FC2ブログ

やすべえ〔2回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その91)

『辛いのに甘酸っぱい不思議な味~♪』

   ~つけめん屋やすべえ・池袋店

■今日は、“つけめん屋やすべえ・池袋店”を訪問します。

隊員にとっては2回目(水道橋店を含めると3回目)、隊長にとっては初訪問になります。

週末ともなると、何時に行っても行列なのでいつもパスしていたのですが、大震災の影響で空いていたので訪問してみます。

■“やすべえ”と言えば、看板メニューの“つけ麺”が、老若男女問わず人気のお店です。

甘酸っぱさを基本としたつけ汁の味は、たしかに誰の口にも合いそうです。

お店の方でも、“つけ麺”には絶対の自信があるようで、やすべえのHPでは次のように紹介しています。

***************************************************
当店の名物、つけ麺は野菜の「旨み」、肉の「コク」、魚の「ダシ」が融合した至高の味わい。

絶妙な歯ごたえの麺は自家製麺を使用。

最後まで美味しく召し上がっていただくために水分を多く絡ませています。並盛り・中盛り・大盛りいずれも同じ価格です。
***************************************************

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 007

■お店は都内に9店舗あり、高田馬場、池袋、下北沢、渋谷、水道橋、練馬、新宿、赤坂、秋葉原にあるそうです。

このうち、食べログだと渋谷店(第50位)、池袋店(第65位)、新宿店(第81位)が、東京都の人気ランキングベスト100に入っています。

3店もランクインするなんて、なかなかやりますね~♪

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 027

■メニューは、つけ麺、みそつけ麺、辛味つけ麺、辛味みそつけ麺、醤油らーめん、塩らーめんの6種類です。

辛いものに目がない隊長は、“辛”という文字を見つけた瞬間、辛味つけ麺か辛味みそつけ麺の二択をはじめます。

隊員が“つけ麺”を選んだので、違いをつけるため、“辛味みそつけ麺”(820円)を選択してもらいました。

お腹が空いた隊長は、中盛り(330g)にチャレンジします。 ダイジョウブカナ…?

【辛味噌つけ麺】
110312.池袋・つけめん屋やすべえ 013

■まずは、太ストレート麺から食べてみます。

このクリーム色をした、見た目つるつるの太麺は、“やすべえ”のつけ麺すべてに共通に使われています。

実際の食感もつるつるで、適度な噛み応えです。一番の特徴は、素晴らしい喉越しです。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 016

■続いて、普通の“つけ麺”のつけ汁よりも一回り大きい器に入ったつけ汁を味わってみます。

むむむ、これはなかなか複雑な味わい~!

ベースは、甘味・酸味・辛味のバランスが良い“つけ麺”のスープと同じようです。

そこにさらに肉味噌、辛味エキス(一味唐辛子?)を投入し、さらにラー油を掛けています。

“つけ麺”のつけ汁の甘味・酸味・辛味の構成のうち、“辛味”を強調したバージョンと言えそうです。

辛さ自体はそんなに辛過ぎず、辛い物が苦手な隊員でも普通に食べられる程度です。

“つけ麺”のつけ汁も美味しいのですが、こちらの方が更に複雑な味で、更に美味しく感じます~!

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 014

■パワーアップしたつけ汁の、太ストレート麺との相性はバッチリです。

つけ汁に適度に固形物が入っており、粘度・油分もそこそこあるので、太麺にしっかり絡みます。

パワーバランスから言うと、“つけ麺”しか食べていない時は、“つけ麺”の麺とつけ汁のバランスは良いと思っていたのですが、こちらの方がもっと良い感じがします。

この太ストレート麺は、かなり個性の強いつけ汁を合わせても、受け入れることができるんですね~♪

■具材は、肉味噌、茹で野菜、メンマ、輪切り白ネギ、ゴマです。

茹で野菜は、キャベツ、もやし、玉ネギなどで、辛味みそスープが染みてとっても美味です。

肉味噌は、スープと馴染んで旨みを出すとともに、食べ応えを出しています。

■総括としては、辛味・甘味・酸味のバランスが素晴らしい食べ応えもある激ウマの一杯です。

やすべえは、“つけ麺”だけが売りのメニューで、他は“つけ麺”に飽きた時にだけ頼むものと、勝手に勘違いしていました。

こちらのつけ汁のほうが、味の複雑性も完成度も高く、具材も充実しているので、レベルは上と判断できます。

おすすめレベルは、隊長・隊員の意見一致で最高レベル6★(超おすすめ~!!)です~♪

池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加していますので、
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本〔3回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その90)

