FC2ブログ

つけ麺屋ひまわり=高田馬場ラーメン店めぐり(その11)

つけ麺屋 ひまわり

■高田馬場の探検は今回で11店目となり、地元“池袋”探検に次いで、深みに入ってきました。

今日は食べログの口コミの内容を見て、美味しそうなお店を探すことにしました。

すると、“こってりつけ汁、ぴかぴか麺。文句なしに旨いつけ麺。”というコメント見出しを発見。なんとなくビビっと来たので、そのお店を探検することにしました。

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (2)

■お店の名前は“つけ麺屋 ひまわり”。食べログだと高田馬場エリアで、人気順ランキング13位、点数順ランキング11位となっています。

お店は、JR高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田通りを左手の方向(西向き)に進んだすぐのところにある“さかえ通り商店街”を100mほど入った左手にあります。徒歩2分ほどで着きます。

お店に着いたのは13:45ごろ。カウンター席10席、テーブル席16席ありますが、この時間でも半分ぐらい埋まっています。お客さんのほとんどは男ばかりの学生グループです(さすが馬場( ^-^;)。

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (5)

■基本メニューは、“つけ麺”と“辛口つけ麺”と“和風とんこつラーメン”の3種類。期間限定で“ラー油つけ麺”がありました。

今日は、隊員は“味玉つけ麺”(830円)、隊長は“辛口つけ麺”です。

店員さんに麺の量を聞くと、並盛り200g、中盛り300g、大盛り400gで同料金とのことだったので、隊員は中盛り、隊長は並盛りにしました。

【味玉つけ麺】
100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (10)

■まずは、きれいな明るい小麦色をした中太ストレート麺から食べてみます。

おっと、これはすごく風味が良いです!さすがつけ麺専門店~!

つるつるした口当たり、もちもちした噛み応えと、滑らかな喉越し。

この美味しい麺の条件を満たしながらも、他店の麺を上回る香ばしい小麦の香り。いい感じですね~!

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (11)

■次に、つけ汁を味わってみます。

豚骨スープに魚介の出汁を合わせたスープのようです。そこに海苔の上に乗せられた魚粉が溶け込んで…

むむむ!なかなか繊細なバランスの美味しいスープです。

豚骨と魚介とでは、どちらかというと魚介にウエイトを置いています。濃さは適度で、しつこくありません。

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (12)

■麺とスープは、非常によく絡みます。

麺がつるつるとして食べやすいので、美味しいスープと相俟って、どんどん食べられます。

さすがつけ麺屋というだけあって、高いレベルでバランスが取れていると思います。

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (17)

■具材は、チャーシューと味玉と海苔、ネギ。

チャーシューは、小さくて薄いのですが、ちゃんと炙られていて、香ばしさとジューシーさがあって美味しいです。

メンマは、穂先メンマでしょうか。かなり細いものの、味がしっかり染みています。

意外にも、味玉がなかなか美味しくて、醤油ベースの味付けも良かったし、味の染み具合がいい感じでした。

100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (6)

■いいペースでつるつる食べていたのですが、スープの濃度が超濃厚というわけではないので、後半は薄さを感じてきます。

そこで、卓上にある“魚粉”を投入します。すると、適度な濃度が復活し、続けて美味しく食べられます。

更に進んだときに、これも卓上にある“玉ネギみじん切り”を投入して気分転換を図ります。

この2つの薬味は良いですね。このつけ麺と合っているし、最後まで楽しく食べるのに大いに貢献します。

■総括としては、なかなか美味しい“魚介豚骨つけ麺”に仕上がっています。

小麦の香ばしさが光る中太麺に、オーソドックスだが破綻のない出来のいいスープが、高いレベルでバランスしています。それぞれの具材も、しっかりとした仕事を感じさせるものです。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です。

【辛口つけ麺】
100821.高田馬場・つけ麺屋ひまわり (13)

ベースは“つけ麺”と同じようです。

“つけ麺”に、唐辛子や小エビなどを混ぜ込んだ辛味調味料を投入したもので、適度な旨みがでています。

辛さとしては、隊員でも食べられるレベルのおとなしいもの。激しい辛さではなく、“旨辛い”味わいに仕上げられています。

隊長によるおすすめレベルは5(かなりおすすめ!)とのことでした。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らあ麺 やったる!=高田馬場ラーメン店めぐり(その10)

らあ麺 やったる!

