スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景色が良くてお洒落な雰囲気のタイ料理店@銀座=ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド

『銀座・マロニエゲートでタイ料理のランチ・バイキング~♪』

   ~ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド 銀座 -JIM THOMPSON'S TABLE THAILAND-

■今日は、銀座でランチです。

最近の銀座探検では、和食と洋食が続いたので、ちょっと目先を変えたいところです。

そこで、久しぶりに“アジア・エスニック料理”のジャンルから、今日のターゲットを選んでみます。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“アジア・エスニック料理”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀座一丁目】 グルガオン (インド料理)
第2位 【東  銀  座】 ナイルレストラン (インド料理)
第3位 【銀座一丁目】 カイバル (インド料理)
第4位 【銀     座】 デリー・銀座店 (インド料理)
第5位 【東  銀  座】 天壇・銀座店 (焼肉、韓国料理)
第6位 【銀     座】 ぴょんぴょん舎 GINZA UNA (焼肉、冷麺)
第7位 【東  銀  座】 ダルマサーガラ (インド料理) <未訪問>
第8位 【銀座一丁目】 ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド 銀座(タイ料理、タイカレー、シーフード)<未訪問>
第9位 【銀座一丁目】 シーフード・リパブリック・銀座店 (シンガポール料理、バイキング) (品川店に訪問済み)
第10位 【銀    座】 バンコクキッチン・有楽町店 (タイ料理、タイカレー、バイキング)(コリドー街店に訪問済み)

こうみると、このエリアのこのジャンルは、かなり踏破してきたようです。

それにしても、インド料理が強いエリアですね。有名どころが目白押しです。

今日は、未訪問店2店のうち、現在位置(丸ノ内線・銀座駅)から近い、“ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド”に行ってみることにします。

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0003

■“ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド”は、世界的タイシルクブランド“JIM THOMPSON”との提携による新コンセプトのタイ料理専門店として、2007年9月にオープンしています。

国内・海外の飲食店のプロデュースを手掛ける、サントリーの子会社“ミュープランニングアンドオペレーターズ”が運営しています。

同社のHPによると、コンセプトは、「ジムトンプソンのフィルターを通し、タイから招いた一流シェフの技術による“ごちそうタイ料理”を、“本物の味わい”と“洗練された感覚”でお届けします」とのことです。

料理の味に関してはレベルが高いようで、タイ国商務省認定の“タイ・セレクト”(本場のタイ料理を味わえるレストラン)の認定を取得しています。

インテリアに関しては、ジムトンプソンのカラフルなシルクを使い、タイの伝統意匠をベースに現代的なシャープさを取り入れた、シンプルでスタイリッシュな内装を目指したそうです。

なるほど。お洒落な空間で、美味しいタイ料理、だからお店は銀座に出店となるんですね。

銀座・マロニエゲートのお店以外に、赤坂BRIZやEsola池袋にもあったようですが、両店ともすでに閉店し、現在は銀座の1店舗のみです。

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0037

■お店は、東京メトロ丸ノ内線・銀座駅の真上にある数寄屋橋交差点から行くと、外堀通りを東京・八重洲方面に250m進んだ右手にある、マロニエゲートの10階レストラン街にあります。徒歩3分です。

店内は、白をベースに、家具や飾りに緑色を刺し色に使った、カジュアルで小洒落た雰囲気です。

広く大きな窓があって、外堀通りに面しており、目の前の首都高が低いため、東京国際フォーラムや丸の内南部の高層ビルが一望できます。

おそらく、最大の魅力の一つはこの窓からの景色で、夜になると銀座・有楽町・丸の内の夜景をしっかり楽しめる計算になっているんでしょう。

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0034

■お店に着いたのは、12:45ごろです。

お店の客席数は、公表64席ですが、ランチタイムで一部をバイキングのスペースに使う都合上、お昼はちょっと少なくなっているようです。

ぱっと見た感じだと、ほとんど空き席がないところ、なんとか座ることができます。すごい人気ですね~!

ただ、時間帯による落差も大きく、OLさんのお客さんが多いからなのか、13:00を過ぎると一転してガラガラになります。(上の写真は、食べ終わった後の13:30ごろ。)

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0002

■ランチは、メインを一品選んで、前菜、スープ、デザート、お茶がバイキング形式になっています。
(ただし、コーヒー、紅茶は別料金。)

料金は画一になっていて、平日は1,500円、土日祝日は1,750円です。

メインは、“石焼きガパオライス”、“若鶏のグリーンカレー”、“海老のレッドカレー”、“シーフードと玉子のカレー炒め”、“シ-フードチャーハン”、“タイ風トムヤンクンヌードル”、“海老のタイ風焼きそば”の7種類から選びます。

“レッドカレー”か“トムヤムクンヌードル”で迷ったのですが、麺よりもご飯を食べたかったので、“レッドカレー”をチョイスします。

注文の後は、バイキングカウンターに行って、前菜とスープを取って来ます。

【前菜とサラダのバイキング・カウンター】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0011

■お店の奥の窓と反対側(キッチン側)に前菜とサラダのバイキングゾーンがあります。

前菜は6種類、サラダの野菜は7種類、ドレッシングは3種類あって、スープは選択肢なしの1種類です。

【前菜&サラダ】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0016

■こちらは、実際に取ってきた前菜とサラダです。(取り過ぎで見た目がお洒落じゃなくてスミマセン…)

