スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流ブームの聖地を代表する韓国料理店@新大久保=おんどる

『韓流の一大観光地・新大久保の一番人気レストラン~♪』

   ~韓国家庭料理・炭火焼肉 おんどる・本店 -한국 가정 요리・숯불 불고기 온돌- @新大久保

■今日の週末ディナーは、新宿方面に行ってみます。

最近、週末にグルメ散歩をする時は、健康も考え、10km程度の本気の散歩を組み合わせるようにしています。

往復歩く場合は、池袋から片道5kmの新宿ぐらいまでが、お店選びのターゲットになります。

■食べログの、大エリア区分“新宿・代々木・大久保”エリアの“レストラン”人気順ランキング(※)からお店を選びます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら見てみて下さいね~♪(*^-^*)/)

第1位 【新  宿】 タイ国料理 バンタイ (タイ料理、タイカレー)
第2位 【大久保】 おんどる・新大久保本店 (韓国料理、焼肉) <未訪問>
第3位 【新  宿】 ビア&カフェ BERG (カフェ・喫茶、ビアバー)
第4位 【新  宿】 アカシア・新宿本店 (欧風料理)
第5位 【新  宿】 つるとんたん・新宿店 (うどん) (東京ビル店に訪問済み)
第6位 【新  宿】 讃岐うどん大使 東京麺通団 (うどん)
第7位 【初  台】 ニューヨーク・グリル (アメリカ料理、ステーキ、バイキング) <未訪問>
第8位 【新  宿】 天ぷら 新宿 つな八・総本店 (天ぷら、割烹・小料理)
第9位 【新  宿】 鳥茂 (割烹・小料理、串焼き、もつ焼き) <未訪問>
第10位 【新 宿】 もうやんカレー 大忍具 (カレーライス) <未訪問>

※ラーメン店を除外する補正済み。

通常のグルメ探検だと、食べログのランキングは、未訪問店を上から順に行くことにしているのですが、第2位のお店は新大久保にあり、今まで外し続けています。

なんせ新大久保は韓流ブームの聖地なので、平日、休日かかわらず、人の混み方が尋常ではないんです。

ましてや、第2位の“おんどる”は、新大久保を代表する人気店で、待ち行列の長さ・待ち時間がNo.1と言われているお店です。

でも、グルメ探検家としては、避けて通れないお店。今日は腹をくくって、このお店に突撃してみます~!

130630.新大久保・おんどる0005
(お店に到着した時点、休日の夕方17:00過ぎのお店の様子。まだ待ち行列は発生していません。その後の様子は、下の写真参照。)

■ちなみに、食べログの“東京都”全域の“韓国料理”人気順ランキングは次のとおりです。

第1位 【富士見台】 焼肉問屋 牛蔵 (焼肉、韓国料理) <未訪問>
第2位 【新大久保】 おんどる・新大久保本店 (韓国料理、焼肉) <未訪問>
第3位 【恵 比 寿 】 焼肉チャンピオン (焼肉、ホルモン、韓国料理) <未訪問>
第4位 【赤   坂】 兄夫食堂・赤坂本店 (韓国料理、焼肉、韓国鍋) <未訪問>
第5位 【東 銀 座 】 天壇・銀座店 (焼肉、韓国料理、冷麺)
第6位 【赤   坂】 赤坂一龍 別館 (韓国料理)
第7位 【新大久保】 ハンヤン・本店 (韓国料理、焼肉、居酒屋) <未訪問>
第8位 【銀   座】 ぴょんぴょん舎 GINZA UNA (焼肉、冷麺)
第9位 【新大久保】 松屋 (韓国料理、韓国鍋、冷麺) <未訪問>
第10位 【渋   谷】 とんちゃん・渋谷店 (韓国料理、焼肉、冷麺) <未訪問>

食べログ上だと、お店のジャンルが3つまで登録できるため、“韓国料理”と“焼肉”は、ほぼ全てのお店が共通して登録されています。

とは言っても、第1位の“焼肉問屋 牛蔵”は、店名にもある通り、“焼肉”が中心のお店です。

そういう意味でいくと、第2位の“おんどる”は、実質的に東京No.1の韓国料理店、と言えそうです。

130630.新大久保・おんどる0007
(本店2階の客席の様子。2列に並んだ掘りごたつ式の席は、衝立があるので居心地の良さはまずまずです。)

