FC2ブログ

ムーミン谷へようこそ!=ムーミン・ベーカリー&カフェ@後楽園

『ムーミン谷のカフェでランチ~♪』

   ~ムーミン・ベーカリー&カフェ・東京ドームシティ・ラクーア店 @後楽園

■今日も、食べログのランキングに基づいた食べ歩きです。

このコンセプトで探検をしていると、いろんな事情でなかなか訪問できないお店が出てきます。

・お値段が高い   …これは普通に困ります。記念日に引っ掛けるなど、理由がないとなかなか…
・予約が必要で、なかなか予約が取れない …これはもっと困ります。時に数ヶ月待ちのことも。
・地理的に不便   …これは、対象地域を狭めることで解消可能。
・コンセプトが子供向き …これも意外と困ったもの。スーツのおじさんは入りにくい。

我が探検隊特有の困難要因としては、こんなものもあります。

・バイキング …写真が綺麗に取れない。食べ過ぎてしまい、メタボに悪い。
・飲み屋さん …飲むと、味が分からなくなる。飲みすぎる。写真を撮り忘れる。料理をあまり覚えていない。

今日はこういった困難を乗り越えて、とある地域のランキングめぐりの、最後に残ったワンピースを拾いに行きます。

■食べログの、“秋葉原・神田・水道橋”エリアの“レストラン(ラーメン含む)”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。ぜひ見てみて下さいね~♪)

第1位 うどん 丸香 (うどん)
第2位 カリーライス専門店 エチオピア (カレーライス)
第3位 ボンディ・神保町本店 (欧風カレー、洋食)
第4位 レストラン七條 (洋食)
第5位 キッチン南海・神保町店 (洋食、カレーライス)
第6位 共栄堂 (カレーライス)
第7位 ライスカレー まんてん (カレーライス)
第8位 ラーメン二郎・神田神保町店 (ラーメン)
第9位 ムーミン・ベーカリー&カフェ (欧風料理) <未訪問>
第10位 とんかつ いもや・二丁目店 (とんかつ)

ご覧いただいてお分かりの通り、最後のワンピースは、“ムーミン・ベーカリー&カフェ”です。

休日は遊園地のお客さんでいっぱいで、平日は子供連れのママさん達でいっぱいと、行くチャンスはあっても、なかなか入れませんでした。

今日は、行列に並ぶ覚悟で、隊長とともに突撃してみます~!

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0001
(お店の中央を挟んで、右手がカフェ、左手がベーカリーとなっています。中央部は共通出口になっています。)

■ムーミンって、ご存知ですか? 自分の世代はテレビでアニメをやっていたので知っているのですが。

一応、Wikipediaの解説を引用してみます。

【定義】
ムーミン(典: Mumin、芬: Muumi)は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンのムーミン・シリーズと呼ばれる一連の小説および弟ラルス・ヤンソンと共に描いた漫画作品の総称。もしくは、同作品に登場する架空の生物の種族名。または、主人公(主要な登場生物)「ムーミントロール」の略称。

【設定】
ムーミンは妖精のような生物とされており、風貌はコビトカバに似ている。はっきりと描かれていないが体表面には毛が生えており、直立歩行する。ムーミンは種族名であるが、作中で単に「ムーミン」という場合は主人公の男の子「ムーミントロール」のことを指す場合が多い。

テレビアニメについては、こんな記述がされています。

『ムーミン』は「カルピスまんが劇場」(のちの世界名作劇場)で放映されたテレビアニメシリーズ。1969年版と1972年版がある。原作はトーベ・ヤンソンの同名の小説『ムーミン』シリーズと弟ラルス・ヤンソンと共に描いた『ムーミン・コミックス』。1990年にテレスクリーンが制作し、テレビ東京系列で放映された『楽しいムーミン一家』シリーズとは別作品である。

う~ん、こんな説明で、ムーミンを知らない方に伝わったでしょうか。 ヾ(;´▽`A``

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0014
(店内の様子。お客さんに混じって、何かが席に座っていますね…?!)

■“ムーミン・ベーカリー&カフェ”は、ベネリック㈱という会社が運営しています。

この会社は、日本各地にスタジオジブリのキャラクターグッズを販売する“どんぐり共和国”を運営しています。

他には、“ウルトラマンSHOP”や、LEGO・BANDAIと提携した玩具販売店なども経営しています。

う~ん、食べ歩き人間からすると、料理とは全く関係がいない、意外な会社が経営しているんですね。

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0052
(カフェの反対側にある、ベーカリーの様子。ブルーを基調にした配色が、お洒落な雰囲気のお店です。)

■お店は、地下鉄後楽園駅の駅舎を出てすぐ目の前の、“東京ドームシティ・ラクーア”の1階にあります。

ちょうど、敷地を取り囲むようにして建物が建っているので、敷地中央に入ったところにお店の入口があります。

お店に着いたのは、休日の11:15ごろ。お店の入口には20人ほどの人が行列を作っています。

他のお客さんを見ると、カップルはほとんどいなくて、家族連れか女性同士のペアです。

やっぱり、メルヘン&ファンタジーの世界なんでしょうか。

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0016
(壁のいたるところに描かれている、ムーミンとその仲間たちの絵です。)

■行列に並んでいると、ムーミンの絵柄の入ったプラスチックのコップに冷たいお茶を入れて配ってくれます。

とってもサービスが良いですね~♪

そのうち、メニューも配られ、先に注文をとってくれます。並び始めてから25分ほどたってから、ようやく席に案内されます。

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0020
(空飛ぶボートにには、ムーミンが乗っていますね~♪)