『探検隊隊長は北極が好き~♪』

■今日は、辛いもの大好き人間、我が探検隊隊長の先導でラーメン店探検です。

隊長といえば、もちろん辛いラーメン。

こと、池袋に関しては辛いラーメンランキングがあるぐらいです。

110305.池袋・蒙古タンメン中本 002

■隊長の池袋ラーメン店の最高峰と言えば、“蒙古タンメン中本”。

隊長によると、上板橋の“蒙古タンメン中本・本店”よりも、池袋店の方が辛さレベルが高くていいんだそうです。

確かに、辛い物に関してはあまり得意ではない隊員からしても、池袋の方が辛いし、旨みが上のような気がします。

110305.池袋・蒙古タンメン中本 007

■メニューに関しては、隊長と隊員とではレベルが違うので、分担してメニュー踏破を目指しています。

でも隊長は、今までに北極ラーメン(辛さレベル9)、冷やし味噌ラーメン(辛さレベル10=MAX)を食べてしまいました。

これ以上辛いメニューがないのですが、本店で食べた“”が辛くなくて不満だったので、今日は改めて辛いメニューということで、“北極ラーメン”(800円)を再食します。

想像しただけで、頭皮から汗が出るとともに、唾液が出てきます。。。(パブロフ状態デス…)

【北極ラーメン】
110305.池袋・蒙古タンメン中本 009

■まずはスープから味わってみます、と言いたいところですが、無理です…( ^-^;)

このラーメンは、麺や具材と一緒でないと、スープを味わうことはできません。

写真の色をご覧ください。実際に食べてみても、見たまんまの激辛です。。。

■では、薄小麦色をした中太ストレート麺を食べてみます。

う~ん!激辛スープとのコントラストの関係で、小麦の甘さと風味が強調されます。

適度な食べ応え、重さのある美味しい麺です。これが辛いスープと合うんですよね~!

だんだん辛さに慣れてくると、辛さの奥にあるスープの旨みやコクに気づき始めます。

こうなったら“北極ラーメン”の魅力に完全に嵌った状態です。

旨みを感じ始めるころには、普通盛りの麺は残り少なくなっています。

辛さが食欲を刺激し、加速を増しながら食べ続けると、麺はすぐになくなります。

110305.池袋・蒙古タンメン中本 011

■激辛スープには、適度なとろみがあり、中太ストレート麺にしっかり絡みます。

北極ラーメンの場合は、麺はすすってはいけません。(←今後チャレンジする方には、重要ポイントです!)

麺とともに、唐辛子の辛い空気をすすってしまうと、器官に辛い空気が入って、必ず咳き込んでしまいます。

なので、北極ラーメンの麺は、舌で掬い上げながら食べるんです!(笑)

110305.池袋・蒙古タンメン中本 010

■具材は、茹でもやしと豚肉です。

茹でもやしは、しゃきしゃき感で食感を変えるとともに、激辛スープの辛さを和らげる重要な役割を果たしています。

豚肉は、コクのある激辛スープをさらにコク深いものにしてくれます。

■総括としては、ただの激辛ラーメンをあらゆる意味で凌駕する、計算しつくされた激旨辛ラーメンです。

ベーススープが旨いからこそ、激辛に慣れたあとでも、どんどん食べられるんですね。

辛さとのコントラストの中で麺の美味しさを味わえる、麺とスープの組み合わせの良さも光ります。

最近辛いラーメンが好きになってきた隊員の意見も含め、おすすめレベルは6★(超おすすめ~!!)です。

お読みいただいてありがとうございます~!