■“おんどる”は、2004年9月にオープンした、韓国家庭料理のお店です。

新大久保のコリアタウン情報のサイト“WOW(ワウ)新大久保”に、お店の特徴を掴んだ紹介がされているので引用してみます。

*********************************************
【メニューは、全部で160種類以上☆ 何度来ても楽しめます!】
2004年8月オープン。最初は1階だけでしたが、今は2階と2号店、赤坂にデリカおんどると4店舗あります。1階はカジュアルな雰囲気でゆっくりと食事を楽しめるようになっており、2階は黒を基調とした落ち着いた雰囲気のつくりになっています。ちなみに、オンドルとは韓国語で「床暖房」という意味です。
メニューは全部で160種類もあり、韓国料理に飽きてしまった人や辛い物が苦手な人でも食べられるメニューや、常連さんも飽きることのないように工夫されており、来店するたびに、メニューを選ぶワクワク感があります。また、新メニューの開発にも力を入れています。
最初に出てくるおかずは6種類で、季節により異なるのでお客様を毎回楽しませてくれます。味にも自信があり、毎朝仕込んでいる新鮮なものばかりで、キムチなどのおかず以外にも、サムゲタン、冷麺などの麺類までが全てお店の手作りです。
横にはお惣菜が売っている「デリカおんどる」があり、おんどるで出るお惣菜などを買う事が出来ます。お惣菜だけでも40種類、さらに韓国茶、韓国のお菓子や食器も売っています。
*********************************************

なるほど。レストラン3店舗だけではなく、惣菜店に雑貨屋と、手広く事業展開しているようですね。

■新大久保では、1980年代からある韓国料理店はさほど多くはなく、1990年代中盤に韓国食材スーパーが進出してきて以降、増加してきたと言われています。

そんな中、2002年の日韓共催サッカーワールドカップと、2003年の“冬のソナタ”BS放送の爆発的人気で、突然韓流ブームが巻き起こり、新大久保が韓流ブームの聖地となったのは周知の通りです。

(※我々探検隊は、2003年から2006年まで、中国・上海に駐在していたため、韓流ブームは知らず・乗れずで現在に至っています。)

この観点からすると、この“おんどる”が開業したのは韓流ブーム発生後なので、新大久保の韓国料理店としては、比較的“後発”だと思われます。

なのに食べログ上で“東京No.1”となっているからには、なにか理由があるんでしょうね。

130630.新大久保・おんどる0098
(食べ終わってお店を出た18:20頃のお店の前の様子。すごい数の人が、待ち行列を作っています。)

■お店は、JR山手線・新大久保駅改札から行くと、目の前を通る大久保通りを右方向に200m進み、狭い右折路を右折して30m進んだ右側にあります。徒歩4分ほどです。

事前調査では、食事時間はかなり長い待ち時間になるとのことだったので、到着時間を思い切り外します。

お店に着いたのは、休日の17:00過ぎです。さすがにこの時間は、待ち行列はなく、狙いは的中します。

店舗1階で人数を告げると、満席だったのか、2階に行くよう指示されます。

■外付けの階段で2階に上がると、焼肉屋さんのように空気が煙った、広い座敷席・テーブル席が現れます。

客席数は、1階50席、2階50席もあるようで、2階席は見た感じほぼ満卓です。

時間制限があるようで、2時間制だが良いかと聞かれますが、早食いの探検隊はもちろんOKします。

なお、食べ終わった18:20ごろになると、お店の外には30人近くの待ち行列が発生しています。恐るべし…

■メニューを始めからざっと眺めると、豚・牛焼肉から始まって、定番韓国料理が一通り揃っています。

おつまみ(キムチ盛合せ等)、サラダ、チヂミ(海鮮チヂミなど10種)、一品料理(チャプチェ、プルコギ等)、麺類(冷麺等)、ご飯物(ビビンパ等)、チゲ&スープ、鍋(カムジャタン等)、デザートと続きます。