■店内に入ると、天井からは船が吊り下げられていて、そこにムーミンが乗っています。

壁中に、ムーミンたちの絵が書いてあって、ちょっとしたアミューズメント空間になっています。

あと、行列に並んだのに、お客席はいっぱいではないんです。何でかな?と疑問に思っていると、なんとなく答えが分かってきました。

いくつかの席に、ムーミンとその仲間が座っているんです。彼らが席を取っているんですね~

店員さんが、お客さんの構成や配置を見ながら、ときどきムーミンたちの位置を動かしています。

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0003

■ランチメニューは5種類です。メニューの名前からは料理が分からないので、説明書きを読んでみます。

・ムーミンパパランチ(1,300円)    …チキンソテーにフォンドヴォーきのこソースをかけたお肉のランチです!
・キッシュ&スープランチ(1,200円) …自家製のキッシュと日替りスープのワンプレートのランチです。
・ムーミンのオムライス(1,100円)  …ムーミンの形をしたオムライスにサーモンクリームとデミグラスの2色のソースを
                        掛けました!
・フローレンランチ(1,300円)     …日替りサーモンソテーに自家製タルタルソースを添えた女性に人気のランチです。
・パスタ&スープランチ(1,100円)  …日替りのスープと日替りのパスタのワンプレートランチです。

写真を見たイメージで決めちゃいます。

隊員はオムライスの“ムーミンのオムライス”、隊長はチキンソテーの“ムーミンパパランチ”にします。

すべてのランチに、ベーカリーのパン食べ放題が付いてきます。

【パン】
120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0029

■フィンランドのサンタクロースの町・ロヴァニエミの近郊でロッジを営む“ミカルママ”というおばあさんの手作りパンを提供しているんだそうです。

フィンランドの田舎の味は、素朴でやさしい味わいが特徴とのこと。

なるほど、フランスのギラギラした新進気鋭のブーランジェリのパンとはまったく違って、確かに素朴な味です。

イチジクが入ったパンや、小ぶりのベーコンパンなど、なかなか美味しいです。

【ビール】
120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0028

■このお店では、珍しいフィンランドビールが飲めるというので、ランチビールを注文。

ただ、コップに入って来て、銘柄も分からず、おまけに味の違いも分からずじまい。。。

【ムーミンのオムライス】
120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0033

■見た目、もっとも“ムーミン”っぽいという理由で選んだメニューがこちら。

オムライスの両側に、サーモンクリームソースとデミグラスソースが載っています。

ケチャップで書かれたムーミンはそれらしく見えます。さすが、調理師さんは慣れていますね~♪

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0043

■オムライスの玉子は、硬めでビシッとした食感。中のケチャップライスは、具材なしのシンプルなものです。

デミグラスソースは、やや酸味が効いていますが、割りと一般的なお味。

サーモンクリームソースは、無難な味ですが、オムライスとはそんなに相性が良いとは言えない感じです。

普通に美味しく食べられますが、味で勝負のお店と比べるとコメントが難しいところです。

【ムーミンパパランチ】
120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0037

■お腹が空いた隊長が、好物の鶏肉を選択すると、“パパランチ”になってしまいました。

フォンドボーきのこソースが掛かったチキングリルに、サウザンアイランドが掛かったレタス、マッシュポテト、茹でブロッコリーが添えられています。

マッシュポテトは、ポテト以外に、玉ねぎなどの入っています。

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0038

■チキングリルですが、皮は薄めでパリッとしていて、中の鶏肉がもっちりしていて、なかなか美味しいです。

きのこソースには、マッシュルーム、シイタケ、しめじなどが入って賑やかです。

味はけっこう薄目で、隊員は納得レベルですが、隊長はご機嫌斜めでした。

■総括としては、日本では数少ない、ムーミン・ファンのためのアミューズメント・レストランです。

子供の頃にテレビで見たムーミンの世界が大好き!という方はけっこういらっしゃると思いますが、そういう方にはぴったりのお店です。

店員さんのサービスもいいし、気付けばムーミンファミリーを隣りに連れて来てくれる設定など、ムーミンファンやお子様連れには嬉しいですよね。

併設のベーカリーや、ムーミングッズ売り場も、見るだけでも楽しいので、ムーミンファンでない方も話題作りにはいいと思います。

ごちそうさまでした~♪

120505.後楽園・ムーミン・ベーカリー&カフェ0060

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

グルメバーガーの老舗=ファイヤーハウス

『ビッグなアメリカン・バーガーはいかが~♪』

   ~ファイヤー・ハウス @本郷三丁目

■今日もこつこつ、探検隊の集中探検地域である“秋葉原・神田・水道橋”エリアを食べ歩きます。

もともとは2009年のラーメン店探検の際に、“神田駅”付近と“神保町駅”付近を集中開拓しました。

やがてその周りの“秋葉原”“水道橋”などを巡り、ラーメン以外のB級グルメも攻めまくり、気付けば“秋葉原・神田・水道橋”エリアのレストランは、有名どころをけっこう押さえてしまった感じです。

この調子で、どんどん食べ歩いちゃいましょう~♪

■食べログの“秋葉原・神田・水道橋”エリア・全レストラン人気順ランキングは次の通りです。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます。ぜひ見てみて下さいね~♪)