■今日は、ちょっと変わったラーメンを食べたいなぁ、と考えながら、『噂のラーメン2010(首都圏版)』(麺喰倶楽部編・日本出版社)をぱらぱら見ていました。

すると、“パスタ感覚で楽しめる油明太マヨネーズそばは女性にも人気”というフレーズが飛び込んできました。

油そば自体は、そんなに好きではないというか、年齢を考えると体が持たないのですが、お腹が空いているとこのフレーズはぐっと来ます。

■このお店は、高田馬場にある“らあ麺 やったる!”というお店で、食べログの“池袋~高田馬場・早稲田”エリアだと、点数順ランキング75位、人気順ランキング84位となっています。

店舗のオープンのデータを見ると、なんと2001年3月開店とのこと。この激戦区で10年健在ということ自体、なかなかすごいですよね。

ちょっと期待できそうです。

100813.高田馬場・らあ麺やったる!011

■お店の場所は、JR高田馬場駅・早稲田口から出て早稲田方面に歩き、一つ目の交差点を左に曲がって、一つ目の小道を右に入ってすぐのところにあります。徒歩2分ぐらいです。

お店に着いたのはお昼の12:00ごろ。カウンター11席は常に8,9席埋まっている感じでした。

今日は最初から特定の“油そば”メニューを食べに来ましたが、このお店のもともとの売りは、“とんこつラーメン”です。

“らあ麺”の味は“醤油とんこつ”と“塩とんこつ”から、麺は“太麺”と“細麺”からそれぞれ選ぶことができます。

100813.高田馬場・らあ麺やったる!005

バリエーションもかなりたくさんあったので、次回再訪することがあればチャレンジしたいところです。

■狙いの“油明太マヨネーズそば”(750円)を注文するわけですが、現在開店10周年サービス中らしく、店員さんに麺の大盛りまたは玉子が無料!と言われたので、“味付け玉子”を付けてもらうことにしました。

100813.高田馬場・らあ麺やったる!002

【油明太マヨネーズそば】
100813.高田馬場・らあ麺やったる!008

■まずはじめに、『噂のラーメン2010(首都圏版)』の紹介文をご紹介しましょう。

****************************************************************************************
パスタ感覚で楽しめる油明太マヨネーズそばは女性にも人気。

数種類の油をブレンドして旨みを倍増させた特製油が、小麦の香りを生かした麺とよく合う。

肩ロースを丸々1本使ったチャーシューは脂と肉のバランスが絶妙。
*****************************************************************************************

では、実際にはどんな感じなんでしょう。。。?

■まずは、太ストレート麺を一口食べてみます。

もちもちして歯応えのよい麺で、噛むと確かに小麦の香りがかすかにします。

油を付けて食べて見ると、急に麺の食べ応えにパワフル感が出てきます。

麺の小麦の香りを中心に考えると、油によって引き立つようにも感じます。

■つぎに、具材を一気に全てかき混ぜてみます。

どこの油そばでもそうですが、熱いうちに一気に混ぜないと、混ぜむらができてしまい美味しくないからです。

明太子が混ぜ込まれたマヨネーズが、ダマにならないようにしっかりと混ぜます。

そして食べてみると…

これはけっこう、美味しいですね~!

100813.高田馬場・らあ麺やったる!010

■マヨネーズをたくさん使っているので、ラーメンというよりは、やはり“パスタ”という方が近いかもしれません。

“明太子スパゲティー”のガッチリ・バージョン、という感じです。

麺も太麺で歯応えガッチリ、ソースも明太マヨネーズと醤油と油で食べ応えガッチリです。

もともとマヨネーズ自体、温まると原料のサラダ油が溶け出すので、油そばとの相性が良いとも言えそうです。

■麺の上の具材としては、明太子が混ぜ込まれたマヨネーズ以外には、チャーシュー、味付き玉子、なると、海苔、もやし、ネギがあります。

チャーシューは、直火で炙ったようで、肉の脂身が溶け出していてジューシーです。

醤油味がかすかに染みたサービスの味付き玉子も、モノ自体はわりと普通ですが美味しかったです。

もやしとネギは、こってりして脂っぽい“油そば”にさっぱり感を与えていました。

■総括としては、今まで食べたことのある油そばの中でも、かなり自然に食べられる美味しい油そばです。

自分の印象だと、一般の油そばは濃い目の味付けで味をしっかりとさせると同時に、ニンニクチップや香辛料を使ってインパクトを出そうとするケースが多いように感じます。

ただ、この油そばはそういったインパクト重視ではなく、(ある意味)昔から親しまれている明太子スパゲティーの味付けをラーメンで実現していると言えそうです。

初めて油そばを食べる人にはオススメです~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋さくら(2杯目)=高田馬場ラーメン店めぐり(その9)

