スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日比谷の老舗広東料理店で名物料理にチャレンジ=慶楽

『名物“スープ入ヤキメシ”ってどんな料理でしょう~?』

   ~純廣東料理 慶楽 @日比谷

■今日は、銀座近辺でランチです。

この辺りは街と街が繋がっているので、有楽町、新橋、日比谷にある美味しいお店にもすぐ行けます。

今日はジャンルを中華料理に絞り、場所的にも気分を変えて、日比谷に行ってみます。

■食べログで、大エリア区分“銀座・新橋・有楽町”エリアの“中華”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀座一丁目】 銀座天龍 (餃子、中華料理)
第2位 【銀   座】 筑紫樓・銀座店 (中華料理) (頂上麺 筑紫樓 ふかひれ麺専門店・八重洲店に訪問済み)
第3位 【銀   座】 全聚徳・銀座店 (北京料理)
第4位 【汐   留】 チャイナブルー (中華料理) <未訪問>
第5位 【銀座一丁目】 過門香・銀座店 (中華料理、飲茶・点心)
第6位 【新   橋】 桃花源 (四川料理、中華料理) <未訪問>
第7位 【日 比 谷】 ヘイフンテラス (広東料理) <未訪問>
第8位 【汐   留】 鼎泰豐・カレッタ汐留店 (池袋店に訪問済み)
第9位 【日 比 谷】 慶楽 (広東料理) <未訪問>
第10位 【新   橋】 ビーフン東 (台湾料理) <未訪問>

日比谷には、“ヘイフンテラス”と“慶楽”という二つの広東料理のお店があります。

“ヘイフンテラス”は、ザ・ペニンシュラ東京に入っている高級広東料理で、最も安い点心ランチで4,680円です。サラリーマンランチの対象外なので、当分はパスします。

すると、今日のターゲットは自動的に“慶楽”になります。

130118.日比谷・慶楽0001

■“慶楽”は、創業が1950(昭和25)年とのことですので、60余年の歴史があります。

昔から、日本人向けにアレンジしない“本場の味”で人気で、いつも常連客で一杯、というのが多くの口コミコメントです。

たとえば、“グルメぴあ”では、次のように紹介されています。

********************************************
【昭和25年開店、素材の持ち味を生かすのが特徴】
有楽町に広東料理店を構える老舗。広東といえば米の産地。チャーハンのメニューは多いが、なかでもおすすめは上湯炒飯。鶏ガラベースのスープを、焼豚入りヤキメシの上にかけて食べる不思議なチャーハンは、一度食べたらやみつきになる味だ。
********************************************

また、“グルメウォーカー東京”では、次のとおりです。

********************************************
【名物メニュー秘伝のスープ炒飯を賞味!】
昭和25年創業の本格的広東料理店。約200種あるメニューの内容は創業当時のまま、味もあえて日本人向けにアレンジせずあっさりした本場の味をそのまま提供し続けている。チャーハンの上に鶏肉ベースのスープが波々と注がれた上湯炒飯は常連の間で大人気の隠れた名物料理。一食の価値ありの逸品だ。
********************************************

なんとなく似た紹介文ですね。それにしても、両方に出てくる“スープ炒飯”というメニューが気になります。

どうやら、このお店一番の人気メニューのようです。。。

130118.日比谷・慶楽0014

■お店は、JR有楽町駅日比谷口から行くと、山手線の内側を線路に沿って新橋方面に150m進み、晴海通りを越えてさらに100m進んだ右側にあります。

この辺りは、ガード下の飲食店と、道を挟んだ向かいの飲食店がそれぞれ数珠繋ぎになっていて、夜になるとちょっとしたサラリーマンの飲み屋街のような雰囲気になります。

お店に着いたのは、12:30ごろです。店舗は1階と2階があり、合わせて170席あるようです。

1階のテーブル席に案内されたのですが、4人用テーブルを一人で使います。だんだんお客さんが増えてきて、ほぼ満席になっても、相席になることはないようです。

人気のお店なので、相席になってもしょうがないかと思っていたのですが、これはポイントが高いです。

他人を気にすることなく、落ち着いてゆっくり食べられますね~♪ 

130118.日比谷・慶楽0004

■卓上にあるランチメニューの表を見てみます。

あらら。。。まるで中国本土や台湾の料理屋のように、料理の名前を見ただけでは、どんな料理かまったく想像ができません。

値段は1,000円~1,200円で、けっこう高めです。それでも、これだけのお客さんがいるということは、納得の価格なんでしょうね。

ただ、お目当ての“スープ炒飯”の文字が見当たりません。

130118.日比谷・慶楽0006

■そこで、通常メニューの冊子を開けてみます。

う~ん、この数はすごい! 噂どおり、すごい数のメニューが揃っています。“飯類”だけで22種類あります。

しかも、「注文は番号で!」と中国語と英語で書いてあります。古き良き中国っぽくて良いですね~♪

この中に、“上湯炒飯(スープ入ヤキメシ)”(1,000円)の文字が(下から5つ目)。これです~!!