第1位 【神保町】 うどん丸香                  (うどん)
第2位 【神保町】 カリーライス専門店エチオピア      (カレー)
第3位 【本郷三丁目】 ファイヤーハウス           (ハンバーガー) <未訪問>
第4位 【淡路町】 神田まつや                  (そば)
第5位 【神保町】 ボンディ・神保町店             (カレー)
第6位 【淡路町】 めん徳二代目つじ田・神田御茶ノ水店 (ラーメン)
第7位 【淡路町】 かんだやぶそば               (そば)
第8位 【秋葉原】 丸五                      (とんかつ) <未訪問>
第9位 【秋葉原】 粋な一生                   (ラーメン)
第10位 【淡路町】 とんかつやまいち              (とんかつ)

未訪問店は、いずれも有名なお店です。相手に不足はありません~!?

今日は、今日の気分に一番近い“ハンバーガー”の“ファイヤーハウス”に行ってます。

110718.本郷・ファイヤーハウス0004

■さて、今日のキーワードは“グルメバーガー”です。

2008年8月の『日経 TRENDY NET』のグルメバーガーに関する特集記事によると、1個1,000円のグルメバーガーが人気になっている理由を次の3点に集約しています。

(1)グルメバーガーには食事としての満足感がある…ビーフパティとバンズの味わい、食べ応え

(2)グルメバーガーはファストフードではない…素材にこだわり、手間隙を掛けて作っている

(3)グルメバーガーには、大手チェーンとは一線を画した個人経営ならではのこだわりと自由さがある
     …個人経営なので、店主の創意工夫と試行錯誤によって、多様なバリエーションが出ている

なるほど。自分は“グルメバーガー=モスバーガー”だと思っていたのですが、ちょっと違うみたいですね…  ヾ(;´▽`A

■今後のために、食べログで東京全域の“グルメバーガー”人気順ランキングをちょこっと見てみます。。。

第1位 【人 形 町】 ブラザーズ
第2位 【本郷三丁目】 ファイヤーハウス
第3位 【代 官 山】 ブラッカウズ
第4位 【 三軒茶屋 】 ベーカーバウンス・本店
第5位 【五 反 田】 フランクリン・アベニュー

※ハンバーガー専門店に限定しています。

な~るほど。これが、“ハンバーガー”で登録されている東京967店のトップ5なんですね。

■お店は、東京メトロ丸ノ内線・本郷三丁目駅近くの、本郷三丁目交差点から、春日通りを西方向に200m進んだ右側にあります。徒歩3分です。

お店に着いたのは、週末の18:20ごろ。店内はカウンター5席テーブル席24席ですが、テーブルが満卓の状態です。

ゆっくり食べたかったので、テーブル席が空くのを待ったのですが、運良く3分ほどで座れました。

お店の外装も内装も、アメリカの片田舎をイメージしたような雰囲気。音楽もカントリーが流れています。

110718.本郷・ファイヤーハウス0006

■メニューは、ハンバーガーが14種類あります。

どのハンバーガーも、基本具材として、レタス、トマト、レリッシュ、オニオン、マスタード、マヨネーズが入っています。

ただ、チーズ、エッグ、ベーコン、アボガド、パティー(お肉)については、上記メニューに追加できるので、バリエーションは無限に広がります。

隊長と相談し、一つは王道っぽいメニュー(直球)、もう一つは変ったメニュー(変化球)を選んでみます。

直球は“ベーコンチーズバーガー”(1,260円)、変化球は“モッツァレラマッシュルームバーガー”(1,313円)です。

お腹が大変空いていた探検隊は、サイドメニューに“フライドチキン(ドラムスティック)3pcs”(840円)を追加します。
(量が多すぎかな~?!)

初のグルメバーガーなので、とっても楽しみです~♪

【ベーコンチーズバーガー】
110718.本郷・ファイヤーハウス0025

■注文してから10分後、予想通りのおっきなハンバーガーがやって来ました。

サイドには、皮付きのポテトフライに、おっきなきゅうりのピクルスが付いてきます。

天然酵母を使ったというバンズは、上部はパリッとしていますが、内部はしっかりした弾力があります。

具材は、下から順に、レタス、トマト、パティ、チーズ、ベーコン、マヨネーズが入っています。

■大きなハンバーガーを、防水加工をした紙のバーガー袋に入れて、口を思いっきり開けてかぶりつきます。

色んな具材が同時に口の中に入ってきて、味わえば味わうほど楽しくなってきます。

メインのパティは、オーストラリア産。ジューシーかつボリューム満点で、適度な塩コショウの味付け。

肉感満点のパティ、新鮮なレタスをはじめ、どの具材もこだわりを持って選ばれていることに気付かされます。

まさに「“グルメバーガー”とはかくなるもの」と思い知らせてくれます。

いや~、かなり美味しいです。しかも、食べ応え満点~!

