スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶コスパの激ウマ南インド料理店@京橋=エリック・サウス

『東京の南インド料理・頂上決戦のターミネーター~♪』

   ~南インドカレー&バル エリック・サウス -South Indian Curry & Bar ERICK SOUTH- @京橋

■今日は、東京・八重洲で週末ランチです。

隊長が、辛いカレーが食べたいというので、探検隊お気に入りのインド料理のお店に行くことにします。

今や、東京屈指のインド料理激戦区となっている、東京駅・八重洲から京橋にかけてのエリアにあるお店です。

■食べログの、大エリア区分“東京・日本橋”エリアの“カレー”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【京     橋】 ダバインディア (インド料理、インドカレー)
第2位 【丸  の  内】 インデアンカレー・丸の内店 (カレーライス、パスタ)
第3位 【京     橋】 南インド料理 ダクシン・八重洲店 (インド料理、インドカレー)(訪問済みブログ未掲載)
第4位 【銀座一丁目】 札幌ドミニカ・銀座店 (スープカレー、創作料理)
第5位 【京     橋】 南インドカレー&バル エリックサウス(インド料理、インドカレー)(訪問済みブログ未掲載)
第6位 【東 京 駅 内】 仙臺たんや 利久・東京駅店 (牛タン、カレーライス)
第7位 【馬  喰  町】 南インド料理 ダクシン・東日本橋店 (インド料理、インドカレー)(八重洲店に訪問済み)
第8位 【京     橋】 3丁目のカレー屋さん (カレーライス、欧風カレー) <未訪問>
第9位 【日  本  橋】 紅花別館 (鉄板焼、洋食、カレー)
第10位 【丸  の 内】 グリル満天星 麻布十番・丸ビル店 (洋食、オムライス、カレーライス)

東京を代表する名店が揃っていますね。その中から、今日のターゲットは、第5位の“エリック・サウス”です。

食べログ上では、ここ1年で急に口コミ数が伸びて、順位を上げているお店なんです。

130616.八重洲・エリック・サウス0001

■“エリック・サウス”は、2011年9月に南インド料理の特徴を前面に出したカレー専門店として開業しています。

このお店は、岐阜県に本社がある㈱円相フードサービスという会社が運営しています。

ここ最近、地方発祥の元気な飲食業の会社が多くていいですね~♪

130616.八重洲・エリック・サウス0028

■同社は、和食、居酒屋、ラーメン、カレー等のジャンルで複数のブランドで店舗を運営していますが、もともと経営が思わしくない飲食店舗を復活蘇生させることを得意とする企業のようです。

カレージャンルも、2005年に川崎市ソリッド・スクエア内の“erick curry”という店舗の運営を引き継いだところからスタートしています。

2008年には“erick curry”岐阜駅前店を開業し、この2店舗が今日の“エリック・サウス”の姉妹店となっています。

130616.八重洲・エリック・サウス0014
(お店の奥の壁一面に、インドの街で人が行き交う写真が貼られています。これが巧い演出になっていて、まるでインドにいるような気分になります~♪)

■お店は、JR東京駅の東側、八重洲地下街の二番通りにあります(地上だとブリジストン美術館方向)。八重洲口から徒歩5分ぐらいでしょうか。

お店に着いたのは、休日の13:00過ぎです。

店内は、入ってすぐの店舗中央にコの字型のカウンター席と、壁際にもカウンター席があって、その奥にテーブル席が4名×2卓と合わせて28席あります。

お客さんは常時6割ぐらい埋まっていて、どんどん入れ替わる感じです。お客さんの回転がかなり良いですね。

探検隊は、前回も今回も、運良く一番奥のゆっくりできるテーブル席に案内されます。

休日だからか、夫婦やカップルの男女二人客と、カレー好きと思しき一人客が自然に混在しています。

壁一面のインドの街の写真と、店内を流れるインド音楽が、気分を一層盛り上げてくれます。

130616.八重洲・エリック・サウス0008

■このお店のメニューを、他の南インド料理店と比べると、顕著な違いがいくつかあります。

まず、ランチメニューの価格が、驚くほどリーズナブルな設定となっています。

定番カレーは6種類用意されていて、エリックチキンカレー、キーマカレー、マトンカレー、バターチキンカレー、サンバル、野菜カレーです。

“カレーランチ”は、カレー1種類(800円)、カレー2種類(850円)を上記6種類から選択するもので、ターメリックライス、パパド、サラダが付いて来ます。

また、人気のカレー4種類がセットになった“バラエティランチ”は、エリックチキンカレー、キーマカレー、バターチキンカレー、野菜カレーに、ターメリックライス、パパド、サラダが付いて、なんと950円(!)です。

まさに、本格南インド料理界の価格破壊です。間違いなくコスパで東京No.1です。

なお、通常のターメリックライスはジャポニカ米(短粒米)ですが、+100円でバスマティライス(長粒米)に変更できます。さらに、ランチタイムは、ライスの大盛り・お替りが無料という気前の良さ。素晴らしい!

