スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール政府公認の美食レストラン@銀座=シーフード・リパブリック

『シンガポールの4つの有名店が日本でコラボ~♪』

   ~シンガポール・シーフード・リパブリック・銀座店

■今日は、友人と銀座でランチです。

徐々に暑い季節が近づいてくると、なんとなく東南アジア料理が食べたくなってきます。

やはり、南国の料理は、暑い時でも食欲が湧くようになっているんでしょうね。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“アジア・エスニック料理”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀座一丁目】 グルガオン (インド料理)
第2位 【東  銀  座】 ナイルレストラン (インド料理)
第3位 【銀座一丁目】 カイバル (インド料理)
第4位 【銀     座】 デリー・銀座店 (インド料理)
第5位 【東  銀  座】 天壇・銀座店 (焼肉、韓国料理)
第6位 【銀     座】 ぴょんぴょん舎 GINZA UNA (焼肉、冷麺)
第7位 【東  銀  座】 ダルマサーガラ (インド料理)
第8位 【銀座一丁目】 ジム・トンプソンズ・テーブル・タイランド 銀座 (タイ料理、タイカレー、シーフード)
第9位 【銀座一丁目】 シーフード・リパブリック・銀座店 (シンガポール料理、バイキング) (品川店に訪問済み)
第10位 【銀    座】 バンコクキッチン・有楽町店 (タイ料理、タイカレー、バイキング)(銀座コリドー街店に訪問済み)

こうみると、このエリアのアジア・エスニック料理のメジャーどころは、一通り探検が終わっているようです。

今日は、他店舗に訪問済みで、銀座では未訪問になっている、第9位の“シーフード・リパブリック”に行ってみます。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0004

■“シーフード・リパブリック”は、㈱M・R・Sという会社が2008年にオープンしたシンガポール料理のお店です。

同社は、1992年にタイ料理の“コカレストラン”、2002年に同じくタイ料理の“マンゴツリー東京”、2007年にインド料理の“ニルヴァーナ・ニューヨーク”を手掛けるなど、歴史もあり、かつヒットブランドを持っています。

でも、実はエネルギー事業を中核事業とし、海運、不動産、外食、食品、保険、旅行、人材派遣などを手掛ける大東通商㈱という会社の100%子会社という、面白いルーツのレストラン運営企業です。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0038

■“シーフード・リパブリック”は、シンガポールを代表する4つのレストランがコラボをして日本に出店した形になっています。

お店のHPでは、次のように自己紹介をしています。

********************************************
【日本では味わうことの出来なかった本場のシンガポール・シーフード料理】
数あるシーフードレストランの中から、シンガポール政府が自信を持っておすすめする名店がスペシャルチームを組んで日本へやってきました。
①シンガポールで最も有名な海鮮レストラン“ジャンボ”、②シンガポール最優秀レストラン賞12年連続受賞“パームビーチ シーフードレストラン”、③アジアンエスニックシーフードの名店“シーフード インターナショナル マーケット&レストラン”、④高級店でありながらケータリングまでこなす名店“サン アジアン ビストロ”の4店舗。
国際性豊かなシンガポールならではの、アジア各国のおいしさがミックスされた料理の数々が味わえます。
********************************************

なるほど。シンガポールに行ったことがある人であれば、誰でもどれかを知っているであろう有名店ばかりです。

まるで、シンガポール料理のドリーム・チームのようなレストランですね~♪

130520.銀座・シーフード・リパブリック0059


■お店は、東京メトロ丸ノ内線・銀座駅の真上にある数寄屋橋交差点から行くと、外堀通りを東京・八重洲方面に250m進んだ右手にある、マロニエゲートの11階レストラン街にあります。徒歩3分です。

店内は、メインのスペースが2フロア吹き抜けになっていて、かつ窓が全面ガラス張りになっているため、自然光が燦々と降り注ぎ、開放感に溢れています。

インテリア自体は、白と黒をベースにしたシンプルでクールなデザインで、かなりお洒落ですね。

お店に着いたのは12:00ちょうどです。客席数は148席もあるようですが、テーブルは何気にけっこう埋まっています。

人数を告げると、店員さんに有楽町側の窓に面した席に案内されます。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0006

■平日のランチタイムは、基本的には“Singapore Lunch Buffet”(90分、1,500円)のみとなっています。

追加料金(+1,300円)で、このお店の看板料理“チリクラブ”(Sハーフサイズ)を付けることができます(時間無制限になります)。

同じ“シーフード・リパブリック”でも、品川店だと、950円から1,100円の数多くのランチセットが用意されているので、平日ランチの設定がずいぶん違うんですね。

まぁ、銀座の超一等地なのでしょうがないところでしょうか。

自分たちは、店員さんに“普通のLunch Buffet”と告げて、さっそく料理を取りに行きます。

【サラダ】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0025

■まず最初に、サラダを取りに行きます。

サラダは素材ごとに鉄製のボールに入っていて、氷で下から冷やされています。

たくさんの種類の野菜を揃え、ちゃんと良い状態にしておく(冷やしておく)ことは、バイキングでは重要ですよね。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0026