【モッツァレラマッシュルームバーガー】
110718.本郷・ファイヤーハウス0019

■こちらは、パティの上に、モッツァレラチーズが載っていて、そこにマッシュルームが溶け込んでいます。

このチーズとパティの絡みが絶品で、何とも言えない押し出しの強さ、パワフル感が出ています。

溶けたモッツァレラチーズのクリーミーさを1、パティのジューシーさを1とすると、1+1=4という感じで美味さが倍加しています。

隊員は、特にこのハンバーガーは気に入りました。超おすすめです~♪

【フライドチキン(ドラムスティック)】
110718.本郷・ファイヤーハウス0023

■フライドチキンは、外がパリパリ、中がジューシーで、こちらもかなり美味しいです。

サイズも結構大きくて、3ピースも食べようものなら、小食な人であればこれだけで満腹になりそうです。

これを隊長と隊員でシェアしようとしたのですが、ハンバーガーだけで、すでに腹八分の状態です。

う~ん、せっかく美味しいのに、苦しみながら食べる始末。注文ミスですね。。。

■総括としては、さすが都内でも屈指のグルメバーガー店ですね。どのメニューも美味しいです。

ハンバーガーの要素を分解し、どの要素にも手を抜かないポリシーでこだわって再構築したイメージです。

こだわりの牛肉、新鮮な野菜、食感重視のバンズなど、これらを組み合わせれば、ハンバーガーもここまで美味しくできる、ということを思い知らせてくれます。

お値段自体はけっこう張るのですが、美味しいハンバーガーを食べたくなったら、再訪してみたいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

110718.本郷・ファイヤーハウス0039

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

超人気ブーランジェリ@白山=アトリエ・ド・マヌビッシュ

『お洒落で美味しい超人気ブーランジェリ~♪』

   ~アトリエ・ド・マヌビッシュ

■今日は、探検隊ブログ初の“テイクアウトもの”です。

なぜかと言うと、食べログで“後楽園”のレストラン・ランキングを一軒一軒廻っているのですが、そこに“テイクアウト”のお店が入っているからなんです。

ランキングに入っている以上は、外せません… (くだらないことにこだわってしまう性格でして…( ^-^;))

そのお店は、白山にある“アトリエ・ド・マヌビッシュ”というブーランジェリーです。要するに、パン屋さんですね。

■食べログの“後楽園駅”エリアの“レストラン”人気順ランキングは以下の通りです。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 ムーミンベーカリー&カフェ・東京ドームシティラクーア店 (カフェ、パン) <未訪問> ~ムーミンワールドのカフェ
第2位 ババ・ガンプ・シュリンプ東京 (アメリカ料理)
第3位 一蘭・東京ドームシティラクーア店 (ラーメン) (池袋店に訪問済み)
第4位 アトリエ・ド・マヌビッシュ (パン、デリカテッセン) <未訪問> ~超人気のブーランジェリー&デリカテッセン
第5位 本枯中華そば 魚雷 (ラーメン)
第6位 信濃神麺 烈士洵名 (ラーメン)
第7位 リラッサ (和洋中バイキング) <未訪問> ~和洋中バイキング@東京ドームホテル
第8位 菩提樹 (ハンバーグ、とんかつ)
第9位 海燕 (ロシア料理)
第10位 讃岐うどん大使 水道橋麺通団 (うどん) <未訪問> ~安くて旨いと評判の讃岐うどんチェーン

どうやら、もともと根津にビストロ・マヌビッシュというフレンチのお店があって、そのお店のパンが美味しかったのでこのお店ができたんだそうです。

そして、数年前にレストラン営業を止めたため、その名残りでレストラン・ランキングに入っているようです。

それにしても、パン屋さんでここまでの口コミがあるということは、よほど美味しいんでしょうね。

ちょっと期待しちゃいます~♪

111224.後楽園・ロシア料理海燕0048

■お店は、都営地下鉄三田線の春日駅A6出口を出ると、そこが白山通りと言問通りが交差する西片交差点で、そこから言問い通りを東向きに200m進んだ一つ目の信号(菊坂下)左側にあります。徒歩3分です。

実は、この菊坂下交差点を右に入って30mのところにある、ロシア料理“海燕”に行った帰りの訪問です。

お店に着いたのは、休日のちょうど13:00ごろだったのですが、そもそも店の中が人で一杯で入れません。

お店に入って左側にある、パンを陳列しているゾーンは、畳6畳ぐらい(?)とそんなに広くはないんです。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0051

■ぱっと見た感じ、パンの種類は30種類ぐらいでしょうか。そんなに多くはありません。

特徴的なのは、正面に見える冷蔵陳列棚に、ケーキに混じって、たくさんの“洋風お惣菜”が並んでいること。

パン屋さんでお惣菜なんて、あんまり見ませんよね。ただ、どれも見た目から凝っていて、高級フレンチの前菜に出てきそうな感じです。

地元民風の方々は、みなさんパンだけではなく、お惣菜も数点注文しているようです。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0055

■お店入って右側は、1台のオーブンがあって、目の前でパンを製作しています。

そのさらに奥では、店舗一件分のスペースを使った調理場があるようで、たくさんの従業員の方が働いています。

厨房の広さや従業員数からすると、毎日相当な数のパンやケーキ、お惣菜が売れるようです。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0054

