FC2ブログ

職人のこだわりと技が光るとんかつの名店@高田馬場=とん太

『うす黄金色の衣と、ほんのりピンクのお肉がトレードマーク~♪』

   ~とんかつ とん太 @高田馬場

■今日のランチは、“とんかつ”が食べたい気分です。

自分の行動範囲で、一番に思い付くのは、神田・秋葉原の“とんかつ御三家”です。

“丸五”“やまいち”“勝漫”の3店のことですが、いずれも東京を代表するとんかつ店と言っても過言ではなく、どこに行っても今日の欲求が十分に満たされることは分かっています。

ただ、美味しいお店に何度も通うのもいいのですが、探検家としての開拓精神がこれにストップをかけてしまいます。今日も新規開拓といきましょう。

■そこで、食べログの“東京都”の“とんかつ”人気順ランキングからお店を選んでみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【秋葉原】 丸五
第2位 【淡路町】 とんかつ やまいち
第3位 【高田馬場】 とん太 <未訪問>
第4位 【目  黒】 とんき・目黒店 <未訪問>
第5位 【銀  座】 煉瓦亭 <未訪問>
第6位 【恵比寿】 キムカツ・恵比寿本店 <未訪問>
第7位 【表参道】 とんかつ まい泉・青山本店 <未訪問>
第8位 【京急蒲田】 とんかつ 丸一 <未訪問>
第9位 【吉祥寺】 サトウ・吉祥寺店 <未訪問>
第10位 【銀 座】 矢場とん・東京銀座店 (矢場町本店に訪問済み)

行動範囲内のお店だと、高田馬場の“とん太”か銀座の“煉瓦亭”が選択肢になります。

“煉瓦亭”は老舗の洋食屋で、“ポークカツレツ”以外にも名物メニューがあるので、後日隊長と一緒に訪問することにします。

結果、今日のターゲットは、東京都とんかつランキング第3位の“とん太”です。

■ちなみに、我々探検隊は池袋を本拠地としているため、通常は食べログの中エリア区分“池袋”のランキングを掲載しています。

大エリア区分だと、池袋は“池袋~高田馬場・早稲田”エリアに含まれており、その“レストラン”人気順ランキング(※)は次の通りとなっています。

(こちらのランキングでも、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます~♪)

第1位 【高田馬場】 とん太 <未訪問>
第2位 【高田馬場】 ラミティエ (ビストロ) (訪問済みブログ未掲載)
第3位 【池  袋】 ラシーヌ・ブーランジェリ&ビストロ (ビストロ、パン)
第4位 【池  袋】 イタリアンバルUOKIN・池袋店 (バル・バール、イタリアン)
第5位 【東池袋】 エー・ラージ (インド料理)
第6位 【池  袋】 あんぷく (うどん、居酒屋)
第7位 【池  袋】 キッチンABC・西池袋店 (定食・食堂) (南大塚店に訪問済み)
第8位 【池  袋】 サイゴン・レストラン (ベトナム料理)
第9位 【池  袋】 イルキャンティ・オヴェスト・池袋店 (イタリアン)
第10位 【池 袋】 もうやんカレー池(池袋店) (カレーライス)