■取って来たのは、レタス、トレビス、ダイコン、ニンジン、水菜、紫玉ネギ、トマト、コーンです。

見た目も良いし、食べてみてもどれも新鮮で、プリプリ、シャキシャキしています。

ドレッシングは3種類あり、オニオンドレッシング、マスタードドレッシング、オリーブオイル&ビネガーです。

自分は、甘味・辛味・酸味が同時に味わえるオニオンドレッシングでいただきます。

【主菜類】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0019

■写真の台には、加熱不要な料理4種類が白いお皿に乗って上段に置かれており、加熱が必要な料理4種類が蓋付きの加熱鍋に入って下段に置かれています。

別の台には、カレー、ナシゴレン、海南チキンライスが置いてあります。

どの料理も魅力的なので、取る量のコントロールが難しいところです。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0031

■お皿の料理は、時計の12時の位置から時計回りに次の料理です。

・海南チキンライス(蒸し鶏&チキンスープで炊いたご飯)
     …お馴染みの蒸し鶏を、ソイソース(甘味のある濃い醤油)でいただきます。
     (他にも、ジンジャーソース、チリソースが選べます。)

・ケバブバーミセン(ビーフンをサンバルソース(※)で和えたスパイシーサラダ)
     …冷たく、さっぱりしてて、かつ適度な辛さとコクがある、自分好みのサラダです。

・ベンディーブラチャン(オクラの冷製サンバルソース)
     …オクラはサンバルで和えても、なかなか美味しくいただけるんですね。新発見です。

・揚げ餃子(豚肉とニラの揚げ餃子)
     …マレーシア系中華料理由来のイメージでしょうか。ピリ辛ソースがよく合います。

・焼きそば(シンガポール屋台焼きそば)
     …見た目は日本のソース焼きそばに似ていますが、現地のソイソースで炒めているのか、
     かすかに甘味と辛味があって、魚介系の旨みもあるような。美味しくて不思議な味です。

・ナシゴレン (インドネシア風アジアン炒飯)
     …ご飯をサンバルで炒めたものです。食べるとピリ辛でなかなか刺激的です。美味い!

※サンバル…インドネシア料理やマレー料理でよく使われる、万能な辛味調味料。チリソースの一種。
         トマトをベースに唐辛子、玉ネギ、ニンニク、海老の発酵品などが入ったペーストを油で炒めたもの。


130520.銀座・シーフード・リパブリック0033

■不覚にも、まったく試さなかった料理が、少なくとも3種類あります…(^-^;)

・フライドキャロットケーキ (大根餅を入れたシンガポール定番屋台料理)
・チャプチャイ (海鮮と野菜のシンガポール風炒め)
・沙茶茄子 (なすのバーベキューソース炒め)

これらはいずれも“加熱必要な料理コーナー”にあった料理で、お腹がいっぱいになったため断念です。

ほとんどが、主役級の料理だっただけに、う~ん、口惜しい~! (●´д`●)ザンネン・・・

【麺類】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0022

■麺類は、厨房の一部に注文コーナーがあって、そこにいる調理師に頼む仕組みになっていて、次の2種類があります。

(A)ラクサヌードル (スパイスの効いたココナッツスープ~ 辛い)

(B)ポークヌードル (豚挽肉入り屋台風和えソバ ~辛くない)

好みに応じて、シュリンプチリ(海老入り辛味調味料)を入れます。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0028

■今日は、刺激的な食べ物を求めてこのお店にやって来たので、もちろんスパイシーな“ラクサヌードル”を頼みます。

さすが米の麺(ビーフンのようなもの)だけあって、茹で時間は短く、1分ほどで出来上がります。

仕上げに、少量の“シュリンプチリ”を自分で載せてみます。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0029

■それでは、さっそくいただきます。


おっ、けっこう美味い~! ヾ(*´∀`*)ノ゛


魚介の香りを感じるカレー系のスープには、唐辛子(ラー油)がしっかり入っていて、スパイシーです。

でも、ココナッツミルクも入っているので、とがった辛さではなく、適度にマイルドになっています。

きし麺のような米麺は、つるんとした食感で噛み応えがありませんがもやしや輪切りネギのしゃきしゃき感がフォローしています。

少量入れた“シュリンプチリ”も、濃い小海老の香りを放ち、ピリッと辛さのアクセントになって活躍します。

【チリクラブ・トースト】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0042

■加熱料理の左端に“チリクラブ”の鍋と、巨大クルトンのようなトーストが置いてあります。

説明書きには、「マッドクラブのソースをパンに付けてお召し上がりください」とあります。

なるほど。本来別注文の“チリクラブ”のソースだけを味わうことができるんですね。

美味しければ、途中で追加注文する人が出て来るかもしれませんもんね。なかなか商売上手です。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0047