食べログの口コミやグルメブログの記事によると、人気のあるメニューは“パンドミ”という食パンと、“フレンチトースト”とのことなので、まずはこの2点を買ってみます。

それ以外に、隊長と隊員で1点ずつ好きなものを買って食べてみます。

【パン・ド・ミ】(357円)
111224.後楽園・ロシア料理海燕0078

■予約しないと購入できない、とまで言われている、このお店の一番人気メニューが、この“パンドミ”です。

この日は、すんなり買うことができました。ただ、見た目が普通の食パン6枚切りに見えます。

もっと見た目から違うものを期待していたので、ちょっと肩透かしのような気分になります…

111224.後楽園・ロシア料理海燕0085

■家に帰って、まずは焼かずにそのまま食べてみます。

白い部分は非常にきめ細かく、もっちりしていて、食べると小麦の香りがふわっと広がります。

生地の良さは、パンの耳を食べるともっと分かりやすくて、しっかりと厚さと重みがあって、香ばしい味わいです。

パンを焼いてみると、パンの表面がパリッと焼きあがり、香ばしさも増して、ただの食パンとは雲泥の差があることを認識させられます。

そのまま食べても、焼いて食べても、風味がしっかりあるので、バターを付けなくても美味しいです。

朝からこんなに美味しい食パンを食べるのも、気分が良くなっていいかも知れませんね~♪

【フレンチトースト カフェモカ】(268円)
111224.後楽園・ロシア料理海燕0080

■このお店の2大人気メニューの一つ“フレンチトースト”が売り切れだったので、その隣りに残り一つだけ置いてあった“フレンチトースト・カフェモカ”を買ってみます。

自分がイメージするフレンチ・トーストは、食パンを卵に浸けて焼き、メイプルシロップやシナモンパウダーを掛けたものだと思っていました。

このお店のフレンチトーストは、フランスパンで作っているそうです。

今日買ったのはそのバリエーションもので、フランスパンの皮の部分のパリッとした食感が特徴的で美味しいですね~♪

パンの中の部分は、もっちりしたままで、カフェモカソースが染み込んでいます。

仕上げにチョコレートと粉砂糖を振っているので、お菓子やケーキに近い感じといえるでしょうね。

【プチセーグルノア】(184円)
111224.後楽園・ロシア料理海燕0082

■隊長が選んだのが、胡桃の実が入ったパンです。

外側は硬くもっちり・しっかりしていて、内側はふわっともっちりした食感。

噛めば噛むほど小麦の香りが広がり、小麦の甘味と塩分の良いバランスが味わえます。

フランス料理店でコースの付け合せに出てきそうな、美味しいパンです。

【クロアッソン】(210円)
111224.後楽園・ロシア料理海燕0084

■隊員は、自分の知っている味と比べたいので、“クロアッソン”、要はクロワッサンを選んでみます。

ラーメン屋を比較する時はデフォルトメニュー、スパゲッティ屋を比べる時はカルボナーラを頼むのですが、それと同じです。

(^-^;)A

111225.後楽園・ロシア料理海燕0003

■ここで、本格的に“食べ比べ”をしてみます。

探検隊本拠地の近くにある“メゾンカイザー”に行って、その看板メニューである“クロワッサン”を買ってきちゃいます。

写真の左がメゾンカイザー(189円)、右がマヌビッシュ(210円)です。お値段は、ほぼ同じぐらい。

大きさはメゾンカイザーの方が大きいのですが、重さはマヌビッシュの方が重いんです。

また、メゾンカイザーはさくっとした、パイ生地のような食感が売りなのに対し、マヌビッシュはあくまでもっちり感にこだわりがあるようです。

もっちりしているだけあって、食べ応えはあるし、小麦の風味も存分に味わうことができます。

まぁ、個人的には、メゾンカイザーの方がバターの味・風味も強くて好きですかね~♪

■総括としては、良い素材を使って、しっかりとした技術でパンを作っているお店だと思います。

自分は、まだパンの研究をしたことがないので、比較はできないのですが、今日買ってきたパンはどれもかなり美味しくて、外れがありませんでした。

今までは、フレンチやイタリアンに行かない限り、パン自体を味わうことはなかったのですが、きっと非常に奥深い世界があるんでしょうね。

まずは、“マヌビッシュ”と“メゾンカイザー”の味を覚えてから、今後ゆっくり研究したいと思います。

ごちそうさまでした~♪

111224.後楽園・ロシア料理海燕0065
(最後に余計な写真を一枚。文京シビックセンターの25階は無料の展望台になっているので、帰りに道に暇つぶしで寄ってみました。東方向にスカイツリーがくっきり見えます。それにしても、デカイ建造物ですね…( ^-^;))

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

老舗のロシア料理店@白山=海燕

『小ぢんまりとして親しみやすい老舗ロシアン・レストラン~♪』

   ~ロシア料理 海燕

■今日は、隊長と一緒に後楽園近辺でランチです。

この辺りは、東京ドームや後楽園遊園地の敷地内と、その横にある総合娯楽施設ラクーアに、チェーン店系のお店を中心にレストランが集中しています。

それ以外の場所にあるお店は、数は少ないのですが、なかなかいいお店がパラパラあるんですよ。

■最近、徐々に踏破しつつある、“後楽園駅”エリアの“レストラン”人気順ランキングは以下の通りです。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます。良かったら、見てみてくださいね~♪ (*^-^*)/)

第1位 ムーミンベーカリー&カフェ・東京ドームシティラクーア店 (カフェ、パン) <未訪問> ~ムーミンワールドのカフェ
第2位 ババ・ガンプ・シュリンプ東京 (アメリカ料理)
第3位 一蘭・東京ドームシティラクーア店 (ラーメン) (池袋東口店に訪問済み)
第4位 アトリエ・ド・マヌビッシュ (パン、デリカテッセン) <未訪問> ~超人気のブーランジェリー&デリカテッセン
第5位 本枯中華そば 魚雷 (ラーメン)
第6位 信濃神麺 烈士洵名 (ラーメン)
第7位 リラッサ (和洋中バイキング) <未訪問> ~和洋中バイキング@東京ドームホテル
第8位 菩提樹 (ハンバーグ、とんかつ)
第9位 海燕 (ロシア料理) <未訪問> ~ロシア料理店
第10位 讃岐うどん大使 水道橋麺通団 (うどん) <未訪問> ~安くて旨いと評判の讃岐うどんチェーン

