FC2ブログ

池袋ラーメン店めぐり(その41)=なんつッ亭

2010年4月24日(土) なんつッ亭・池袋店 ~池袋38軒目~

■焦がしニンニクとゴマ油で作った真っ黒な“マー油”が特徴的なこのお店。

ネットや雑誌などでも良く見かけるが、かなりクセが強いのではないかと思っていたので行ったことがなかった。

ただ、池袋探検隊員としては、必ず攻略しなければいけない有名店。

というわけで、今日は体調を万全に整えた上で、とうとう訪問することになった。

100424.池袋・なんつっ亭003

■場所は池袋西口(北口)から、北に向かって5分ほど歩いたところ。

店の看板に、派手派手しい筆文字で“うまいぜベイビー”“よろぴく”などとと書いてあるのですぐに分かる。

お店に着いたのは14:00ごろ。お店の席は25席もあり、時間も時間なので7割程度の席の埋まり方だった。

(対面にある“つけめん椿”は相変わらずの人気で、この時間でも店外に10人ほどの列ができていた。おそらく店内合わせて20人待ちか?)

■食券販売機を見ると、基本的には“ら~めん”“和風とんこつつけめん”“辛味噌らーめん猛烈タンメン鼻血ブー”の3系統がある。(なんて変なネーミングでしょう…)

100424.池袋・なんつっ亭007

今日は“ら~めん(大盛り)”(700円+100円)と“辛味噌らーめん猛烈タンメン鼻血ブー”(800円)“半ぶたまんま”(250円)を注文することにした。

らーめん類の麺は“細麺”と“平打ち麺”から選べるとのことだったので、ら~めんは“平打ち麺”、辛味噌らーめんは“細麺”を選択した。

この店のあちらこちらに様々な“能書き”が書かれていて、机の上にも“ラーメンの食べ方”の説明書があった。

100424.池袋・なんつっ亭014

これをじっくり読みながら待っていると、程なくしてラーメンが運ばれてきた。

【ら~めん(大盛り)】
100424.池袋・なんつっ亭020

■まず運ばれてきて、強烈な黒色のルックスと、マー油の焦がしニンニクの臭いに圧倒される。

まずスープから飲んでみると、白いとんこつスープの部分はかなりクリーミー。

いわゆる九州系豚骨らーめんの王道で、コクと深みもあるもの。けっこう美味しい。

次に、黒い液体を混ぜて飲んでみた。

むむむ、もともと美味しい豚骨スープの味に広がりが出るではないですか~

マー油だけを味見すると、香ばしくてちょっと苦い焦がしニンニクごま油(そのまんま)の味。

だが、豚骨スープに混じると、見た目と違い、味に違和感はまったくなく、スープの旨みが強調される感じ。

100424.池袋・なんつっ亭027

■選択した“平打ち麺”は、さほど太くないもの。味は割と特徴なく普通な感じ。

スープとの絡みはまずまず。

ただ、とんこつ系なので、セオリー通りに“細麺”を選択する方が普通かも…

■トッピングはチャーシュー、もやし、ネギ、のり。(そういえばメンマがなかったような…?)

チャーシューは、もともとそうなのか分からないが、かなり塩辛かった。(あまり他にない感じ。)

■食べ続けていると、スープ自体にはくどさがなく、美味しいので大盛りでも飽きることはなかった。

途中、無料の生絞りニンニクを投入した。とんこつラーメンにはニンニクが特に合いますね~!