いろんなカレーを試してみたい隊員は、“バラエティランチ”を選択します。

なお、このお店は南インド式に忠実にこだわり、“ナン”は置いていないので、代わりに“チャパティ”(+100円)を付けて注文します。

■上記のスタンダードなランチ以外に、多彩なセットメニューがあります。

・ランチミールス(990円)…南インド本場スタイルのカレー定食(簡易バージョン)
・ビリヤニプレート(M;950円、L;1,250円)…インド式スパイシーパエリア
・エリックミールス(13時から限定、1,390円))…南インド本場スタイルのカレー定食(充実バージョン)
・菜食ミールス(13時から限定、1,390円))…南インド本場スタイルのカレー定食(ベジタリアン・バージョン)

これ以外にも、季節の限定カレーとして、“秋鮭のミーンモーレー”というケララ地方のフィッシュカレーがあります。日本の旬の食材を、南インド風に調理したアレンジカレーのようで、なかなか面白いですね。

普通のインド料理店だと、ランチに設定されることがないインドのお祝い料理“ビリヤニ”が、通常メニューに設定されているのに驚かされます。

そこで、隊長には“ビリヤニプレート(L)”を味わってもらいます。

【バラエティランチ+チャパティ】
130616.八重洲・エリック・サウス0032

■注文してから10分ほどで、注文の品“バラエティランチ”と“チャパティ”が出てきます。

カレーが種類ごとに小さな金属製の丸い器に入って、大きな金属製の円形のお盆の上に整然と並んでいます。

また、お盆の上に円形のパパドとチャパティが乗っかり、その下には黄色いターメリックライスが覗きます。

綺麗でお洒落な器というわけではないのですが、カレー自体が綺麗な色取りになっています。

それでは、探検隊のインドカレーの鉄則どおり、甘口のカレーから順番に食べていきます。(辛口のカレーから食べ始めると、後で食べるカレーの味が分からなくなっちゃうからです。)

【バターチキンカレー(Chicken mackerni)】
130616.八重洲・エリック・サウス0037

■まず最初は、(甘口)の“バターチキンカレー”です。さっそく食べてみると、


う~ん、コクがあって美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


基本は香辛料がうまく効いていて風味が良いのですが、はちみつや生クリームを使ってしっかりコクを出してあり、全体としてマイルドに仕上がっています。

北インド料理のバターチキンカレーと比べると、香辛料使い(味わいと風味)はほぼ同じで、油をやや控えめにした感じです。

これなら、辛いものが苦手な人でも、本格的な香辛料使いのこのお店の魅力を味わえますね。

【野菜カレー(Mix vegetable masala)】
130616.八重洲・エリック・サウス0038

■つづいて、こちらも(甘口)の“野菜カレー”をいただきます。


う~ん、ヘルシー感満点のカレーですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


ニンジン、玉ネギ、インゲンなど、たっぷりの野菜が入っていて、野菜の旨味が出た優しいコクのある味わいのカレーです。

日本のカレーと同じ野菜を使っていても、似ても似つかないところに、スパイス使いの妙を感じられます。

【キーマカレー(Malabar keema curry)】
130616.八重洲・エリック・サウス0036

■こちらは“キーマカレー”で、表示は(中辛)となっている、挽き肉のカレーです。


う~ん、しっかりした風味と旨味のカレーですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


挽き肉から旨味成分がしっかり出ていて、そこにココナッツミルクと黒胡椒を効かせて、風味豊かカレーに仕上げられています。

辛さが増すに連れて、だんだんこのお店の魅力をしっかり感じ始めますね~♪

【エリックチキンカレー(Chef's chicken curry)】
130616.八重洲・エリック・サウス0035

■最後のカレーは、このお店の看板カレーである“エリックチキンカレー”で、(辛口)の設定になっています。

カレーから立ち昇る、しっかりしたスパイスの香りを感じながら一口食べてみると、

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


さすが看板カレーです。複雑でしっかりした香辛料使いは、非常にバランスが良くて、主役のチキンを華やかに引き立てています。

複雑にして爽やかな辛さと風味が、シンプルな食材であるチキンの旨味をさらなる高みへ昇華させているようです。

しかも、最初は辛さをほとんど感じず、美味い美味いと食べ続けると、辛さがじわーっと額の汗となって現れる、理想的な“後出しじゃんけん”型の効かせ方です。

これだけ美味いと、ライスでもチャパティでもどんどん食べられて、しかも満腹感さえ忘れさせてくれます。

(逆に、この点が、非常に罪なカレーなんですけどね。。。(^_^;))