池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加していますので、
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処ほん田(西武百貨店)=池袋ラーメン店めぐり(その94)

『お気に入りラーメン店が、池袋にやって来た~♪』

   ~西武百貨店・麺処ほん田

■今日は、地元・池袋を探検します。

と言っても、お店に行くのではなくて、百貨店の催事に行ってきます。

ゴールデンウィークに合わせて、西武百貨店が食べ物の催事を企画し、有名ラーメン店を引っ張ってくるからです。

■池袋には、東口に西武百貨店、西口に東武百貨店があって、あらゆる面で張り合っています。

売り場面積は東武の方が広くって、売上は西武の方が上だったような。ともに本店なので、メンツを賭けています。

食品催事をする場合でも、より人気の高いお店を誘致すべく、両者しのぎを削っているようです。

■過去の催事では、次のようなお店が来ていたので、探検隊も行ってみました。

東武百貨店・池袋本店 ~【川越】頑者

西武百貨店・池袋本店 ~【松戸】中華蕎麦とみ田

“頑者”と言えば、現在最も人気のあるラーメンジャンル、濃厚魚介豚骨の開祖とも言うべき存在。

“とみ田”と言えば、六厘舎本店なき後、日本で最も人気のあるラーメン店と言っても過言ではない存在。

う~ん、両者とも、かなり強力なお店を引っ張ってきますね。。。いい勝負です!

110429.池袋西武・麺処ほん田_0000

■今回の西武百貨店の企画は、『第10回 人気話題の味紀行 全国の味・逸品会』と銘打って、2店のラーメン屋が出店します。

(前半週)4月21日(木)~28日(木)【新小岩】麺屋 一燈

(後半週)4月29日(金)~5月5日(木)【東十条】麺処 ほん田

2店とも“麺屋こうじ”グループのお店で、ラーメン・つけ麺の味に“切れ”があるし、人気も飛ぶ取り落とす勢いという点で共通であり、納得のセレクションです。

本当は、前半週の“麺屋 一燈”の“特製(塩)芳醇香味そば”も食べに来たかったのですが、残念ながらタイミングが合いませんでした…

110429.池袋西武・麺処ほん田_0004

■食品催事のイートイン・コーナーは、昼時12時台はラーメン目当てではない人も参戦するので、めちゃくちゃ混みます。

そこで今日は、あらかじめ食事時間を外して、13:30ごろに7階の催事場に着くように出かけました。

“麺処 ほん田”のコーナーに行くと、狙い通り行列は短くて、20人ほどが並んでいました。

席の設定が30席前後あるので、すぐに順番が回ってくるはずです。実際、13:50には席に着くことができました。

110429.池袋西武・麺処ほん田_0007

■今回のメニューは、“濃厚豚骨魚介つけ麺”(751円)のみで、味玉つき(+100円)と大盛り(+100円)の設定があります。

隊長は“味玉付き”、隊員は“味玉付き大盛り”を注文しました。

久しぶりに“ほん田”のおはこ・濃厚魚介豚骨メニューを食べるので、とっても楽しみです~♪

【濃厚豚骨魚介味玉つけ麺】
110429.池袋西武・麺処ほん田_0011

■まずは、くすんだクリーム色をした極太ストレート麺を食べてみます。

う~ん! しっかりとした歯応えのあって、噛めば噛むほど、小麦の香りと甘みが味わえる麺です。

食感的には、麺の表面はつるつるで、水での締め具合、水切り具合もしっかりしています。

(厨房の脇には、この麺のメーカー“心の味食品”の通い箱がうず高く積まれています。)

110429.池袋西武・麺処ほん田_0013

■続いて、見るからに濃厚なスープを味わってみます。

おお! 初めの一口で魚介風味がふわっと広がって、後からしっかりした豚骨の旨味・コクが追いかけてきます。

甘味・酸味・辛味のバランスも良く、美味しいですね~♪ 投入されている柚子皮片が、さっぱり感を演出しています。

ちょっと気になったのですが、東十条の本店と比べると、スープの味付けが塩気が若干強めの感じがします。

もしかすると、誰にでも分かりやすい味に調整してあるのかな…?