札幌らーめん 麺屋さくら(つづき)

■このお店は、高田馬場駅から歩くと7、8分ほどの場所、早稲田通りと明治通りがぶつかる“馬場口交差点”近くにあります。

この交差点にはラーメン店がすごく密集しています。“渡なべ”“三ツ矢堂製麺”“えぞ菊・本店”“つけ麺 宗”“太麺堂”などなど。

もともと学生街なので、学生さんの胃袋を満たすのにマッチした店数になっているんでしょうが、見るからに激戦区ですよね~!

100718.高田馬場・麺屋さくら003

■このお店の一押しの“特選みそ”らーめんを選択して食べてみましたが、もう一杯頼む時にずいぶん迷いました。

メニューがあまりにも豊富だったので、二番目のおすすめが分からなかったからです。

ここでちょっと奇を衒ってみました。

メニューに“つけ麺”というのがあって、“みそ”と“魚介”が選べるとのこと。

味噌ラーメン店の“魚介”つけ麺とは、どういった解釈で表現されているのかな~と、ちょっと意地悪気味に考えて、つい食券販売機の“つけ麺”(800円)のボタンを押してみました。

つけ麺は、麺の量が450gまで同価格ということだったので、300gをコールしました。

【つけ麺(魚介)】
100718.高田馬場・麺屋さくら008

■まず、白ゴマがかかった中ストレート麺から食べてみます。

小麦色をしたつるつる麺で、噛み応えと喉越しが良い麺です。

ちょうど、つけ麺ではやっている中太ストレート麺を一回り細くしたような麺です。

噛むとほのかに小麦の香りがして、かなり美味しいです~♪

100718.高田馬場・麺屋さくら012

■次に、つけ汁を味わってみます。

むむむ~!これは。。。

今まで味わったことがない、面白い味わいです。

製造過程から説明すると、味噌スープを作る時は、もやしなど野菜を中華なべで炒めて、そこにスープを入れ、最後に味噌を入れます。

この過程の最終段階、味噌を入れるステップを省略したもののようです。(もしくは最後に魚介スープを投入したかも。)

しっかり脂が効いた野菜炒めに、コクの深い濃厚豚骨スープが入っている感じです。魚介の風味はちょっと弱いかな。。。

100718.高田馬場・麺屋さくら011

■不思議でコクのあるスープですが、キャラクターが素直な中ストレート麺を入れると、なかなかいい相性です。

穏やかにして適度な脂分をもった魚介豚骨スープがしっかりと絡みついて口に入ってきます。

麺を噛めば小麦の自然な味わいがふわーっと広がって、コク深いスープとマッチします。

100718.高田馬場・麺屋さくら013

■具材は、もやしを中心とした野菜炒め、味玉半分、チャーシュー、メンマ、海苔、青ネギ、白ネギです。

野菜炒め以外に特筆すべきは、やはりチャーシューです。

暖められて、よりジューシーさが増し、ホロホロになるタイプのものです。

■総括としては、野菜炒めの入った(濃厚ではない)魚介豚骨、という新しいジャンルを開拓するような一杯です。

濃厚ではないのですが、かといって物足りなさを感じさせない不思議なパワフル感を感じます。

きっと野菜炒めの脂分と、ベーススープのしっかりとしたコクが、キャラクターが控えめでも美味しさ十分の麺とマッチしているんでしょうね。

この一杯のおすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋さくら(1杯目)=高田馬場ラーメン店めぐり(その9)

札幌らーめん 麺屋さくら

■高田馬場のラーメン店めぐりも今回で9回目。そろそろ探検本格化です。

いままでは食べログの“人気順ランキング”の上から順番に回っています。

第1位 さっぽろ純連・東京店
第2位 べんてん
第3位 俺の空
第4位 二代目海老そばけいすけ・高田馬場本店
第5位 麺屋武蔵 鷹虎
第6位 ラーメン二郎・高田馬場店
第7位 えぞ菊・本店

