スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性に人気のお洒落なアジアンリゾートダイニング@丸の内=チタ チタ

『東京駅の新駅舎がきれいに見える、お洒落なアジアンダイニング~♪』

   ~チタ チタ -International Asian Cuisine CITA CITA- @丸の内

■今日は、仕事仲間2人と丸の内でランチです。

丸ビル・新丸ビルの辺りにいたので、この近くからお店を選びます。

そういえば、前からちょっと気になっていたアジアンダイニングのお店があるので、そこに訪問してみます。

■食べログで、大エリア区分“東京・日本橋”エリアの“アジア・エスニック”人気順ランキングでお店の位置を確認してみます。

(2店だけですが、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【京  橋】 ダバインディア (インド料理、インドカレー)
第2位 【丸の内】 マンゴツリー東京 (タイ料理、バイキング、ダイニングバー) <未訪問>
第3位 【京  橋】 南インド料理 ダクシン・八重洲店 (インド料理、インドカレー) (訪問済みブログ未掲載)
第4位 【丸の内】 バルバッコア・クラシコ・丸の内店 (ブラジル料理、バイキング)
第5位 【三越前】 ケシキ (西洋各国料理、アジア・エスニック料理、ハンバーガー) <未訪問>
第6位 【丸の内】 ザ・ロビーラウンジ (ラウンジ、西洋各国料理、アジア・エスニック料理) <未訪問>
第7位 【馬喰町】 南インド料理 ダクシン・東日本橋店 (インド料理、インドカレー) (八重洲店に訪問済み)
第8位 【京  橋】 南インドカレー&バル エリックサウス (インド料理、インドカレー、ダイニングバー) <未訪問>
第9位 【丸の内】 チタ チタ (東南アジア料理、タイ料理、アジア・エスニック料理) <未訪問>
第10位 【京 橋】 ワンタイ (タイ料理、タイカレー) <未訪問>

今日のターゲットは、第9位の“チタ チタ”です。

以前訪問した丸ビル5階の“クア・アイナ”に訪問した時に、ちらっと見かけて覚えていたお店です。

130123.丸の内・CITA CITA0000

■“CITA CITA”は、㈱リーブラズという会社が運営しています。

お店の自己紹介によると、“CITA CITA”はこんなイメージのお店のようです。

******************************************
欧米人の憧れた理想郷"秘境の国々アジア"がテーマのレストラン。
タイ、ベトナム、インドネシア、中華などのアジアンテイストを、本場より招聘した厨師が独自の技法で表現するインターナショナル・アジアン・キュイジーヌをご賞味頂けます。
******************************************

この会社は、他に“青龍門”という空間作りに凝った台湾料理店を3店展開しています。

“青龍門”は、もともとソーホーズ・ホスピタリティという会社が、バブル期に奇抜な外観と派手な内装で話題となったお店でしたが、2009年にソーホーズが倒産したため、リーブラズが一部店舗を買収したようです。

以上を総括すると、この会社が運営する会社は、雰囲気のある空間作りに力を入れたレストランに特化しているようですね。

そう考えると、“CITA CITA”もどういう感じのお店か、創造がつきますね~♪

130123.丸の内・CITA CITA0003_edited-1

■お店は、東京駅丸の内口、丸の内ビルディングの5階レストラン街にあります。

先述のとおり、以前訪問した“クア・アイナ・丸の内店”の左隣にあります。

お店が東京駅の駅舎側に面しているため、窓側の席に座ると、昨年10月にリニューアルした駅舎ががっつり見えます。夜だとライトアップが綺麗なんでしょうね。

130123.丸の内・CITA CITA0020

■お店は、L字型をしていて、入口を入ってから奥に長細く、突き当りから右方向に客席が伸びています。席数は全部で120席と、なかなか大きいお店です。

お店に着いたのは、ちょうど12:00ごろ。この時点では、8割ぐらいの埋まり具合です。

おしゃれな雰囲気で売るお店なので、メインはお酒が入るディナーだと思いますが、丸ビルですので(賃料が破格にお高いでしょうから)そうは言っていられません。

かなりリーズナブルな価格設定をして、ランチでも積極的にお客さんを呼び込んでいます。

このため、12時を過ぎると客席はほぼ満席になります。

特徴的なのは、お客さんのほとんどが女性で、男性客はちらほらしか見かけません。

やっぱり、お洒落な空間+リーズナブルな価格(+美味しい料理)という組合せだと、女性に人気が出るようです。(最後の条件は、これから確認します~♪)

