スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷の隠れ家的な美味しいイタリアン=バカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼ

『知らなきゃ絶対たどり着けない隠れ家風トラットリア~♪』

   ~バカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼ -BACARI da PORTA PORTESE- @渋谷

■今日は、渋谷でランチです。

仕事のプロジェクトメンバーとの会食ということで、8人で食べに行きます。

事前に幹事からお店選びの打診を受けたので、“渋谷のお洒落なイタリアン”というコンセプトでお店を選びます。

■食べログの、中エリア区分“渋谷”エリアの“洋食・西洋料理”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照することができます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【神泉】 ブラッスリー・ヴィロン・渋谷店 (ビストロ、パン、ワインバー) (丸の内店に訪問済み)
第2位 【渋谷】 東京トンテキ (ステーキ、ハンバーグ、定食・食堂)
第3位 【渋谷】 レッグ・オン・ダイナー (ハンバーガー、カフェ・喫茶、アメリカ料理)
第4位 【渋谷】 シノワ・渋谷店 (ワインバー、フレンチ、創作料理) <未訪問>
第5位 【渋谷】 バカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼ (イタリアン) <未訪問>
第6位 【渋谷】 俺のハンバーグ山本・渋谷店 (ハンバーグ)
第7位 【渋谷】 コンコンブル (フレンチ)
第8位 【渋谷】 トラットリア・シチリアーナ・ドンチッチョ (イタリアン) <未訪問>
第9位 【神泉】 レストラン・バカール (フレンチ) <未訪問>
第10位 【渋谷】 ゴールドラッシュ (ハンバーグ) <未訪問>

このランキングを見ると、ちょうどぴったり来るのが、第5位の“バカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼ”です。

事前調査では、こじんまりした隠れ家的なお店とのことだったので、電話で予約を入れておきます。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0023

■“バカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼ”は、2005(平成17)年にオープンした、イタリアンのお店です。

高級イタリアンをプロデュースする“サローネ・グループ”(有限会社ジュン・アンド・タン)のお店で、藤巻一臣氏という方がグループ店舗のプロデュースを統括しています。

“バカリ”以外のお店だと、横浜・山下町の“SALONE 2007”、渋谷・神南の“BIODINAMICO”、南青山の“IL TEATRINO DA SALONE”の3店舗があります。

この3店舗はいずれも、完成度の高い料理、ゴージャスな雰囲気、行き届いたサービスを統合した、高級イタリアンとなっています。

プロデューサーの藤巻氏は、元“クラブ・マハラジャ”の店員にして、その後“クラブ・プロデューサー”の職を経て、レストラン経営に乗り出した異色の存在で、その経験から生まれたのがサローネ・グループの店舗です。

ただし、今日の“バカリ”はその中では例外で、他の3店が“リストランテ”(≒高級イタリアン)に該当する店舗で、“バカリ”は“トラットリア(≒大衆小食堂)”ないしは“オステリア(≒イタリア風居酒屋)”といったカラーです。

ちなみに、お店の名前の由来ですが、ネット上にはどこにもないものの、調べて組み立ててみると、“BACARI”がヴェネチア式居酒屋、“PORTA PORTESE”が蚤の市の意味なので、“蚤の市のヴェネチア風居酒屋”といった感じでしょうか。

こんなところからも、高級イタリアン“リストランテ”を志向したお店ではないことが分かります。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0000

■お店は、JR渋谷駅から行くと、ハチ公口の大交差点を北側に渡り、一つ目の信号(井の頭通り入口交差点)を左折し、井の頭通りを200mちょっと直進します。

やがて交番に突き当たるので、左右に分かれる道の右側の道を80m進んだ左折路の奥角にある建物の2階にあります。

お店の入口はわかりにくいのですが、緑色の古ぼけた螺旋階段が目印で、これで2階まで上がります。

上がってすぐが食べ物屋(飲み屋?)で、道なりに右に進むと美容室があります。めげずに進むとエレベーターホールが現れ、そこにやっとこのお店の看板が出てきます(一番目の写真)。

とても人気イタリアンがあるとは思えない雰囲気の中をさらに奥まで進むと(二番目(上)の写真)、やっとお店のドアが出現します(三番目(下)の写真)。

ここまでビルの奥深くまで入ると、渋谷の街の喧騒からは、完全に隔絶されている感じがします。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0001

■今日は、12:30に予約を入れているため、ぴったりその時間に到着します。

店内は、白を基調とした明るい雰囲気で、白熱灯の光がふわっと温かみを出しています。

いかにも、女性受けが良さそうな、お洒落で居心地のいい空間です。

客席数は、テーブルが8卓で、客席が20席とのことです。我々団体は、玄関ドアのガラスから見える8人席に案内されます。

我々が来て客席は満席となったようです。お客さんは、良い物を知っている30代以上の大人の女性が中心です。

食事中、予約なしで来た何組ものお客さんが、満席のため残念ながら帰っていきます。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0002