ただ、ちょっと変化をつけたい時には“点数順ランキング”を参考にしています。

第1位 べんてん
第2位 麺友一誠
第3位 麺屋さくら
第4位 ラーメン二郎・高田馬場店
第5位 さっぽろ純連・東京店
第6位 博多長浜らーめん ぼたん・高田馬場店
第7位 俺の空

けっこう順番が違うところがありますね。

ということで、今日は点数順ランキング第3位の“札幌らーめん 麺屋さくら”に訪問してみます。

100718.高田馬場・麺屋さくら001

■お店は、JR高田馬場駅から行くと、早稲田通りを早稲田方面(東向き)に進んで、明治通りとぶつかる馬場口交差点の手前30mの右側にあります。

お店に着いたのは13:00過ぎ。カウンター12席は7割がた埋まっていました。

メニューは“特選みそ”“みそ辛”“塩カラミジャン”“正油”“塩”の5種類をを基本として、“つけ麺”“みそカレー”“特選みそつけ麺”“油そば”“ユッケジャンつけ麺”とすごくにぎやかです。

100718.高田馬場・麺屋さくら005

どれにするか迷ってしまいますが、探検隊の基本は、券売機最上段最左側です。

“特選みそ”(800円)を並盛(150g)で注文することにしました。

【特選みそ】
100718.高田馬場・麺屋さくら014

■あっつあつで供された、みそらーめんのスープから味わってみます。

むむむ~!深いコク!

カウンターから見えた調理方法は、まずはもやしを中心とした野菜を中華なべで炒めて、そこにスープを入れ、味噌を溶く手順。

その過程で投入されるスープがコクが深く、かつ味噌との相性がいいのでしょう。

モノの本によると、豚骨スープは丸一日じっくり煮込んだもので、“特選みそ”は魚介スープとのWスープなんだそうです。

濃厚でとろみのあるスープは、普通の味噌汁風みそスープとは完全に異なる、頭一つ出た美味しくて深いコクがあります。

■次に、かなり濃い黄土色をした中ちじれ麺を食べてみます。

う~ん、これも美味しい!

しっかり歯応えがあるこの麺は、噛み応えがあり、かつ噛んだ時の風味の秀逸。

これは、北海道の森住製麺から、毎日直送される卵麺なんだそうです。

100718.高田馬場・麺屋さくら017

■麺をスープから直接すすってみると、これが絶妙なハーモニー!

麺を口の中に入れて噛むと、麺の香りが濃く深いスープとシンクロします。

隊員の中では、高田馬場“さっぽろ純連”、市ヶ谷“くるり”、池袋“麺処花田”が三大味噌ラーメンなのですが、それらと並ぶとも劣らない、素晴らしい麺とスープのハーモニーです。

■具材は、もやし中心の野菜炒め、チャーシュー、メンマ、大量の青ネギ、白ネギ、白ゴマなどなど。

特筆すべきはチャーシュー。角煮系のばら肉ですが、あっつあつのスープに温められて、ほろほろジューシーに変化しています。醤油ベースの味付けも程よくて、マヂ美味しいです~!

自分はあまり気づかなかったのですが、他のブロガーの方のコメントでは“生姜”が入っていたようです。

道理で、濃厚な味噌ラーメンなのに、後味がさっぱりしているわけですね~

100718.高田馬場・麺屋さくら015

■総括としては、なかなかの実力のある“みそらーめん”であることが良く分かりました。

丁寧な仕事が、オーソドックスな味噌ラーメンに+αの味わいをしっかりと出しています。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

三ツ矢堂製麺所=高田馬場ラーメン店めぐり(その8)

三ツ矢堂製麺・高田馬場店

■JR高田馬場駅から早稲田通りを東に向かって500mほど行くと、明治通りとぶつかります。

この交差点に数年前から、巨大なつけ麺屋さんができていて、すごく気になっていました。

お店の看板には“有限会社 三ツ矢堂製麺”と書いてあり、新しくできたばかりなのに、レトロチックな面白い雰囲気を出しています。

■調べてみると、このお店はチェーン店のようで、東京・埼玉・長野に10店舗あるようです。

確かに資本力がないと、一等地に突然巨大店舗は作れませんもんね。。。

食べログの“東急線沿線”エリアでは、“三ツ矢堂製麺・中目黒店”が人気ランキング第2位になっているので、味は結構期待できるのかな~? (*^o^*)//

(でも点数順ランキングでは第41位。東急線沿線のラーメン屋は、どれも評価点数が高すぎるのでは?)