料理は手前側が、左から順に“春雨と豚挽肉のスパイシーサラダ”、“豆腐ともやしの炒め”、“若鶏のグリル”と続き、右のゾーンがサラダです。

奥側が、左から順に“キャベツのソムタム”、“春雨炒め”、“茶碗蒸し”です。

全般的にとても食べやすいのですが、ちゃんとタイ料理を感じさせてくれるテイストが出ています。

食材は特にタイ料理らしいものはないので、調味料&香辛料でタイ料理らしさを加えているようです。

前菜には、親切に辛さの表示がされているのですが、辛さレベル最高の☆3つの“春雨と豚挽肉のスパイシーサラダ”でも、ちょっとぴりっとくる程度です。

【スープ】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0014

■こちらは、豚肉とザーサイ(?)のスープで、しょっぱ酸っぱい、面白い味です。

【海老のレッドカレー】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0023

■注文してから15分ほどで、メインの“海老のレッドカレー”が出てきます。

真っ白な器に、レッドカレーのスープの、ビビッドな赤色が映え、とにかく見た目が綺麗です~♪

変わった形の白いお皿に、お椀型にかわいく盛られたご飯とともに、第一段階は及第点を大きく越えます。

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0024

■さて、カレーをじっくり見てみます。

具材は、大きな揚げた茄子と、くるんとカールした、朱色と白の色味が綺麗な海老ちゃんです。

それ以外に見当たるのは香辛料等で、他店でよく見かける筍の千切りは入っていないようです。

130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0027

■それでは、さっそくスプーンで一口食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


海老の旨みがしっかり出ていてコクがあり、クリーミーでまろやかな、とっても上品なスープです。

スープの表面は、半分ぐらいは真っ赤ですが、見た目に反して、辛さはほど良くピリッと辛いぐらい。

とってもバランスが良くて、作り慣れた感じがしますね。適度な塩気でご飯との相性もバッチリ満点!

油で素揚げしてある茄子はしっとり柔らかで、海老ちゃんはそこそこサイズがあるのでプリッと食感と風味を楽しめます。

全体としては、とっても品が良くて高級感があり、かつ日本人には食べやすいレッドカレーです。

【石焼きガパオライス】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0020

■こちらは、友人が注文した“石焼きガパオライス”です。見た感じ、タイ風石焼きビビンパと言ったところでしょうか。

メニューには、辛さが最高ランクの4になっていて、友人曰く、結構辛いようです。

【デザートのバイキング・カウンター】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0028

■デザートのバイキングカウンターは、入口近くのキッチン側にあります。

時間が遅かったせいか、モノが少なく、ちょっと寂しげな感じです。

【デザート】
130422.銀座・ジム・トンプソンズ・テーブル0031

■取って来たのは、杏仁豆腐とフルーツ少々、パンプディングにタピオカミルクです。

タイ料理らしいのはタピオカミルクぐらい(?)ですが、これ自体はココナッツミルクが濃厚で良い感じです。

■総括としては、見晴らしの良い景色を見ながら、見た目も綺麗で上品なタイ料理を楽しめるお店です。

ランチに関しては、1品メインを選んで、前菜、デザートはバイキングの形式なので、人によって、その日の食欲によって、食べる量をコントロールできるところが魅力です。

お店の雰囲気、料理の味、お店の立地を総合的に考えると、ランチの価格は概ね妥当なところかと思われます。

バイキング形式になっている前菜やデザートを、もう少しゆっくり時間をかけてじっくり味わう感じだと、もうちょっとお得感が出てくるのではないでしょうか。

たぶん、上品なタイ料理を満喫するならディナータイムなんでしょう。夜景もかなり綺麗でしょうから期待できますね~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん^^
こんばんは~v-16v-222
タイ料理大好きです♪
綺麗なお店ですね~^^

レッドカレー美味しそうですね~~^^
タイ米かな?v-218

ガパオライスも美味しそうですね^^

Re: No title

> Kentaroさん^^
> こんばんは~v-16v-222

Paganiniさん、こんばんは~!
いつもコメントいただき、感謝、感謝でございます! m( _ _ )m

> タイ料理大好きです♪
> 綺麗なお店ですね~^^

30代、40代の美味しいものを食べ慣れた女性に人気のお店だったので、Paga師匠にも、料理の味・雰囲気ともに気に入っていただけそうですよ~♪

> レッドカレー美味しそうですね~~^^
> タイ米かな?v-218
> ガパオライスも美味しそうですね^^

このお店のお米ですが、見た目タイ米(長粒米)のようなんですが、ぜんぜんパサパサしていなくて、微妙なモッチリ感もあり、まるで日本米のようでした。
友人のガパオライスも美味しかったようなので、自分も再訪して、別メニューも試したいと思っています~♪
(*^_^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
124位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html