【サラダ】
130616.八重洲・エリック・サウス0039

■このお店のサラダには、自家製のマンゴー・ヴィネグレットが掛かっています。

このまま食べても美味しいのですが、何でも混ぜちゃう南インド流のこのお店では、カレーや漬け物と一緒にライスに掛けて食べるのがお薦めなんだそうです。

【ターメリックライス】
130616.八重洲・エリック・サウス0040

■このお店のターメリックライスは、日本米(あきたこまち)に香辛料と軽くバターを効かせてあります。

程好い水分量のつやつやライスで、心地よいモッチリ感があって、カレーとの相性は抜群です。

このターメリックライスがお替り自由なので、嬉しくなっちゃいますね~♪

お替りは店員さんが鉄腕にライスを入れてもって来て、プレートに直接入れてくれるので、微妙な量の調整もしてくれます。至れり尽くせりです。

【パパド&チャパティ】
130616.八重洲・エリック・サウス0033

■写真左の“パパド”は、チャナ豆の生地に香辛料を練り込んで揚げたもので、薄くてパリパリした食感に、豆の風味と軽い塩気が効かせてあります。

写真右の“チャパティ”は、アタ(全粒粉)で作るインドの無発酵パンで、厚手のクレープのようなものです。モッチリとした食感に、全粒粉の風味と甘味が美味しいものです。

ともに、そのまま食べてもいいし、カレーをつけても美味しくいただけます。

【卓上セット】
130616.八重洲・エリック・サウス0025

■こちらの写真は、卓上に常備されている漬物類・調味料類です。他のお店と違って特徴があります。

左から順に“ピクルス”、“漬け物”、“辛味”とラベルに書いてあります。

130616.八重洲・エリック・サウス0052

■実際にお盆に取り出してみると、上の写真のような感じです。

“ピクルス”はキャベツの酢漬けで、口直しに時々つまむものです。

“漬け物”は大根の辛味漬け、“辛味”はたくさんの香辛料が入った調味料ですが、断然辛いのは実は“漬け物”です。

辛味と旨味のバランス、大根のコリコリ食感がクセになるもので、辛い物大好きの隊長は「売っているなら買って帰りたい!」と申しております。

【ビリヤニプレート(L)】
130616.八重洲・エリック・サウス0041

■こちらは、隊長が注文した“ビリヤニプレート”です。

金属製の大きなお盆の上に、ビリヤニが円形に綺麗に盛り付けられ、その脇にサラダが添えられ、カレーとライタが入った小さなお椀が2個乗っています。

“ビリヤニ”は、分かりやすく言うと、“インド式スパイシー・パエリア”で、インドの“魚沼産コシヒカリ”とも言われる“バスマティライス”をたっぷりの香辛料で炊いてあります。

その上には、パクチー、アーリーレッド、カシューナッツ、ミントなどのハーブがトッピングしてあります。

【チキンビリヤニ】
130616.八重洲・エリック・サウス0042

■それでは、“チキンビリヤニ”をスプーンですくって、一口食べてみます。

むむむ、、、


めっちゃウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


バスマティライスは、羽のように柔らかな食感で、複雑で優しい香辛料の香りが口いっぱいに広がります。

米の水分量はインディカ米なので少ないのですが、絶妙な柔らかさに仕上がっています。

また、米自体にも爽やかな香りがありますが、そこに重なる香辛料がわざと不均一に混ぜ込まれていて、トッピングと合わせて、一口ごとに風味と味わいが変わるようになっています。

実は、探検隊がこのお店に“はまった”理由は、この“ビリヤニ”だったんですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【エリックチキンカレー】
130616.八重洲・エリック・サウス0046

■ビリヤ二プレートについてくるカレーは、このお店の看板カレーである“エリックチキン”です。

もともと複雑な香辛料の風味・味わいがビリヤニの魅力なのですが、南インド料理の真骨頂は、ここにさらに他の料理を混ぜていくことにあります。

複雑な香辛料使いのビリヤニに、これまた複雑な香辛料使いのエリックカレーを混ぜると、香り・味わいの複雑さが倍増し、それに伴って旨味も倍増するんです。

ビリヤニの食感の軽さもあって、本当にスプーンを持つ手が止まらなくなってしまいます~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