110429.池袋西武・麺処ほん田_0014

■濃度の高いスープは、極太ストレート麺にしっかり絡みます。

つけ汁にしっかり浸けて麺を食べた方が、麺の小麦の香りが更にしっかり香る感じがします。

この点で、麺とスープの相性は良いと言えますね~

大盛りは見た目以上に量があって、食の細い男性だと、けっこう頑張らないと食べ終わらないぐらいはあります。

つけ麺を食べる時は、だいたい300gを目安にしている隊員も、終盤スピードが落ちました…( ^-^;)

110429.池袋西武・麺処ほん田_0016

■具材は、チャーシュー、メンマ、味玉、刻みネギです。

一番の目玉は味玉です。“麺処ほん田”オリジナルのブランデーに浸けたもので、風味が奥ゆかしくて、超美味です!

チャーシューはちょっと貧弱で、短冊チャーシューを更に小さくサイコロ型に刻んだものが少量入っています。

このあたりは、本店とはかなり差が出てしまいますね…

■総括としては、初めて食べた人でも、単純に美味しいと思えるような、分かりやすい味の濃厚豚骨魚介つけ麺です。

ただ、“麺処ほん田”の本店で食べる“”とは、いろんな面でかなり違っているようです。

百貨店の催事のラーメン・つけ麺だと、調理条件が違うので、本店の味にはなかなか敵わないんでしょうね。

厨房設備も十分には整っていないし、店主本人が作っているわけではないし、大量のお客さんに対応するためにうまく現場を回さなければならないし。。。

こういった不利な条件が重なってしまうので、“ほん田”のつけ麺のイメージは味わえますが、店主が作る本店の味と比べると80%の出来、といったところでしょうか。

そのぐらい、“ほん田”の店主・本田氏が本店で作る入魂の一杯は、オーラが注入されていて美味しいんですよ~!

この一杯は、これはこれで十分美味しいので、このゴールデン・ウィークに池袋で食事をされるようでしたらいかがでしょうか。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ~)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

瞠miharu〔4回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その93)

『さっぱりした魚介風味の油そば~♪』

   ~らーめん瞠(miharu)

■今日は、池袋でお昼ごはんです。

2011年に入ってからスタートした、池袋ラーメン店・ベストセレクションの第9軒目です。

これまで回ってきたお店をおさらいすると、こんな感じです。

1軒目 馳走麺 狸穴
2軒目 (麺屋武蔵 二天) ~味の再確認のために訪問
3軒目 (ラーメン二郎・池袋東口店) ~ジロリアン化しつつある隊員の単独訪問
4軒目 BASSOドリルマン
5軒目 鶏の穴
6軒目 蒙古タンメン中本
7軒目 つけ麺屋やすべえ
8軒目 麺処花田

カッコ書きのお店以外は、ラーメン通の方々に勧めたとしても間違いがないお店ばかりです。

■この次に来そうなのは、“瞠 miharu”“つけ麺 椿”“鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう”“我家”辺りでしょうか。