■ランチの構成は、Pranzo A(ランチセットA、1,000円)、Corso B(ランチコースB、1,800円)、Corso C (ランチコースC、2,800円)の3通りがあります。すべてのランチに自家製パンが食べ放題で付いてきます。

Pranzo A は、メイン1品に、小デザートと飲み物が付いてきます。

Corso B は、前菜1品、メイン1品、デザート1品に飲み物が付いてきます。

Corso C は、前菜1品、メイン2品、デザート1品に飲み物が付いてきます。

お店では、電話で予約をする場合はコースのみとのことなので、我々は事前に“Corso B”で予約してあります。

【パン&リエット】
130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0003

■まず最初に、パンとリエットが出てきます。写真は2人分で、パンもリエットもお替り自由です。

パンは、ふわっとして柔らかい食感なのに、同時にかなりモッチリしていて食べ応えもあるという、個性的な美味しいパンです。

リエットは、豚肉の赤身や脂身の旨味がしっかり出たもので、パンに塗って食べると相性が抜群~!

パンもリエットも、ともにお替りしたので、ちょうどこの写真の分量を一人で食べた計算です。(^-^;)

【Antipasuto (前菜)】
130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0006

■前菜は、“アンティパスト・ミスト(3種盛り)”、“ミラノサラミとチーズのサラダ”、“トゥフェイア”の3種類からの選択です。

欲張りな自分は、種類が多い“3種盛り”と、意味が分からない“トゥフェイア”で迷いますが、結局チャレンジ精神で後者を選択します。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0007

■“トゥフェイア”は、北西イタリアのピエモンテ州・カナヴェーゼ地方の郷土料理で、テラコッタでできた壷に豚や野菜を入れて長時間煮込んだ料理なんだそうです。

食材は、豚のさまざまな部位(皮、頬、耳、舌など)と玉ねぎ・ニンジンを炒めたものや赤インゲンを使用するそうです。

食べてみると、野菜由来の甘味が出たスープに、豚由来の旨味成分が滲み出ていて、濃厚なスープです。美味しいですね~♪

具材の豚肉はホロホロと柔らかく、豆をはじめとした野菜の食感とのコントラストがうまく出ていて、食感と味わいの違いが楽しめます。

シナモン(?)か何かの香辛料が効かせてあって、異国風で、かつまとまりのある味わいになっています。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0008

■こちらは、別のメンバーが選択した“ミラノサラミとチーズのサラダ”です。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0011

■こちらは、さらに別のメンバーが選択した“アンティパスト・ミスト(3種盛り)”です。

■すべてのメンバーが前菜を食べ終わると、店員さんがやって来てお皿を回収します。

その時に、「お料理はいかがでしたでしょうか?」と聞いてきます。

まぁ、特別なコメントを求めて聞いてきている訳ではないと思いますが、リストランテ風で気持ちが良いですね。

【Primo Piatto (メイン)】
130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0013

■メインは、次の9種類から選ぶようになっています。

まず、ランチセット(Pranzo A)でも選択できる、“タリアテッレ 鶏肉の白ワイン煮込みソース”、“タリアテッレ 白身魚のトマトソース”、“ニョッキ キノコのクリームソース”、“具だくさんの野菜のミネストローネ”の4種類があります。

次に、コースC (Corso C)のファースト・プレートに選ぶことができる“タリアテッレ 蛤のアーリオオーリオ”と“パッパルデッレ 仔牛のラグー(+400円)”の2種類があります。

さらに、コースC のセカンド・プレートに選ぶことができる“鴨胸肉のロースト(+400円)”、“豚肉の白ワイン煮込み”、“チュッピン(魚介と野菜の裏ごしスープ)”の3種類があります。

これで合計9種類なのですが、多過ぎて迷っちゃいますよね。

なんとなく、パスタが食べたい気分なので、パスタ系のメニューの中から“タリアテッレ 鶏肉の白ワイン煮込みソース”を選びます。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0014

■前菜が終わってから、メンバーと会話をしていると、スムーズなタイミングでメインが出てきます。

このお店のパスタは、すべて自家製だそうで、この辺りにも個性が出ていそうです。

見た目は、ソースの具材の鶏肉や野菜がまとまっていて、タリアテッレの上に載っています。

さっそく一口食べてみると、、、


う~ん、なかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


ソースの鶏肉はとても柔らかくなるまで煮込まれていて、細かく刻まれたニンジンなどの野菜とともに、白ワインの優雅な風味をまとっています。

味付けとしては、穏やかな味わいなので、これを胡椒少々で、うまくまとまりを出しています。

タリアテッレは、一般的なものよりも薄く平たく、つるつるした食感が特徴的で、風味もよく食べやすいですね。

このソースだと、汁気が少ないのでスパゲッティではなく、タリアテッレで合わせる方が、具材を纏うので適切な選択です。

全体としては、派手さはないものの、独創的なオリジナリティのある味わいで、優等生的なまとまりのある一品です。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0015