カフェ、パン屋、バイキングを外すと、ロシア料理か讃岐うどんの選択です。

今日は、第9位、ロシア料理の“海燕”を訪問してみます。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0045

■さて、まずはお店を場所から選んでみましたが、池袋グルメ探検隊初の“ロシア料理”ということで、この視点からこのお店を見てみます。

食べログでは、“東京全域”で“ロシア料理”店が全部で32店の登録があり、その人気順ランキングはこんな感じです。

第1位 【吉祥寺】カフェ ロシア
第2位 【新 宿】ロシア料理スンガリー・新宿西口店
第3位 【渋 谷】渋谷ロゴスキー・東急プラザ店
第4位 【後楽園】海燕
第5位 【新 宿】マトリョーシカ・新宿ミロード店

ブログにはしていないのですが、数年前に以下の2店には訪問したことがあります。

第10位 【高田馬場】チャイカ
第17位 【上 野】マトリョーシカ・マルイシティ上野店

いずれのお店の料理も、とっても食べやすく美味しかったので、初のロシア料理店探検はとっても楽しみです~♪

■“海燕”については情報が少なく、個人ブログの訪問記事以外では、唯一“東京レストランサーチ”というサイトに紹介があったので引っ張ってみます。

***************************************************
代々木駅前の代々木会館から移転。以前は居酒屋風の店構えだったが、根津に移ってきれいな本格派ロシア料理店に変身した。きれいになっても値段は手頃なままのなのがうれしい。
店名はゴーリキーの「海燕の歌」からとったものか。グルジア、ウクライナなど、NIS諸国の料理も。
***************************************************

代々木から根津へ移転したのが2004年、その後さらに根津から春日に移転しているので、創業はずいぶん前のようです。

ブログ記事なども総合すると、このお店は“老舗ロシア料理店”で“リーズナブルで美味しい”と要約できそうです。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0036

■お店は、都営地下鉄三田線の春日駅A6出口を出ると、目の前の言問い通りを右(東)向きに200m進んだ一つ目の信号(菊坂下)を右に入り、30m進んだ右側にあります。徒歩3分ほどです。

一軒家に赤い屋根を付けたようなお店は、4人卓が2つ、2人卓が4つあり、奥が厨房といった造りで、小ぢんまりしています。

お店に着いたのは、お昼の12:15ごろ。なかなか人気のようで、最後の2人席に座りました。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0001

■夜はコース料理とアラカルトがあるようですが、ランチメニューは写真にある4つです。

(1)つぼ焼き、(2)ロールキャベツ、(3)ビーフストロガノフと、いずれも有名なロシア料理メニューなのでかなり迷ったのですが、(1)と(2)を選択します。

デザートとロシアンティを付けて、800円と1,000円とは、噂どおりにお得な感じがします。

さて、初のロシア料理店ということで、どんな料理が出てくるか、とっても楽しみです~♪

【ロシア風サラダ】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0010

■注文をしてすぐに出てきたのが、このとっても鮮やかな色のサラダです。

ポテトサラダが、赤カブで色が付いたものですが、それにしても派手な色ですよね。

味の方は、ジャガイモが新鮮で、マヨネーズ系の味の効きもよろしく、美味しいんです。

【ボルシチ】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0013

■ロシア料理のスープと言えば“ボルシチ”です。

トマトベースのスープに、キャベツを中心に玉ねぎ、にんじん、赤カブなどの野菜が入っていて、サワークリームが投入されています。

熱々のまま、一口飲んでみると、トマトとサワークリームのさっぱりしたコントラストがいいですね。美味しいです~♪

自分が知っている、牛肉などが入った濃厚な“ボルシチ”と比べると、野菜のみで作られているせいか、さっぱりした味わいです。

【ロールキャベツ】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0019

■注文をしてからわずか3分の早業で出てきたのが、この“ロールキャベツ”です。

トマト系の甘酸っぱさとコクのあるソースがたっぷり掛かっています。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0022

■キャベツがしゃきっとしながらも柔らかいので、フォークで切ってみるとスムーズに切れます。

中のお肉は、玉ねぎなどのつなぎは少なめで、良質なハンバーグと同様、しっかりしたお肉感を楽しめます。

しっかりとソースを付けて、キャベツと一緒に口に入れると、期待以上の美味しさに、とっても幸せな気分になります~♪

【パン2種】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0024

■“ロールキャベツ”には、ライ麦の黒パンとミルクパンが付いてきます。

パンのお皿には、乾燥パセリと小さな炒めガーリックが入ったオリーブオイルが少量載って来ます。

パンだけでも美味しかったので、最初気付かずオリーブオイルで食べていたのですが、実はロールキャベツのソースを付けて食べると絶品なんです。

【きのこのツボ焼き】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0027

■こちらも、有名なロシア料理メニューの一つ、“つぼ焼き”です。

つぼの中には、マッシュルーム入りの濃厚ホワイトクリームソースが入っています。

そして、つぼの上にパン生地で蓋をしてオーブンで焼くので、キノコみたいな形で出てきます。

111224.後楽園・ロシア料理海燕0026

■蓋を開けるとこんな感じです。なかから濃厚なホワイトクリームの香りが立ち込めてきます。

蓋のパン生地をちぎってソースを付けていただきます。う~ん! クリームが濃厚で美味しいですね~!