100424.池袋・なんつっ亭030

スープは、けっこう塩味が強いので、最後にスープを飲みきるという感じではなかった。

【辛味噌らーめん猛烈タンメン鼻血ブー】
100424.池袋・なんつっ亭019

■妙なネーミングとは違って、なかなか力が入った辛味噌らーめん。

スープはとんこつスープに赤味噌をといた感じで、そこに黒マー油が大量に浮いている。

また、トッピングの一つにおそらく鶏肉を使った“辛肉味噌”があって、これが鶏肉の旨みと若干の辛さを出している。

これを全て混ぜてみると、なかなか重厚感のある赤味噌スープになる。

マー油もら~めんの時と同様、自己主張するというよりは、主役の赤味噌の味の広がりを引き出す役割を果たしていた。

100424.池袋・なんつっ亭025

■選択した“細麺”は、オーソドックスな九州豚骨らーめんと比べると若干太目のもの。

茹で加減は、けっこう硬めで提供されたが、スープのと絡みは良かった。

辛味噌らーめんであれば、“平打ち麺”でも“細麺”でも、どちらでも相性がいいのではないかと思う。

トッピングは先ほどの肉味噌以外は、チャーシュー、もやし、ネギ。

提供時は、もやしの上に白胡麻を擂ったものが載っている。風味出しですね~

全体としては、マー油を使って“なんつッ亭”流に解釈した味噌ラーメン。

他の味噌ラーメンと違うのは、白味噌やあわせ味噌などを野菜とともにを使って、味噌に甘味を出す役割をさせるのではなく、赤味噌で塩辛味を出しているところ。

白いご飯とも合う感じです。

【半ぶたまんま】

ネギチャーシューご飯。ふつうに美味しかった~!
100424.池袋・なんつっ亭024

■総括としては、結構出来の良い、ひとひねりした美味しい九州ラーメン、という感じかな~

この店の特徴である“マー油”自体は思ったよりはクセはなく、スープを美味しくするのに効果的に作用していると思う。

ただ、事前に思ったほどのインパクトがなかったのも確か。。。

おすすめレベルは、隊員、かみさん共に4+(けっこうおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

池袋ラーメン店めぐり(その34)=らうめん煖

2010年4月9日(金) らうめん煖(だん) ~池袋32軒目~

■前回(その33)と前々回(その32)は、訪問暦のあるお店に行ってしまった。

ただし、探検隊である以上、行ったことのある場所に行くようでは探検にならない。

というわけで、池袋で31軒目のラーメン屋に入ることにした。

100409.池袋・暖 (1)

■この店は、池袋東口を出て明治通り沿いに左側に進んだラーメン激戦区のはずれにある。

すぐ近くに“鶏の穴”“一蘭”がある場所。でも独特の外観でラーメン屋だとすぐ分かる。

お店の名前をよくみると、“暖”という漢字が(日へん)ではなく、(火へん)に見えるんだけど、このお店で新しく作り出したイメージ漢字かな…?

■古びた感じを出した木のドアを開けると、暗めの店内の入ってすぐに食券販売機がある。

最上段から下へ、最左側のメニューを読んでいくと、坦々麺、正油ラーメン、魚介だし味噌ラーメン、とんこつラーメン、濃厚魚介だしつけ麺、正油つけ麺、…

100409.池袋・暖 (2)

一押しが“坦々麺”ということはないだろうから、どれが一押しなんでしょう?

ただ、入り口の看板にも出ていた“濃厚魚介だしつけ麺”(840円)という名前が気になっていたので、これを頼むことにした。

食券を店員に渡すと、麺の量を1玉(150g)から3玉(450g) まで選べるとのことだったので、今日は2玉(300g)にした。

【濃厚魚介だしつけ麺】
100409.池袋・暖 (3)

麺はつけ麺には珍しく中細ちじれ麺。

まず、麺をつけ汁に浸けずに食べてみた。ぷりぷりして小麦の香りでおいしい。

つぎに、つけ汁を味わってみた。なるほど魚介の味と風味が強く出ている。

つけ汁に麺を浸けて食べてみた。麺は割と細いがよく汁と絡む。けっこう美味しい。

つけ汁の中には、幅1センチほどに短冊切りしたチャーシューとネギだけが入っていたが、チャーシューはほろほろ溶けるぐらいの柔らかさで、かなり美味しい。

麺の上には、これも珍しく“刻み海苔”が載っているが、これがけっこう良くて、麺を浸けるたびに徐々に海苔がつけ汁に入って風味を増していく。

一つだけ難を言うと、つけ汁がちょっと粉っぽい感じで、舌の上に残るざらざら感だけが良くなかった。

(といいながら、自分としては気に入って、スープ割りまでしちゃったけど…(^-^;;)

100409.池袋・暖 (6)

■全体としてはまとまりがあって、中細ちじれ麺や海苔の出し方など他店と違うポイントもあるが、これはこれで一つの形としていいのではないかと思う。

トータルでけっこう美味しいつけ麺だった。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)で、今度もう一度食べてみたいですね~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