■こちらは、別のメンバーが選択した“豚肉の白ワイン煮込み”です。かなり美味しそうですね~♪

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0012

■こちらは、さらに別のメンバーが選択した“タリアテッレ 蛤のアーリオオーリオ”です。

大きな蛤がボンボン入っていて、オリーブオイルとニンニクで味付けされています。

■メインの料理が終わったあとも、店員さんから「料理はいかがでしたでしょうか?」の一言が入ります。

皆さん、気分も胃袋も大満足のようです~♪

【Dolce (デザート)】
130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0018

■デザートは、“マスカルポーネのムース”、“アーモンドのセミフレッド”、“ガトーショコラ”の3つからの選択です。

自分は、“マスカルポーネのムース”を選びます。

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0019

■“マスカルポーネ”はイタリア原産のフレッシュ・クリーム・チーズで、脂肪分が高く、酸味・塩分が少ないチーズです。日本では、ティラミスの材料として有名になったんだそうです。

食べてみると、ほのかな甘味のふわっとしたムースで、チョコレートパウダーがちょうどいい塩梅で掛かっています。

お味は、分かりやすく言うと、ふわっとした食感と味わいが、ティラミスっぽい感じです… (^-^;)

130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0017

■こちらは、他のメンバーが選択した“ガトーショコラ”です。こちらも、とっても美味しそうですね~♪

【ドリンク】
130322.赤坂・広東名菜 赤坂璃宮0022

■食後のドリンクは、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、カフェラテ(+200円)からの選択です。

自分は、いつも通り“アイスコーヒー”を注文します。ドルチェに合わせて、ミルクは入れてもシロップは抜きで~♪

■総括としては、こだわりの詰まった美味しいトラットリア的(大衆食堂的)イタリアンを楽しめるお店です。

渋谷という街を考えると、落ち着いたお洒落イタリアンが少ないので、社会人以上の大人には重宝しそうです。

コスパは、特別良いとは言えないものの、雰囲気、サービスを考えると、全体的には満足度は高いのではないでしょうか。

他の“サローネ・グループ”店舗に通っている美食家の方々の中には、ややネガティブな意見もあるようですが、値段が圧倒的に違うことが見落とされているような気がします。
(このお店は、“リストランテ”ではなく、“トラットリア”ですからね~♪)

渋谷の騒々しい雑踏の中で、ふっと落ち着いて満足度の高い食事をしたい時には、いい選択肢の一つになると思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪^^
おはようございま~すv-16v-222
全てのお料理が、美味しそうですね♪
個性的なお料理もあり、珍しくて興味津々でした。^^v
“トゥフェイア”食べてみたいです^^

※食後のアイスコーヒー・・・
余談ですが、私はストレートです(笑)
エスプレッソがあれば、迷わず、それをチョイスします^^
で、グラッパも好きです^^;
Kentaroさんはエスプレッソはお好きですか?

Re: No title

> Kentaroさん♪^^
> おはようございま~すv-16v-222

Paganiniさん、こんばんは~!
お返事がすごく遅れてゴメンナサイ…m( _ _ )m
今回は、3月年度末で午前様続きというのが言い訳です。。。(^-^;)

> 全てのお料理が、美味しそうですね♪
> 個性的なお料理もあり、珍しくて興味津々でした。^^v
> “トゥフェイア”食べてみたいです^^

もともとは、凝った料理と豪華な雰囲気が売りの高級イタリアンの系列店なので、料理には一ひねりも二ひねりも入っている感じですよね。
“トゥフェイア”(ネット上の記載だと“トフェイア”という単語が多いです)も、意味がわからず頼んだので、出てくるまでのどきどきも、出てきた後にも未知の味の分析も、とっても楽しい料理でした。

> ※食後のアイスコーヒー・・・
> 余談ですが、私はストレートです(笑)
> エスプレッソがあれば、迷わず、それをチョイスします^^
> で、グラッパも好きです^^;
> Kentaroさんはエスプレッソはお好きですか?

Paga師匠はやっぱり大人ですね~♪
(*^-^*)/
自分は、基本的な味覚が子供なので、コーヒーはブラックでは飲めないんです。
エスプレッソは好きですが、必ず砂糖とミルクは入れちゃいますね。。。
(^-^;)
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
114位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html