■それでは、ほど良くカリカリのパンを、真っ赤なソースに付けていただきます。


こりゃ美味い~!! ヾ(*´∀`*)ノ゛


さすが、このお店の看板メニューです(コラボの4店舗のうち、“JUMBO”の看板メニューです)。ソースだけでもとっても美味しいですね。

トマトベースの辛いソースには、ショウガ・ニンニク・香辛料がアクセントに入り、ふわっと玉子も入っています。

調理の過程で、カニの旨味がしっかり滲み出ているようで、風味も味もすごく良いです。

あまりに美味しいので「追加注文!」といきたいところですが、すでにお腹が埋まっているので、次回に持ち越しです~♪

【カレー】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0045

■今日のカレーは、“サンバルカレー”で、具材は牛肉、ジャガイモです。

料理のネームプレートには、「青唐辛子はとても辛いので、お召し上がりの際はお気をつけてください。」との注意書きがあったので、青唐辛子を避けて持って来ます。

食べてみると、結構辛くて、濃度が高く、味付けも濃い目で、押し出しの強いカレーです。

サンバルの魚介の風味はかすかにしますが、トマトの感じはなく、インドカレーにも近いものがあります。

おっと、シンガポールには、インド人も住んでいましたね。マレーとインドの両方の要素があって当然ですね。

【デザート&ティー】
130520.銀座・シーフード・リパブリック0055

■デザートが置いてあるコーナーには、見た感じ十数種類の一口サイズのデザートが置いてあります。

特に女性にとっては、バイキングでデザートが充実していることは重要ですよね。

すでにお腹一杯の自分としては、最初から全種類試すことを諦め、数種類試してみます。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0051

■一皿目には、次の4種類のデザートを取って来ます。

・カヤコーヒーティラミス (写真左上、四角い白小皿)
・ハイビスカスゼリー (写真右上、透明グラス)
・チョコレートクリスピー (立方体小、香ばしいライスクリスピーをチョコとマシュマロで固めたお菓子)
・ジャスミンティーケーキ (立方体大)

どれも甘味が適度で、香辛料の強いシンガポール料理を食べた後にいただくと、気分が変わって良いですね。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0057

■二皿目には、“ボボチャチャ”(タピオカ入りココナッツミルク)を取って来ます。

デザートと言うよりは、食後の口直しに取って来てみました。ココナッツミルクが濃厚で、美味しいですね。

“ボボチャチャ”に入れるトッピングが3種類あって、茹で小豆、茹でコーン(?)、亀ゼリー(?)のようなもおがあったので、亀ゼリーを投入しています。

少量過ぎて味が正確には分からなかったのですが、亀ゼリーらしく、やや苦くて、甘いココナッツミルクといいコントラストになっています。

130520.銀座・シーフード・リパブリック0061

■取って来たお茶は、“リパブリック・ブレンド・ティー”で、ジャスミン茶とプーアール茶の特製ブレンドとのことです。

クセのある2種類のお茶をブレンドしてあるわけですが、それぞれのクセはそのままに、相性は良い気がします。

特に、香辛料を多用する料理の後だと、口直しの効果がはっきりしていて、ぴったりです。

■総括としては、料理の種類が多くて、満足度の高いシンガポ-ル料理のバイキングです。

シンガポール料理は、マレー料理と中華料理のハイブリッドなので、中華に慣れた日本人にも食べやすい料理です。

このお店の料理は、基本は中華っぽくても、それぞれの料理に、随所にシンガポールらしいエッセンス(or 調味料)が効いていて、エスニックらしい非日常を感じさせてくれます。

どれを取っても美味しいので、お腹を空かせて行くと、シンガポールを満喫できます。

バイキングの基本である、サラダとデザートがしっかりしているので、女性にもバッチリです。

久しぶりに、コスパの面でも納得感があるバイキングで、男女問わず、広く一般におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさ~ん^^
おはようございま~すv-222v-16

こちらのレストラン♪とても楽しめそうですね^^
美味しそうですし・・・
ナシゴレン、チキンライス・・・懐かしい~
シンガポールって東南アジアのお料理が楽しめていいですよね^^

日本に居ながらにして、シンガポール料理を楽しめるなんてお得!v-218
行ってみたいです。。。

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!

こちらのお店も、Paganiniさんが女子会を開くにはぴったりのお店です。

これから暑くなるので、東南アジア料理は食べやすくて良いですよ。

やっぱり、マロニエゲートやプランタンは、女性の方が似合います…
(^-^;)

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: No title

カバーレターの見本さま、こんばんは~!
訪問いただき、ありがとうございます。
もしよろしければ、また遊びにいらしてください~!
(*^_^*)/

こんにちは。シンガポールのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
122位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html