ここで、このメニューの量が少なかった場合に備えて、冊子後方から“油条”(300円)の文字が見えたので合わせて注文します。

“油条”というのは、中国人(特に北方の人)が朝ご飯のときにお粥に入れて食べる“揚げパン”のようなものです。(スープに入れたら美味しいかな?なんて思いまして。)

【上湯炒飯(スープ入ヤキメシ)】
130118.日比谷・慶楽0007

■注文してから約5分、混んでいる割には、かなり早く注文の品が出てきます。
(人気メニューなので、作り慣れているということなのでしょうか?)

ご覧のとおり、他の中華料理店では、いまだかつて見たことがない、奇抜な見た目の食べ物です。

どんぶりの上で富士山状に炒飯を盛り、熱いスープを掛けて、トップに茹でエビを乗せた感じです。

老舗人気店の看板メニューだというのに、他のどの中華料理店も真似しないのは、なんでなんでしょうね~?

130118.日比谷・慶楽0008

■まずは、レンゲを突っ込んで、炒飯から食べてみます。

う~ん、非常に作り慣れた感のある、安定した美味しさの本場中国らしい炒飯です。

具材としては、サイコロ状のチャーシュー、炒めた玉子、刻みネギなどが入っています。

特に、中華風に味付けされた優しい甘味のあるチャーシューは、噛むほどに旨みが出て絶品です。

炒飯だけで食べても美味しくて、街の中華料理店のワンランク上の炒飯です。

130118.日比谷・慶楽0010

■スープはと言うと、鶏ガラから旨みが出るまで煮込んだ“パイタンスープ”で、塩で味を整えた優しい味わいです。

食べ始めは、カラッと炒めた炒飯と旨みを湛えたパイタンスープが同じ器に入っただけで、それぞれを味わうこともできるし、一緒に食べることができる感じです。

ただ、時間が経過してくると、炒飯は水分を吸い、スープには炒飯の油が出てくるので、だんだん“炒飯がゆ”のようになってきます。

食べやすくなるとも言えますが、炒飯とスープのそれぞれの良さが曖昧になっていく感じもします。

そんなことを考えている間に完食ですが、結局、スープと炒飯をなぜ混ぜる必要があるのかは分からず仕舞いです。

130118.日比谷・慶楽0013

■“スープ入り炒飯”を半分ぐらい食べ終わった頃に、“油条”が出てきます。

結果的には、“スープ入り炒飯”だけで、量的には十分だったので、頼む必要がなかったのですが。。。

しかも、食べ進むに連れて、炒飯の油がスープに染み出してくるので、さらにここに“油条”を突っ込んで食べると、スープがどんどん油っぽくなってしまいます。

最初の数口は美味しかったのですが。う~ん、これは注文失敗ですね… (^-^;)

■総括としては、割りと品の良い、本場中国らしい中華料理を、ゆったりと味わえる老舗広東料理店です。

料理の味付けは、非常に作り慣れた感じで安定感があり、何を注文してもイメージ以上のものが出てきそうです。

一方、お値段は多少高いのですが、混雑時でも相席なしでゆっくり食べられるので、有楽町という交通至便の立地を考えると相応かと思います。

“スープ入り炒飯”についてだけいうと、とっても物珍しい料理なのですが、何度も繰り返して食べたくなる感じは、自分はしませんでした。

まぁ、こういう美味しい中華のお店があるということを知るきっかけにはなるので、観光気分で記念に食べるのはいいと思います。

実は、このお店は“ランチ”の質の高さ・量の多さでも有名なので、次回はこちらを試したいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございま~すv-16v-222

スープ入り焼き飯、初めて知りました^^;

あんかけとも違いますもんね~^^

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
コメ返が遅くなり、スミマセン。。。m(_ _)m

自分もあんかけチャーハンファンなので、多少期待して臨んだのですが、もともとのチャーハンがかなり美味しかっただけに、ちょっともったいない感じでした。

話題作りには面白いんですけどね。おそらく実力のあるお店なので、チャーハンとスープは別の方が良いのでは。。。?

食べ歩きをしていると、面白いこともあるんですね。。。(^-^;)
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
114位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html