池袋ラーメン店めぐり(その32)=豚骨らーめん博多天神

2010年4月6日(火) 豚骨らーめん博多天神 ~ 池袋31軒目

■東池袋に着いたのは、有楽町線の終電がなくなる夜中の0時30分ごろ。

飲んだ後でお腹が空いて、どうしてもラーメンが食べたくなった。

東池袋の駅から池袋東口ラーメン激戦区に歩いて向かったが、名だたるラーメン屋はほとんど締まっていた。

順番に行くと、まるきゅうらーめん、瞠、我空、狸穴、鳥の穴、暖…

■すると、次の“一蘭”が開いていた。よく見ると“24時間営業”と書いてある。でも、う~ん。決めきれない。

もう少し歩くと、“たいぞう”が出てきた。こちらもさすがに空いている。美味しいけどね…

と、その横に未攻略店がありました!“博多天神”!

探検隊員としては、たとえ美味しい店があったとしても、その近くに未攻略店があった場合にはこちらに入らなければならない!

これが探検隊員が隊員である理由だから~!(^^;;

100406.池袋・博多天神 (1)

■まず値段を見てびっくり!ノーマルの“ラーメン”(500円)。安い!

でも、多くの九州出身者が「ラーメンに1,000円出すなんて馬鹿げている!」と言う。

自分が10年前に博多出張で夜中に食べに行った長浜ラーメンも、確か400円ぐらいだった。

ラーメンとは本来、小腹が空いた時にさくっと食べるものだったことを考えると、こっちの方が正統なのかな?

■2種類違ったラーメンを頼みたかったが、どうもノーマルの“ラーメン”にトッピングの量を変えただけのものしかないようだったので、“ラーメン”と“きくらげラーメン”(600円)を注文した。

【ラーメン】
100406.池袋・博多天神 (4)

【きくらげラーメン】
100406.池袋・博多天神 (5)


まずスープを飲んでみた。

おー!すごくミルキー!で、とっても美味しい!

(酔っていたので塩味にはちょと鈍感だったかも…)

次に、麺を食べてみた。

おー、九州ラーメンの王道!さっぱりとした極細麺。

ミルキーな豚骨スープと極細麺は、当然に組み合わせ、バランスともにバッチリ!

■このラーメンを食べていたら、先述の10年前に行った博多・長浜ラーメンを思い出した。

その時も、夜中の2時ぐらいまでさんざん飲んだ挙句、小腹が空いて行ったのだが、お腹に入っていくラーメンがとっても幸せな気分にしてくれた。

今日もすでに夜中の1時。状況はあの時とすごく似ている。

ミルキーなスープと絡む麺がお腹に貯まるにつれ、心と体が徐々に満たされ、とっても幸せな気分になっていった隊員であった。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)。

コストパフォーマンス賞ですね!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

池袋ラーメン店めぐり(その28)=梅もと

2010年4月2日(金) 梅もと

■南池袋ラーメン激戦区からちょっと奥に入ったところに“梅もと”はある。

このお店は昔から鬼子母神近くに店を構えていて、ラーメン・ブームと関係なく、一定のお客を掴んでいるお店とのこと。

100402.池袋・梅もと017

■前から気になっていた理由は、店の前を通るといつも異常に学生が多いことと、お店の前に飾られたこのディスプレイ(↓)。

100402.池袋・梅もと015

今日初めて分かったが、学生が多い理由は、“つけ麺”の量をいくら増やしても金額が変わらないかららしい。
(ただし、麺を3玉使った“地球盛”以上を注文して食べ残すとペナルティが700円かかる、と店員が説明していた)

店の表示によると、麺を25玉使った“クレーター盛”を完食すると“永久無料券”をくれるらしいのだが、テレビに出てくる大食い選手権出身芸能人(ギャル曽根など)たちでも完食できなかったらしい。。。

100402.池袋・梅もと004

■今日注文したのは“つけ麺(700円)”の中盛り(1.5玉、225g)。しょうゆ味と味噌味が選択できるとのことだったので、今回はしょうゆ味にした。

100402.池袋・梅もと007

スープは熱い状態で供され、味見してみるとしょうゆベースの豚骨スープで甘辛い。
(というか、けっこう甘くて、人によっては好みが分かれるかも。自分はかなり好きな味~♪)