2,500円と4,000円のコースも設定されていますが、4人以上限定なので、構成員2名の探検隊は注文できません。

そこで、メニューリストでも看板メニューと強調している“サムギョプサル(生三段バラ)”を最初に注文し、お腹の埋まり具合をみて、追加注文することにします。

【まずはビールで乾杯~!】(520円+500円)
130630.新大久保・おんどる0015

■最初の飲み物として、隊員は、“アサヒスーパードライ生 中ジョッキ”、隊長は“ざくろ酢サワー”を注文します。

ぐびっ、ぐびっ、ぐびっ、ぷはぁ~! ヾ(*´∀`*)ノ

お店まで、およそ5kmの早歩き散歩でしっかり汗をかいたので、一杯目のビール・サワーは格別です~♪

【前菜6種】
130630.新大久保・おんどる0026

■店員さんを呼び止めて料理を注文すると(※)、まもなく“おかず6種”が出てきます。

写真は、手前左から①レンコンの甘煮、②大根と烏賊のキムチ、③茎わかめの和え物、④カクテキ、⑤もやしの和え物、⑥白菜のキムチです。

どれも作り慣れた味で美味しいです。隊長は③茎わかめ、隊員は②大根・烏賊キムチが一押しです。

韓国料理店は、序盤にキムチをつつきながら、ビールを飲めるのが良いですね~♪

※店員さんたちは、若い韓国人・他の東洋人が多いのですが、呼び止めないと注文には来てくれません。
きっと、すごく忙しいんでしょうね。
あと、このお店では、料理を注文しないと無料の“おかず6種”は出てこないようです。(新大久保では普通なのかな?)
いつもの飲み屋の感覚で、先に飲み物だけを注文しても“おかず”は出て来ないので、初訪問者が最初の注文で“キムチ盛合せ”などを注文すると、序盤は卓上がキムチだらけになります。
ちなみに、このお店では、“おかず6種”と焼肉を巻く“サンチュ”は何度でもお替りOKのようです。

【サムギョプサル(生三段バラ)】(二人前;2,360円)
130630.新大久保・おんどる0023

■“サムギョプサル(生三段バラ)”は、厚切り豚バラ肉の焼肉です。

新大久保界隈の韓国料理店では、一種のエンターテイメントのように、専用の焼き石を使って、お客さんの卓上で焼くのが一般的です。

ご存じない方のために、その様子を写真でご紹介します~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

正方形の焼き石は、一つの角が下になるように、ガスコンロ自体を斜めに設置し、下になった角の真下に豚肉の油を落とすべく受け皿を置きます。

写真の左上には、天井近くから伸びる、可動式の吸煙口が写っています。

130630.新大久保・おんどる0034

■ガスコンロに続いて、サンチュ、つけダレ(ごま油&塩)×2、コチュジャン、ニンニク(最後に焼くもの)が運ばれてきます。

130630.新大久保・おんどる0039

■さらに、白菜キムチ(最初から焼くもの)とネギサラダがやって来ます。

130630.新大久保・おんどる0041

■お肉を持って来た店員さんが、さっそく焼き始めます。

豚バラ肉は、長辺が20cmぐらい、厚さは1.5cmほどあって、美味しそうな脂身がしっかり入っています。

豚肉の下手(写真左側)には、白菜キムチを載せて焼きます。

豚肉に火が通るにつれ、大量の油が周りに撥ねまくります。なので、店員さんに渡される紙エプロン着用は必須です。

(道理で、店員さんの雑巾拭きが甘い部分は、机でもその周りでも、けっこうべたべたしているんですね。)

130630.新大久保・おんどる0049

■焼き始めてから5分後、先ほどとは違う店員さんが、豚肉をひっくり返しにやって来ます。

途中、焼け具合のチェックに来る人も別人だったので、テーブル専属ではなく、複数の店員さんが複数卓を同時にカバーしているようです。

130630.新大久保・おんどる0051

■ひっくり返してしばらくしたところで、また別の店員さんが、お肉とキムチをはさみでカットします。

手際よく、どんどんカットしていきますが、焼き石は熱いし、油は撥ねるし、熱いでしょうね。ご苦労様です。

130630.新大久保・おんどる0053

■お肉を細かくカットした後は、こまめにお肉をひっくり返して、しっかり焼いていきます。

130630.新大久保・おんどる0058

■豚肉から染み出た油は、多少キムチに絡み、残りは受け皿へと落ちていきます。けっこうな油の量です。

130630.新大久保・おんどる0060

■「お待たせしました、“サムギョプサル”の完成で~す!」(“チュウボーですよ!”の巨匠風に~♪(^_^;))