せっかくの休日なので、探検隊本拠地から遠い池袋駅北口の大行列店“つけ麺 椿”まで散歩がてら行っています。

訪問すれば昨年8月以来の3回目です。お店に近づくと、ラッキーなことに行列がありません。

やったー!と喜んだのも束の間、店頭には“地震の影響で材料調達が困難なため暫時閉店”との張り紙が…

110320.池袋・瞠 001

■気を取り直して、“瞠 miharu”を訪問します。こちらは昨年6月以来の4回目の訪問です。

お店はJR池袋駅東口を出て、サンシャイン60通りを東急ハンズまで歩き、左折して首都高の下の道を100mほどいった左手にあります。

お店に着いたのは14:00過ぎ。お店は何とか開いていました。゜*。(*´Д`)。*°ヨカッタ…

カウンター席が12席あるのですが、満席で6人ほどがベンチで待っていました。

110320.池袋・瞠 003

■お店のメニューは、以前からあった“らーめん”“つけめん”“あぶらそば(味玉付き)”に“チリトマトヌードル”が加わっています。

今まで3回の訪問では、“らーめん”と“つけめん”しか食べていないので、今日は“あぶらそば”(800円)を食べてみます。

麺の量について聞いてみると、並盛りで少な目の180gとのことだったのですが、大盛りにはしませんでした。

ちょっと足りないかな~? 微妙です。。。

【油そば】
110320.池袋・瞠 016

■“あぶらそば”なので、まずは見た目からチェックしましょう。

短冊形チャーシュー、味玉、メンマ、刻み玉ネギ、輪切り青ネギ、かつお節、揚げニンニクです。上から七味が掛けられています。

麺は“つけめん”に使われているのと同じ、中太平打ちストレート麺です。

麺の下には、醤油ベースのスープが見えます。スープの量は多めですね。

110320.池袋・瞠 019

■それでは、まぜまぜしてみます。

スープの粘度が低いようで、混ぜるとスープが簡単に麺全体に行き渡ります。

さっそく一口食べてみます。 う~ん!

魚介の香りがほんのりして、柔らかい醤油ベースの味がします。

110320.池袋・瞠 021

■油がきつくないので、ラーメンのようにつるつるとすすることができます。

さすがあぶらそば、刻み玉ネギ、青ネギ、ニンニク、七味がランダムに口に入るので、一口ごとに味が変わります。

この一口ごとに変わる味が、あぶらそばの最大の美点ですね~!

他のメニューと共通具材のジューシーな短冊チャーシュー、味の染みたメンマ&味玉、海苔も、口に入れる度に味が変化し、一口ごとに楽しくなります。

110320.池袋・瞠 020

■あぶらそばを注文すると、他の多くの店と同じく“酢”と“ラー油”が出てきます。

これとは別に、カウンターの上には、お店の試作品の“食べるエビ油”が置かれています。

ラスト3分の1ぐらいになったので、酢・ラー油・エビ油を投入してみます。

するとどうでしょう!もともと食べやすかった油そばに酢のさっぱり感が出て、更に食べやすくなりました。

ラー油の辛味とエビ油の香ばしい香りも加わって、更に一口ごとが楽しくなりました。

こんなことなら、もっと早く投入しても良かったですね~♪

110320.池袋・瞠 023

■総括としては、さっぱりとしながらも、魚介の風味を楽しむことができるバランスの良いあぶらそばです。

油がきつくてしつこくなってします油そばが多いのですが、この一杯は油がきつすぎず、スープがしっかりしているので、しつこさを感じることなく食べ続けられます。

具材・薬味がバラエティに富んでいて、最後まで飽きさせない、なかなかの一杯に仕上がっています。

こんなに食べやすく美味しいなら、大盛りにすればよかったと後悔してしまいました… 

ショボ━(´・ω・`)━ン

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ)です~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

鶏の穴〔3回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その89)

『見た目と違ってすごく辛いんです~!』

  ~鶏の穴

■今日は、探検隊のお気に入りの一つ、“鶏の穴”を訪問します。

半年振りぐらいに訪問するので、すごく楽しみです。

ポタージュのような鶏スープが頭に浮かんで、食欲がふつふつと湧いてきます。

100605.池袋・鶏の穴001

■久しぶりに食べログで、池袋のランキングを確認してみましょう。

人気順ランキングの第20位までですが、探検隊はもちろんすべて訪問済みです。

今回は、池袋グルメ探検隊のコメント入りでどうぞ。(おすすめ店には、★を付けちゃいます。外しませんよ~!)

