸ごと仕入れ、唐揚げ用の肉を取り除いた後、残りをカレーの仕込みに使っていました。そのためカレーには鶏肉の色々な部位が使われており、今も食感の良い砂肝を残しているというわけです。
これからも、「三笠會館のカレー」の味を求めていらして下さるお客様にご満足いただける味を出し続けるために、手間を惜しまない姿勢は、変わることはありません。

121231.池袋・三笠會館0030

■さっそく、ビネガーベースのドレッシングが掛かったサラダをいただきます。

その後、カレーを一口分、ご飯の上に掛けて、カレーライスを食べてみます。

う~ん、コクがあって、玉ネギをしっかり炒めた甘味がしますね。

極めてオーソドックスな、上品な洋食屋さんの欧風カレーのテイストです。

121231.池袋・三笠會館0031

■「これなら、割りと普通かな…」と思った、次の瞬間、


カラ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


これは、本格的な美味しい辛さです。辛さを察知した瞬間に、頭皮や額から汗がぱっと噴き出します。

よくよく味わいセンサーの感度を上げてみると、野菜由来の甘味と香辛料の辛味が極めていいバランスです。

ただ辛さのみを追求した、とがったカレーとも違いますが、しっかりと筋が通った大人の辛さが表現されています。

辛さをしっかりと認識すると、炒めた玉ネギを中心とした野菜由来の甘味も引き立ち、さらに風味・味わいが良くなります。

そのバランスを、鶏をベースにしたコク深いスープがしっかり支えている感じです。

なるほど。自信を覗かせるお店のコメント(↑)は、まったく偽りなしですね~♪

121231.池袋・三笠會館0022

■具材として認識できるのは、骨付きの鶏肉(手羽)と、鶏の砂肝のみです。

やはり、肉料理は骨付き肉の方が、料理自体にも旨味が出るし、お肉自体も美味しく感じるから不思議です。

手羽のお肉はしっかりと煮込まれているので、骨からつるっと簡単に分離します。美味しいです~♪

そして、カレーには意外な素材の“砂肝”ですが、またこれが絶品!めちゃくちゃ美味しいんです。

柔らか食感の手羽肉に対して、ほど良い固さがあって、噛むほどに旨味が出る砂肝は、チキンカレーにベストマッチです。

トータルで、とってもオリジナリティがあって、「三笠會館の印度風チキンカレー」として印象に残るカレーです。

■あと、上の写真にある通り、このお店のカレーには、福神漬けではなくて、一風変わったものが付いてきます。

キュウリのピクルスのみじん切りと、干し葡萄のシロップ漬け、スライスナッツです。こちらもずいぶん個性的ですが、カレーの辛さとの組合せを考えてあるようです。

いずれも、なかなかいいマッチングです~♪

■総括としては、さすが銀座の老舗洋食店の実力を感じさせてくれる、オリジナリティと完成度の高さを感じる料理です。

ハンバーグ、チキンカレーと言えば、今や家庭でもファストフードとしてもありふれているメニューです。

これらを“ご馳走”に昇華させるには、作り手の高い技術とこだわりが必要で、同時にゆったりとした心地よい空間と、良質なサービスも欠かせません。

このお店では、これら条件をちゃんと満たしているので、食べ終わった後に、心とお腹の満足感とともに、お財布の納得感があります。

「街で洋食を食べるなら、こうあって欲しいな!」というニーズを、120%満たしてくれるお店だと思います。

池袋の駅近で、納得感のある美味しい洋食を食べたい時は、ぜひおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪

おはようございま~すv-16v-222

新年一番目はパルコの三笠会館ですね~♪
お店の前を素通りでした^^;

お綺麗なハンバーグですね~♪
これは美味しいでしょ^^
画像って正直ですよね~^^

今度、行ってみます♪
カレーのトッピング・・・ほんと、面白いですね^^

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
新年一番目なので、池袋にしてみました。

自分も、パルコに行くのはレストラン街だけなのですが、それでも素通りしていました。
なんとなく、銀座の三笠会館の印象と、ファッショナブル&若者仕様のパルコのイメージが合わなくて。。。

でも、ちゃんとした老舗は、やはり脈々と受け継ぐものがあるんだなぁ、と感心させられました。
料理も美味しいのですが、特に店員さんの教育がかなりしっかり行き届いていますので、気持ちよく食事ができると思いますよ~♪
(*^-^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html