100710.高田馬場・三ツ矢製麺所001

■お店に着いたのは14:00過ぎ。店内はテーブル席が結構な数ありましたが、ほぼどの席にもお客がいるぐらいの埋まり具合。なかなか人気ですね~!

お客さんも、子供連れや女性のみのグループもいて、カウンターのみの本気ラーメン屋とはちょっと違う雰囲気です。

■メニューはすごく豊富で、“濃厚チーズソースつけ麺”“とろろ山芋つけ麺”など、面白そうなメニューがたくさんあります。

それでも探検隊は、規律正しく、いつもと同じように、隊員はデフォルトの“つけめん”(780円)、辛い物好きの隊長は“辛しつけめん”(880円)を注文しました。

100710.高田馬場・三ツ矢製麺所011

■この店で面白いのは、麺の量が200gから600gまで同価格ということと、麺の温度を4段階から選べることです。

特に麺の温度に関しては、“業界初「締め分け」提供”と力を込めてアピールしています。

探検隊は、やはり普通に“冷やもり”で注文です。

注文してから5分ぐらいでしょうか。すぐに注文したつけ麺が2つとも出てきました。

店員さんの手際も良くて、さすがチェーン店!と思ったのですが。。。

【つけめん】
100710.高田馬場・三ツ矢製麺所019

■つけ汁の味からコメントです。

豚骨ベースと思われますが、甘酢が入っているのか酸味とが強くさっぱりして、ほのかに甘味もあります。

印象としては、コクはあまりないけど、一般受けしそうな美味しいつけ汁です。

また、“ゆず風味”を謳っていて、柚子皮片が入っており、さらにさっぱりした感じに仕上がっています。

系統としては、“つけ麺屋 やすべえ”を想起させる味です。

■具材には、短冊切りチャーシューとメンマ、ネギが入っており、必要なものがしっかり入っている印象です。

つけ汁とも、同調させてあります。

【辛しつけめん】
100710.高田馬場・三ツ矢製麺所015

■こちらもつけ汁からコメントです。

こちらも豚骨ベースと思われますが、酸味、辛味、甘味が混じっていて、これは独特でかなり美味しいつけ汁です。

特に夏場の暑い時期には、この“三味一体”となったつけ汁に、冷たく締めた極太麺を合わせれば、すごく人気が出ると思われます。

具材も、“つけめん”とほぼ同様で、必要十分の物がしっかり入っています。

。。。。。。

■というわけで、今日は“麺”に関するコメントを書いていませんが、その理由は“アクシデント”(?)が発生したからです。

それは、

「麺が完全に茹で上がっていなかった」のです。

麺を数本食べてみて、直径6ミリほどの中太ストレート麺の中央部2ミリほどが完全に白いままだったので、店員さんに言おうかと思ったのですが、こんな経験がないのでしばらく食べ続けました。

時々ちゃんと茹で上がっている麺もあるのですが、全体の半分ぐらいが芯のある状態でした。

これが最後まで気になって、とても味の判定をするどころではありませんでした。

100710.高田馬場・三ツ矢製麺所021
↑茹で終っていない白っぽい麺と、茹で上がって透明に変色した麺が混ざってます。。。

■隊長はあまり気にならなかったらしく、「このお店の麺は“固茹で”が売りなんじゃないの?」と冗談半分に言っていましたが、博多ラーメン以外で、初めて“バリカタ”に出会ったので、コメントの仕様がありません。

お店のHPや、メニューにある解説によると、この麺の小麦粉を選ぶのに何年もの年月を費やした経緯などが誇らしげに書いてあって、実際にちゃんと茹でてあれば美味しいのかもしれません。

ただ、今年100杯近くの中太ストレート麺のつけ麺を食べているので、今日の麺が失敗作であることぐらいはわかります。

■ラーメン食べ歩きは趣味でやっているので、基本的には後ろ向きの評価はしたくないのですが、このお店の経営者にはチェーン展開の前に、調理担当従業員の教育をしっかりやってもらいたいと思う次第です。

だって、つけ麺屋は“麺の茹で具合”が命ですもの。。。

つけ汁の味は悪くなかったし、麺自体も噛んだ時の風味は割と良かったので、すごく残念です。。。

。゜゜(´□`。)°゜。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
246位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html