隊長がすごく気に入ったらしく、これを食べて、すでに後日の再訪を決めたそうです。

【ピロシキ】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0030

■ランチメニューを見ると、何か典型的ロシア料理が抜けている気がします。

う~ん、抜けているのは、“ピロシキ”ですね。。。

店員さんに聞いてみると、やっぱりあるようです。値段も聞かずに追加注文しちゃいます。(@300円なり)

111224.後楽園・ロシア料理海燕0034

■5分後に、あっつあつの揚げたてを持って来てくれました。

パン生地のような衣に、中身はお肉、玉ねぎ、ビーフン(?)などが入っています。

1個でけっこうな食べ応えがあるのですが、ランチセットが少なめだったので、追加注文して正解でした。

【デザート】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0035

■ケフィナ菌という菌を使って作ったヨーグルトに、蜂蜜が入っています。

ヨーグルトらしい酸っぱさが、時々溶けにくい蜜の甘さが入ってきて、口直しには良い感じです。

【ロシアンティー】
111224.後楽園・ロシア料理海燕0038

■ガラスコップに入った熱々の紅茶と、小皿に入ったイチゴジャムが出てきます。

店員さんが、「ジャムは入れずに舐めながらお茶を飲んでください」というので、その通り従ってみます。

香りがしっかりした紅茶で、ジャムを舐めた時だけ甘味が回り、美味しくいただけます。

壁の説明書きだと、「ロシアンティとは -17世紀中ごろのロマノフ王朝初代皇帝の使節がモンゴル経由で持ち帰ったと言われています。ジャムや固い砂糖のかたまりを舐めながら味わうようです」とありました。

■総括としては、コストパフォーマンス抜群の美味しいロシア料理店です。

日本人にも知られたメニューを頼んだのも良かったかもしれませんが、どのメニューも物珍しいのに美味しくて、非日常を楽しませてくれます。

日本人の舌に合うエスニック料理、ロシア料理を、定食屋さんに行くのと同じコストで味わえるので、貴重なお店と言えそうです。

隊長が気に入ってくれたし、入門メニューのビーフストロガノフを食べ逃したので、また来てみたいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

111224.後楽園・ロシア料理海燕0009

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

落ち着いた大人のハンバーグ店@後楽園=菩提樹

『大人のための、ガッツリ・ハンバーグ~♪』

   ~菩提樹 @後楽園

■今日は、後楽園近辺でランチです。

東京ドームホテル、後楽園遊園地、東京ドームシティ・ラクーアがあるので、この敷地内の飲食店には人が集まります。

ただ、半分観光地なので、チェーン系のお店や、企画系のお店が多く、普段使いには向いていない面があります。

できれば、普通に美味しいものを食べられるお店を見つけたいものです。

■食べログで、“後楽園”エリアのレストラン人気順ランキングを調べてみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 ムーミンベーカリー&カフェ・東京ドームシティラクーア店 (カフェ、パン) <未訪問> ~ムーミンワールドのカフェ
第2位 ババ・ガンプ・シュリンプ東京 (アメリカ料理)
第3位 一蘭・東京ドームシティラクーア店 (ラーメン) (池袋東口店に訪問済み)
第4位 アトリエ・ド・マヌビッシュ (パン、デリカテッセン) <未訪問> ~超人気のブーランジェリー&デリカテッセン
第5位 本枯中華そば 魚雷 (ラーメン)
第6位 信濃神麺 烈士洵名 (ラーメン)
第7位 リラッサ (和洋中バイキング) <未訪問> ~和洋中バイキング@東京ドームホテル
第8位 菩提樹 (ハンバーグ、とんかつ) <未訪問> ~がっつりハンバーグ 
第9位 海燕 (ロシア料理) <未訪問> ~知る人ぞ知るロシア料理の老舗
第10位 讃岐うどん大使 水道橋麺通団 (うどん) <未訪問> ~安くて旨いと評判の讃岐うどんチェーン

う~ん、今日のお腹と相談すると、けっこう空いているので、ガッツリ食べたい気分です。

そこで、今日はお肉系のお店、第8位の“菩提樹”に行ってみることにします。

111222.水道橋・菩提樹0001

■お店は、JR水道橋駅・東口改札から行くと、東京ドーム側(北側)に出て、交差点を北向き、東向きに2階渡り、白山通りを北向きに150mほど進んだ右手のビルの地下にあります。