第1位 屯ちん・池袋本店 …東京豚骨というジャンルを確立。背脂ちゃっちゃ系。
第2位 瞠・池袋店★ …魚介にウェイトを置いた洗練された濃厚魚介豚骨。
第3位 蒙古タンメン中本・池袋店★ …辛旨日本一を標榜。実際も激辛、激ウマ。
第4位 麺創房 無敵家★ …バランスが良く、安定感のある濃厚豚骨。行列の長さは池袋No.1。
第5位 東池袋大勝軒 …言わずと知れた老舗。つけ麺の開祖。
第6位 馳走麺 狸穴★ …濃厚魚介豚骨の最終形。探検隊推奨店No.1。
第7位 麺屋 ごとう …旧東池袋大勝軒を継承。信者多し。
第8位 つけめん屋やすべえ …老若男女幅広く人気の甘酸っぱ系あっさりつけ麺。
第9位 ラーメン二郎・池袋東口店★ …ジロリアンの北の聖地。黙々とひたすら味わうべし。
第10位 まるきゅうらあめん …濃い味付けの塩ラーメンが人気。
第11位 光麺・池袋本店 …安定した濃厚豚骨。女性にもターゲットを拡大し、デザートも充実。(*)
第12位 鶏の穴★ …ポタージュのような旨み凝縮鶏スープ。
第13位 つけ麺 椿★ …濃厚魚介豚骨形の中でも、特に濃厚で旨みがしっかりしたつけ麺。
第14位 ばんからら~めん …脂を大量投入し、ひたすらパワフルを追及。
第15位 創新麺庵 生粋。池袋本店 …異色の焼き秋刀魚ラーメン。
第16位 麺処 花田★ …完成度が高いニュータイプの濃厚味噌ラーメン。
第17位 なんつッ亭・池袋店 …マー油投入豚骨ラーメン。
第18位 一蘭・池袋東口店 …オーソドックスな博多豚骨ラーメン。話をせず孤高に味わうべし。
第19位 麺屋武蔵 二天  …メニューリニューアル後、バランス良好。
第20位 光麺・池袋西口店 …(第11位(*)と同じ)

110227.池袋・鶏の穴 002

■このお店のメニューは、すべて鶏系スープで、白鶏らーめん(濃厚白湯スープ)、赤鶏らーめん(辛味スープ)、つけめん(白湯スープ)の3種類です。

辛い物に目がない隊長は問答無用、辛味スープの“赤鶏らーめん”(720円)です。訪問3回連続です。

隊長・隊員とも、すごくお腹が空いていたので、大盛りにしようか迷ったのですが、代わりに名物“鶏めし”(300円)を注文します。

【赤鶏らーめん】
110227.池袋・鶏の穴 014

■まずは、スープから味わってみます。

むむむ、意外にも一口目から、めっちゃ辛い~!見た目が全く辛そうに見えないので、すごいギャップです。

隊員はすぐに反応しておでこから汗が出てきますが、隊長は平気で、このぐらいが良いんだそうです。

じっくりスープを見ると、一味唐辛子が見えます。トッピングの鶏そぼろもピリッと辛いですね。

辛いながらも、ベースのスープは“白鶏らーめん”と同じ、美味しいポタージュ系濃厚鶏スープです。

鶏と野菜を骨が解けるまで炊き上げ、摩り下ろしジャガイモ&コーンでとろみを付けたものです。

端的に表現すると、“濃厚ウマ辛鶏スープ”とでも言ったところでしょうか~♪

110227.池袋・鶏の穴 016

■続いて、中ストレート麺を食べてみます。

これも“白鶏らーめん”と共通で、適度な噛み応えの素直なストレート麺です。

噛んだ時の、小麦のほのかな香りと甘味が美味しい麺です。

■辛味の入った濃厚鶏スープは適度なとろみがあり、中ストレート麺にしっかり絡みます。

辛味が入って更に個性的になったスープには、素直な性格の麺が良く合います。

麺がスープを引き立てるような、ラーメンの構成です。

110227.池袋・鶏の穴 015

■具材は、鶏チャーシュー、鶏そぼろ、メンマ、わけぎです。

鶏スープなので、鶏チャーシューとスパイシーな鶏そぼろは、もちろんぴったりです。

スープが濃厚なので、アクセントのわけぎが良い役割を果たしています。

【鶏めし】
110227.池袋・鶏の穴 018

■この“鶏めし”は、牛丼のように、醤油、酒、砂糖で味付けされているようです。生姜も入っていますね。

味の染みた鶏肉は柔らかくて、肉に付いた皮の脂身がジューシーです。ごはんがとっても進みます。

上から振り掛けたわけぎ&白ゴマ、鶏と一緒に煮た玉ネギ、生姜が効いています。

■総括としては、このお店の看板メニュー“白鶏らーめん”と見た目・構成要素はほぼ同じですが、本格的な辛さで全く違う一杯になっています。

ベースとなっている“白鶏らーめん”の、スープ、麺、具材の各要素のレベルが高く、要素間のバランスが良いので、ひとひねりしても完成度は高いままなんでしょうね。

おすすめレベルは、引き続き6★(超おすすめ~!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
215位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html