【ライタ】
130616.八重洲・エリック・サウス0044

■“ライタ”は、“塩ヨーグルトサラダ”とも言われるもので、野菜をヨーグルトで和えたものです。

このお店では、キュウリと赤パプリカを5mm角に切ったものが入っています。色取りも綺麗ですね。

香辛料がしっかり効いた料理の合間に食べると、爽やかな口直しになります~♪

【お好み香辛料】
130616.八重洲・エリック・サウス0047

■プレートの隅に、お好みで投入できるよう、3種類の香辛料が乗っています。

シナモン、カルダモン、クローブが原形のままなので、ダイレクトに風味・味わいの変化が楽しめます。

後半になって、これを全部ビリヤニに混ぜ込めば、南インド流の本格的香辛料使いの虜になること間違いなしです~♪
ヾ(*´∀`*)ノ

【食後の口直し】
130616.八重洲・エリック・サウス0053

■レジの場所には、口直しのスイート・フェンネルが置いてあります。本格インド料理店には必須アイテムですね。

(とは言っても、レジで後ろに並ばれると、ゆっくり摘んでいる時間がないんですけどね…(^_^;))

■総括としては、本格的で美味しい南インド料理が、超リーズナブルな価格でいただける、すごいお店です。

香辛料使いは本格的で、具材も惜しみなくたっぷり使ってあって、しかもほとんどのメニューが千円未満で楽しめます。

日本人向けに香辛料使いを変えずに、カレーのラインナップを工夫して、甘口から辛口まで設定しているので、同行者に辛いものが苦手な人がいても大丈夫という憎い設定も良いですね。

八重洲・京橋界隈には、東京を代表する本格インド料理店がひしめき合っていますが、そんな中でも非常に競争力のあるお店だと思います。

インド料理好きの方はもちろんのこと、辛い物が苦手でも本格エスニックにチャレンジしたい方には、超おススメです~♪

ごちそうさまでした~!

【メモ】
今回は掲載しなかったのですが、このお店の一押しは13時以降に提供される“エリックミールス”(1,380円)です。
内容は、お好みカレー2種、サンバル、ラッサム、本日の菜食カレー、ワダ、ウプマ、パパド、サラダまたはヨーグルト、ターメリックライス、バスマティライスとなっています。
他と比べると、お値段は多少高めですが、内容の充実度、本格度を考えると、ぶっちぎりにリーズナブルで、南インド料理を満喫できる内容です。美味しくて、楽しいですよ~! ヾ(*´∀`*)ノ

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

力作

いつになく、入魂の記事ですねー!

「夜食テロ」です!!
「エリックチキン」と「ライタ」、ガツーンとイキたくなってきました。
「チキンビリヤニ」は、その存在さえも知りませんでした。
めちゃめちゃ、うまそーですねー。

メモっとかなくちゃ!

No title

Kentaroさん♪
おはようございま~すv-222v-16

画像とKentaroさんの「旨~~~~~い!」から、美味しい~~!って分かりましたよ~^^

インドカレー大好きなので、是非行ってみたいです。。。
Kentaroさんが訪れたインドカレーのお店の中で一番の評価のお店のような気が致しましたけど・・・ふふっ
どうかな?^^


本日も素敵な記事と画像をありがと~ん♪
もう。。。ほんと、食べたくなりました^^

素敵な一日でありますように・・・v-222

Re: 力作

つかりこさん、こんばんは~!
コメント、ありがとうございます~♪

今回特に入魂したわけではないのですが、初訪問のお店ではなく、お気に入りのお店をご紹介したので、無意識に力が入ったのかもしれませんね^^

南インド料理は、香辛料使いと食材のコンビネーションを考えると、奥が深くて探求しがいがありますよね。

もし、東京駅にご用の時は、ちょっと時間を作って行ってみて下さいね。
「エリックチキン」と「ライタ」、ガツーンとイっちゃってください~!
(*^_^*)b

Re: No title

Paganiniさん、こんばんはです~!

今日は、自分のお気に入りのお店だったので、自信を持ってご紹介してみました。

八重洲の地下街ってご存知ですか?
東京メトロやJRの東京駅から行くと、大丸東京を越えたところにある、ちょっと地味なエリアなんです。

そこに普通の飲食店と並んでいるお店なので、初訪問時はカレースタンドに入るぐらいの気持ちでした。
要はあまり期待していなかったのですが、食べてみて、あまりの美味しさに度肝を抜かれました。

ちょっとお洒落な空間で、ゆっくり本格南インド料理を楽しむなら、京橋から銀座にかけてたくさんあるのですが、場所が良いだけにお値段としては納得感はあってもお得感は普通なんです。

そんな地域に、後から進出して勝負するなんて、このお店の店主さんは余程自分のカレーに自信があるのか、それでもすごいと思います~♪

もし東京駅に行ったり、大丸東京でお買い物をする機会があれば、ぜひお試し下さいね~♪
(*^_^*)/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html