豚肉と豚骨を煮込んだスープがベースと分かるが、今はやりの店と違って、魚介や鶏がらの味は入っていない。

麺は極細麺で、見た目の太さは博多ラーメンの麺と同じぐらいだが、食べてみると博多ラーメンよりも、しっかりしていてこしがある。

トッピングはスープ表面をぎっしりと覆ったゴマと、甘辛味の牛スジ以外は特に入っていなかった。
(この牛スジはなかなか美味しかったが、非常に少量だった…)

100402.池袋・梅もと009

この極細麺が、さっぱりとしたスープとの相性がよく、食べ始めるとどんどん食べられる。

普通のラーメン店に行くと、自分だと麺の量は250gから280gぐらいだとちょうどいいので、中盛り(225g)にしたが、今回は失敗した。

あまりに食べやすいので、満腹中枢が満たされる前に225gを完食してしまった。

大食漢ではない自分でも、少なくとも大盛り(2玉、300g)にすべきで、お腹が空いていたら“地球盛”でもいけそう…

■総括としては、さっぱりして美味しいラーメンです。特に夏に冷し中華感覚で食べるとよさそう。

ウワサどおり、なるほど「唯我独尊」的なつけ麺ですね~!

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)です。ヾ(*´∇`*)ノ

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

池袋ラーメン店めぐり(その18)=節骨麺 たいぞう

2010年3月22日(月・祝) 節骨麺 たいぞう 【おすすめレベル:4+】

■池袋東口のヤマダ電機LAVI池袋・ビックカメラ本店の裏手は、ラーメン屋が密集して立ち並んでいる場所がある。

超有名店はないが、今日行った“節骨麺たいぞう”の30メーター以内だけでも、博多天神、えるびす、日高ラーメン、中華みんみんなど、5件のラーメン屋がある。

この店は、こだわりやセールスポイントを店の外にも中にもひたすら書きまくるので、外でちょっと眺めただけでもどんなラーメンかおおよそ想像がつく。

今日は晴れた日曜日、午後2時だがなかなかの客の入りと回転。ほとんど席が埋まっている。

店の雰囲気はムーディーなジャズなどをかけたおしゃれ系とは違い、津軽三味線のような音楽と、店員の威勢のいい掛け声。これも悪くない。

100322.池袋・たいぞう002

■“たいぞう”のメニューは、大きく分けて(1)節骨らーめん、(2)節骨つけ麺、(3)鶏塩らーめんの3系統があり、それぞれに玉子、チャーシューなどトッピング増量による違いがる。

この他には、辛濃坦々麺や季節限定らーめん(春季限定は“たいぞうジャンクまぜそば”)がある。

一押しは“節骨こってりらーめん”(780円)で、魚介スープに黒豚豚骨スープをあわせたWスープに豚の背脂を加えたとってりスープ、と紹介されていたのでこれを注文した。

100322.池袋・たいぞう007

■スープは魚介豚骨と紹介されていたが、魚介臭を感じないぐらい豚骨中心の味。

ただ、スープには鶏がらのような“とろみ”があって、さっぱりした良いコクが出ていて、飽きない味にしている。

また、“こってり”と謳っている背脂は適度な量で、さっぱり目のスープとバランスが良く、最後まで食べてもしつこさを感じさせない。

麺はこしのある中太麺で歯ごたえもよく、とろみのある豚骨スープとのコンビネーションはGOOD!

トッピングも秀逸で、とろける薄切りチャーシューや太目めんまも良かったが、とろっとした半熟の味玉は今まで食べたどのラーメン屋よりも美味しかった。

机の上にはにんにくと、にんにくクラッシャーが置いてあって、店の紹介ボードにも“節骨こってりラーメン”にはにんにくをクラッシュするとまた違う味わいがある、と説明されていたのでやってみた。

いっそうパンチが出て、メリハリがついたなかなかいい味へと変化し、これはこれで楽しめた。

■総合的には、トータル・バランスがかなり良好!と言えそう。

普通にラーメンを食べたい時や、飲んだ後の締めにラーメンを食べたい時に、その期待に十分応えてくれそうで、リピートしたくなる総合力。

★おすすめ度は5(かなりおすすめ)に近い4(おすすめ)と言ったところでしょうか。


人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
242位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html