130123.丸の内・CITA CITA0002

■ランチメニューは、スペシャル・ランチプレート2種類、カレーセット2種類、ビジネスランチ3種類です。

スペシャル・ランチプレート(1,100円)は、“タンドリーチキンのごちそうプレート”と“ナシゴレンのよくばりプレート”です。

カレーセット(1,200円)は、“海老のアッサムカレー ロティパラタ添え”と“自家製蒸し鶏のグリーンカレー”です。

ビジネスランチは、“海老とXO醤のタイ風炒飯”(900円)、“豚トロとトマトのピリ辛あんかけ焼きそば”(900円)、“牛肉あんかけ麺”(1,000円)です。

メニューリストの写真はどれも美味しそうで迷いますが、一番最初に掲載されているスペシャル・ランチプレートの“タンドリーチキンのごちそうプレート”を注文します。

※丸ビルで働いていると、全てのメニューが10%オフになるようです。

【スープ】
130123.丸の内・CITA CITA0004

■注文後間もなく、ランチに付いてくるスープが出てきます。中華風の玉子スープです。

見た目どおり、ふわふわの玉子が優しい口当たりの、美味しいスープです。

【タンドリーチキンのごちそうプレート】
130123.丸の内・CITA CITA0007

■スープが出てから3分後、ちょうどいいタイミングでプレート一式が出てきます。

ぱっと見で、いろんな物が乗っていて、盛りだくさんな感じです。色合いもなかなか良いですね~♪

130123.丸の内・CITA CITA0013

■まずは、サラダからいただきます。

レタスにサウザンドレッシングが掛かったシンプルなサラダですが、パリッと揚げたレンコンが食感的なアクセントになっています。小技が効いていますね。

130123.丸の内・CITA CITA0009

■続いて、メインの“タンドリーチキン”を食べてみます。
(まぁ、インド料理屋ではないので、タンドール釜はないでしょうから、本当は“グリルドチキン”ですね。)

基本的には、塩胡椒をベースにした香辛料を付けてグリルしてあるので、外側はほど良くパリパリです。

一方、内側の鶏肉は、もっちり、ふっくらしていて、とってもジューシーです。これは美味しいですね~♪

並みの焼鳥屋では出せない仕上がりに、けっこう嬉しくなってきます。 ヾ(*´∀`*)ノ

130123.丸の内・CITA CITA0010

■メニュー表によると、このお皿は“海老と玉子のチリソース”と“ニシンのエスカベッシュ”が乗っています。

“海老と玉子のチリソース”は、色は赤色で辛そうに見えますが、全く辛くなくて、甘い味付けです。

味付けは一般的ですが、海老のぷりぷり食感、玉子のふわふわ食感のコントラストがとっても良いですね。こちらもけっこう美味しいです。

“エスカベッシュ”は、本来は、揚げた肉や魚を油と酢に漬け込んだスペイン料理のことですが、この“ニシンのエスカベッシュ”は、普通に言うと“ニシンの南蛮漬け”です。

自分は“南蛮漬け”の類が大好物なので、このメニューも自分のツボに入ります。

揚げたニシンは、外側はそれなりのサクサク感を保ちつつ、身には適度に脂が乗っていて、ほど良く効いた酢の酸味が味わいを引き締めています。

130123.丸の内・CITA CITA0008

■こちらは、“秋野菜のセイロ蒸しと海老餃子”です。

レンコン、カボチャ、ニンジン、サツマイモをそのまま蒸したものに、タイ料理のレッドカレーに用いる香辛料とココナッツミルクを使ったソースが掛かっています。

味わいは、かなり素材そのものに近いのですが、まるで“アジア風バーニャカウダ”みたいで、面白い料理です。

海老餃子は、皮がもっちもちで、中の海老のプリプリ感と餡の旨みが渾然一体となっています。

中華としても、かなり本格的で、もっと食べたる一品です。

130123.丸の内・CITA CITA0012

■デザートは、“自家製杏仁豆腐”です。ほんの少量、マンゴーソースが掛かっています。

こちらは、甘さはやや抑え目で、普通に美味しく食べやすい杏仁豆腐です。

マンゴーソースは、味よりも、色合いのアクセントとして掛けてあるようですね。

130123.丸の内・CITA CITA0018

■食後のドリンクは、いつも通り“アイスコーヒー”を頼みます。

【海老とXO醤のタイ風炒飯】(スープ、ドリンク付き・900円)
130123.丸の内・CITA CITA0015

■仕事仲間が注文した炒飯です。とっても美味しそうですが、男性には量は少なめ。自分だと足りないかな… (^-^;)

それにしても、丸ビルのランチで、ドリンクが付いて千円でお釣りが来るのは驚異的に安い価格設定です。

■総括としては、アジアンテイストのお洒落な空間で、お得なランチがいただけるお店です。

中華をベースにした料理は、どれも“こなれた”感じで、味も質も外さないのに、丸ビルではありえない価格で提供しているのには驚かされます。

アジアのどこの国と絞ることなく、“アジアン・キュイジーヌ”としているので、お料理は必ずしも本格的とは言えませんが、いずれも期待以上の味なので、こういうジャンルもありかな、と思います。

以上の、美味しい、安いという要素に加えて、空間がお洒落&景色がいい(東京駅の夜景が綺麗)ときているので、特に女性に人気があるのには納得させられます。

おそらくこのお店だと、本領を発揮するのはディナータイムだと思うので、次回はディナーに来たいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございま~すv-16v-222

おしゃれなお店ですね^^
それがお料理にも表れている感じが致します♪
素敵で美味しそうなプレートです^^

タイ炒飯はちゃんとタイ米を使っているんですね^^
タイ米好きですよ~^^v

丸の内は行ってみたい場所です^^

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
昨日の夜は午前様でしたので、1日遅れでお返事をさせていただきます。。。m(_ _)m

このお店は、お料理はとりあえず合格点を出しておいて、雰囲気とサービスで高得点を出して満足度を高める戦略のようです。

いろいろお店を回っていると、いろんなお店があるんですね。
店は多少汚くても、抜群のコスパを叩き出すお店もありますが、ちょうどこういうお店の真逆のお店でした。

丸ビルのお店って、どれもこれも、こ洒落ていて雰囲気が良いので、その中でとっても馴染んでいるお店ですね。

女性で、このお店が苦手という人は、99%いないと思います。

丸の内は、歩いていてそこまで満足度の高い街ではない(実用手気なお店が少ない)のですが、たまに訪れて散歩するには良い街かもしれません。今度、行ってみてくださいね~♪
(*^-^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
107位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html