最終局面では、追加野菜として、薄切りジャガイモ、玉ネギ、スライスニンニクを焼き石の上に置きます。

130630.新大久保・おんどる0063

■店員さんから、食べてOKのサインが出たので、お肉にごま油とコチュジャンを付け、ネギザラダとともにサンチュに巻いて、さっそく食べてみます。

むむむっ、、、


こりゃ、美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


表面がかりっと焼けた赤身部分は、硬そうな見た目と違って、噛むと柔らかく、中からジューシーな旨味が出てきます。

白い脂身の部分は、余計な脂は抜けていて、見た目ほど油っぽい感じはせず、ほど良い甘味があります。

そして、赤身と脂身が交互に重なって、甘辛具合が絶妙に美味しいコチュジャンを纏って、フレッシュなサンチュに包まれています。

甘酸っぱく仕上げられた、ネギサラダもこの中で良いアクセントになっていますね。

う~ん、食べる前に想像したよりも、ぜんぜんしつこくなくて、美味しいですね~♪

■豚肉は、探検隊二人で食べるには、ずいぶん量があるので、勢いをつけてどんどん食べ続けます。

でも、これも予想外だったのですが、意外にどんどん食べられて、まったく飽きません。

豚肉の鮮度も高いんでしょうね。全くと言って良いほど臭みがないので、嫌味がありません。

結局、野菜も含めて一気に平らげます~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

【前菜お替り】
130630.新大久保・おんどる0065

■ここで、お腹の空き具合から、追加の料理を2品注文します。

その時、店員さんが“おかず6種”の皿が空いているのを見て、お替りが必要か聞いてきます。

全6種類をお盆に載せてやって来てくれたので、欲しいものを指差して指定します。

結局、追加でもらったのは、②大根と烏賊のキムチ、③茎わかめの和え物、⑤もやしの和え物の3種類です。

韓国料理店のこの“おかず”、けっこうクセになりますね~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

【スンドゥブチゲ】(1,050円)
130630.新大久保・おんどる0071

■追加料理の1品目は、“スンドゥブチゲ”です。自動的にご飯が付いてきます。

何か辛くて美味しいものをご飯と一緒に食べたいと思い、思い付いたのがこちらです。

鍋がぐつぐつと煮えたぎった状態で運ばれてきえ、立ち昇る湯気からすでに旨辛く、鼻腔をくすぐります。

中の具材を見てみると、豆腐、殻付きのあさり、烏賊、玉ネギ、ズッキーニ(?)などが見て取れます。

最後に生玉子が落としてあったようで、途中でそれに気付いてから崩したため、中途半端な状態で固まってしまいます。

130630.新大久保・おんどる0075

■それでは、一口食べてみます。

むむむ、、、


おお、これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


魚介由来のいいダシが出ていますね~! そこに適度な辛さが加わって、旨味を増しているようです。

具材のあさりや烏賊を口に入れると、ダシの美味しさが倍加するような感覚がありますね。

また、豆腐や半固形化玉子を食べると、辛さがマイルドになり、甘味さえ感じる味わいになります。

付いてきたご飯を途中から投入すると、極上の旨辛おじやの完成です。

ご飯をすくうスプーンの手が止まりませんね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【キムチチーズチヂミ(ハーフ)】(980円)
130630.新大久保・おんどる0076