ちょうど、とんかつの名店“かつ吉”と同じ並びで、“かつ吉”の30mほど先にあります。

地下のお店に入って行くと、木材を多用したほどよく薄暗い店内は、古き良き“昭和”を感じさせる落ち着いた雰囲気です。

お値段もランチで1,000円以上という価格設定からしても、大人がゆっくり食事をするコンセプトなんでしょうね。

■隊長とともに席に案内されて、ふと店内を見ると、どこかで見たような風景です。

ふんだんに古木を使った内装、店中に飾られた青い陶器、巨大なメニューの板、卓上の漬物…

もしやと思い、店員さんに聞いてみると、やはりそうでした。この特徴は“かつ吉”と全く同じで、実は系列店だったんです。

道理でロケーションも30mしか離れていないわけです。

111222.水道橋・菩提樹0010

■落ちが付いたところで、“かつ吉・菩提樹グループ”について調べてみます。

元は“かつ吉・水道橋店”で、創業は1962(昭和37)年です。かつては三島由紀夫や川端康成らの文豪も通ったそうです。

その20年後、1982(昭和57)年に、和牛ハンバーグと自然派ワインのお店としてオープンしたのが“菩提樹”です。

ゆっくりとしたペースで拡大している“かつ吉”は、1988年に渋谷店、2007年に新丸ビル店をオープンしています。

いずれも古木と陶器をふんだんに使ったインテリアで、落ち着いた雰囲気を出しているのが特徴です。

■お店に着いたのは11:50ごろ。104席もある広い店内は、まだお客さんはまばらです。

さすがランチの平均価格が1,500円のプチ高級店なので、ランチでごった返すことはありません。

111222.水道橋・菩提樹0012

■ランチメニューはいろいろあります。3種類の曜日代わりメニューや、数量限定メニューなどもあり、楽しくなります。

ただ、このお店の売りである、“ハンバーグ”と“揚げ物”は外せません。

そこで、本日のランチメニューの中から、隊員は限定20食の“和牛ハンバーグ定食”(1,300円)を選びます。

隊長は、お昼限定の“ひれかつとかきフライ盛合せ定食”(1,300円)をセレクトしてみます。

“かつ吉”のレベルの高さを知っているだけに、こちらも期待できます~♪

【サラダ】
111222.水道橋・菩提樹0024

■“かつ吉”系列店では、木製の大きなサラダボールに山盛りのサラダが出てきます。こちら食べ放題です。

卓上には、醤油ベースの和風ドレッシングが置いてありますが、“特製ドレッシング”をもらうこともできます。

特製ドレッシングには3種類あって、“ごま味噌”“おろし野菜”“梅じそマヨネーズ”です。

【卓上漬物セット】
111222.水道橋・菩提樹0015

■卓上には、“白菜のキムチ”“生姜の醤油漬”“大根の辛し浅漬け”が常時セットされています。

【A5和牛ハンバーグ定食】
111222.水道橋・菩提樹0031

■A5ランクの最高級和牛を100%使用した、自家挽きの新鮮ハンバーグの定食です。

お昼限定20食とのことですが、席から聞こえてくる限り、お客さんの半分がこのメニューを注文しています。

ソースは3種類あり、デミグラスソース、ガーリックオイル醤油、わさび醤油から選択です。

隊員はガーリックオイル醤油にしたのですが、ほとんどのお客さんはデミグラスソースにしているようです。

111222.水道橋・菩提樹0034

■長さ15cmの飛行船のような形をしたハンバーグが、熱々の鉄板に載せられてやって来ます。

店員さんがワゴンに乗せて運んできて、客席横で飛行船を縦に真っ二つに切り分け、断面を鉄板面に押し付けます。

周り中に、ハンバーグが焼ける香ばしい香りが立ち込めます。

111222.水道橋・菩提樹0039

■ハンバーグを食べてみると、良質な牛肉を感じさせる肉の旨味が口の中でしっかり広がります。

おそらく、つなぎの量を極力抑えてあるんでしょう。玉ねぎのかけらさえ見当たりません。

ガーリックオイル醤油のソースも、肉本来の味を味わうには良い選択だったようです。

いや~、良い材料を使った美味しいハンバーグを食べている充実感で満たされますね~♪

【ひれかつとかきフライ盛合せ定食】
111222.水道橋・菩提樹0028

■国産銘柄豚のひれかつと、大粒かきフライを盛り合わせた定食です。季節限定かつお昼限定だそうです。

もちろん、ご飯と味噌汁が付いていますが、ひれかつ用のからし&ソース、かきフライ用のタルタルソースが付いてきます。

111222.水道橋・菩提樹0030

■器が大きいので分かりにくいかもしれませんが、2個のかきフライも、ひれかつも、サイズが結構大きいんです。

かきフライは、普通に街のスーパーでうっているものの2倍近くのサイズがあります。

食べてみると、かなり新鮮なんでしょう、かきの臭さは全くなく、ミルキーな旨味が口の中に広がります。

サイズが2倍だと、体積は8倍(?!)、1個当たりの食べ応えも十分です。

111222.水道橋・菩提樹0037

■驚いたのは“かきフライ”だけではありません。男性のこぶし大の大きさがある“ひれかつ”も絶品です。

低温の油でじっくり揚げているんでしょう、相当な厚さがあるのに中までしっかり火が通っています。

この厚さから、ある程度の硬さをイメージして口に入れたのですが、予想を裏切るほどに、めちゃくちゃ柔らかいんです。

“ひれかつ”はこうでなきゃ!と思わず叫びたくなるほどの、食感、美味しさです~♪

■総括としては、さすが“かつ吉”の系列洋食店、良い素材を丁寧に扱って、お客が納得する美味しい料理を出してくれます。

今日食べた、ハンバーグにせよ、ヒレカツ・かきフライにせよ、まずは素材が十分に吟味されていることが良く分かります。

当たり前ですが、料理は素材と調理(味付け)で決まるので、素材にコストを掛けた分値段が上がるのであれば、お客さんは納得するでしょうね。

お店とお客さんとの間に、そういうコンセンサスが、取れているからこそ、長く繁盛しているんだと思います。

ちょっと高くても、美味しいハンバーグをしっかり食べたい時、そういう時に再訪したいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
269位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html