■追加料理の2品目は“キムチチーズチヂミ”です。

メニューでは、「チーズがトロ~っと!キムチの辛さとチーズの風味がよく絡まった絶品チヂミ!」と紹介されています。

チヂミと言えば、海鮮チヂミかニラチヂミが一般的だと思っているのですが、説明文にある“絶品”という単語に惹かれ、“キムチチーズチヂミ”にします。

130630.新大久保・おんどる0079

■それでは、何も考えずに一口食べてみます。

むむむ、、、


おっ、これも美味しい~! ヾ(*´∀`*)ノ


表面がパリッとしていないし、切り離すだけでチーズがびよーんと伸びるので、決してチヂミっぽくはありません。

でも、韓国風ピザを食べているようで、紹介文どおり、キムチの辛味と旨味、チーズのコクと風味がすごくマッチしていて激ウマです。

途中でキムチの白菜がしゃきしゃきいう食感やさっぱり感が、チーズのねっとり感とコントラストになっていて、食べていて面白いですね。

おまけに、ガッツリと食べ応えがあって、お腹に溜まる感じがします。

これなら、若い人を中心に、人気メニューになること間違いなしですね~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

■総括としては、今日は定番料理2品と創作料理1品を食べましたが、どれも期待をしっかり上回る美味しいものです。

これなら、他のメニューを頼んでも、安定した味の美味しい料理を出してくれそうですね。

トータルのコスパの点になると、お値段がやや高く感じることと、時間制だったり、お店がべたべたしていたり、店員さんに元気がなかったりと、ちょっと難しいものがあります。

自分は韓国料理店のデータが少なく、比較対象があまりないので断定できませんが、一般飲食店と比べるとコスパは良いとは言えず、やや観光地価格に近いものがあると思います。

でも、そこを逆手にとって、飛行機に乗らずに韓国に行ったと思えば、料理自体は美味しいので、十分楽しめるのではないでしょうか。

韓流の聖地・新大久保で一番流行っているお店に行ってみたい!という方には、おススメですよ~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん^^
おはようございま~すv-222v-16

サムギョプサル最高~!ですね~~!
もう。。。参ったわ~!
朝から、この画像にKOされました^^

これは絶対に行かなくっちゃね~!^^

韓国料理バンザ~イ!

素敵な記事でした。。。

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
今回の韓国料理は、豚ちゃんをメインにしてみました。
サムギョプサルって、初めて食べる時は、見た目から強烈ですよね。
自分の場合、学生時代にアメリカでTボーンステーキを初めて見た時もビックリしましたが、新大久保のサムギョプサルもかなりたまげました。(7、8年前に新大久保で初めて見ました。)
これって、自宅でも出来るんでしょうかね?フライパンだと油切れが悪いんでしょうか?
何気に今度、新鮮な豚肉の塊を買ってきて、自宅でやってみようかと思ってます~!
(*^_^*)b

No title

東京の「大崎」をテーマにファミリー向けの情報発信をしています。是非お暇があれば見に来て下さい。主にfacebookで更新してます!
いいね!!を押してくれたらうれしいです。
https://www.facebook.com/osakians

まだコミュニティの礼儀などわかっていないので、
ご無礼があればお許しください。。

今後とも宜しくお願いします♪(^^)

師匠こんばんはー^^

やばい!やばい!ヤバイ!ヤバイ!!

これはやばいですですよ^^

絶対やばいですね…^^絶対美味いでしょうねw

( ..)φメモメモ 行きたくなりました(^-^)

Re: 師匠こんばんはー^^

マサさん、こんにちは~!
先ほど地方出張から戻ったため、お返事が遅れました。スミマセン…

マサさんも、坦々麺はお好きでしたか~♪

辛いラーメン系だと、池袋では“蒙古タンメン中本”が美味しいですよね。一時期ハマっていましたが、今でも好きです。
ずばり坦々麺だと、いままでは飯田橋の“芝蘭”と、湯島の“阿吽(あうん)”がお気に入りだったのですが、今回のお店も、お気に入りリスト入りです。

暑い時期の辛い物は良いですよ~! もし機会があれば、チャレンジしてみてくださいね~♪
(*^_^*)b

No title

たびたび失礼します^^

師匠すいません(^_^;) (おんどる)のほうのコメでしたw^^

出張お疲れさまでしたm(__)m

Re: No title

マサさん、こんばんは~!
私の勘違いですね。いや~オハズカシイデス…(^_^;)
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
131位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html