今日の“とん太”訪問で、3年かかって、大エリア区分“池袋~高田馬場・早稲田”エリアのトップ10を制覇したことになります。

※ラーメン店を除く補正済み。

121003.高田馬場・とん太0001

■“とん太”は、創業30年以上の老舗で、食べログが現れるもっと前から、とんかつ通の間で人気があるお店です。

食べログが出現してからは、高点数が付き、口コミ数が増え、早々に注目店になったようです。

メディア露出もここ5年で書籍4冊、雑誌2冊(東京ウォーカー、大人の週末)に掲載されるとともに、テレビにも出ています(2012年2月18日『食彩の王国』)。

評判がメディアを呼び、メディアが評判をよぶ形で、“東京のとんかつ”といえば、食べログに限らず、どんなランキングにも登場するおみせになったようです。

なるほど。それならば、実際に自分の舌で判定してみましょう~♪ (*^_^*)/

■お店は、JR高田馬場駅早稲田口のロータリーから、山手線と平行に伸びる通りを300m進み、新目白通りとぶつかったら右折し、150m進んだ右側にあります。

お店の隣りは“馬場二郎”こと、“ラーメン二郎・高田馬場店”で、食事時には行列ができているのですぐに分かります。

店に入ると、右手に調理場を囲むようにカウンター席が8席あって、左手の小上がりに座敷席が2卓8席あります。

お店に着いたのは、13:00過ぎです。人気店なのでピークを外したつもりだったのですが、店内はほぼ満席です。

カウンター席が1席だけ空いていたので、そこに座ります。

121003.高田馬場・とん太0006

■メニューは、上の写真の通りです。いつも通り、“ロースかつ”からの選択です。

食べログなどの口コミによると、“特ロースかつ”(2,100円)が絶品とのこと。

ただし、ロースかつを頼んでいる周りのお客さんは、皆さん“上ロースかつ”(1,500円)か“ロースかつ”(1,000円)です。

とんかつの名店で、デフォルトが1,000円ポッキリというのも、かなり惹かれます。

しばし迷った後、ミーハーな自分は、“特ロースかつ”を頼みます。

味噌汁が、豚汁、わかめ、しじみからの選べるそうで、“しじみ汁”をお願いします。

【白黒胡麻】
121003.高田馬場・とん太0012

■席に座るとお茶とおしぼりが出てきて、注文が終わると、すり鉢に入ったゴマとミニすりこぎが出てきます。

どうやって使うのかな?と思った時に、卓上に目をやると、“とんかつの食べ方”の説明書きが目に入ります。

『当店のソースは、自家製ウスターソース(辛口)です。濃口ソース(甘口)をお好みの方は、小皿にケチャップと合わせてお使い下さい。
一切れは何もつけずに、また一切れは塩で、黒コショーで、ゴマでなど、いろいろな味をお楽しみくださいませ。』

ゴマは、ソースを突っ込むのではなく、味を変化させる一つの調味料として使えばいいようですね。

まずは、ゴマをすって、ゆっくりとんかつの揚げ上がりを待つことにしましょう~♪

121003.高田馬場・とん太0008

■卓上に目をやると、いろんな物が並んでいるので、何をいつどう使うかを、とんかつを揚げている時間を使って考えておきます。

写真一番左が自家製辛口ウスターソースで、これをマイルドにするにはその右にあるケチャップを使うんでしたね。

その右は醤油で、これは使わないかな…

その右には塩が2種類あって、“ベトナム天日自然海塩”と“中国天日塩田塩”と書いてあります。ここは塩の味比べでしょうか。

その右には、黒胡椒、白黒ゴマ、七味唐辛子、キャベツ用ドレッシング、手前にからしが置いてあります。

こういろいろ置いてあると、適時に上手く使うのに“慣れ”が必要そうですね。。。(^-^;)

【お新香盛合せ】
121003.高田馬場・とん太0013

■こちらのお新香、キンキンに冷えた状態でやって来ます。

中身は、キュウリ、ニンジン、ゴボウ、大根、カブ、(見えない後ろに)超細切りキャベツです。

手作り感があるところからすると、自家製でしょうか。ほど良い塩加減で、さっぱりと美味しいです。

【特ロース】
121003.高田馬場・とん太0017

■注文してから待つこと15分、ようやく“特ロース”が出てきます。

まずは、見た目の綺麗さにびっくりします。(このルックスで、美味しくないはずはありません~!)

衣はとっても綺麗なうすい黄金色をしていて、肉の断面はきめ細かく、ほんのりピンク色をしています。

良質な豚肉を、良質な油を使って、ぎりぎり火が通る低温で、じっくりと揚げた証拠です。

その横には、かなり細かく刻んだキャベツに、ニンジンとかいわれが乗っていて、レモンが添えてあります。

121003.高田馬場・とん太0019

■まずは、お店の食べ方指南のとおり、何もつけずにそのまま味わってみます。

むむむ、、、


ウワッ、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ !!!!!!


口に入れて噛むなり、すぐに豚肉の旨みがじゅわーっと染み出してきて、脂身の甘味ととも口いっぱいに広がります。

良質な豚肉だけあって、歯ざわりに心地よい弾力があり、とっても柔らかい噛み応えです。

低温でじっくり揚げることで、お肉の柔らかさを保ちつつ、肉の旨みの流出を最小限に抑えて、衣の中にしっかり閉じ込めています。

もとの豚肉の肉質が良いことと、店主さんの熟練の腕が伴わないと実現しない美味しさです~!

■さらに、衣はふわっと、からっとしていて、気持ちいい食感です。それに油切れが良く、油っこさをまったく感じない、軽い仕上がりです。

まるで鳥の羽のような軽い仕上がりの衣は、変な主張をしないので、豚肉の味わいをまったく阻害せず、最高の脇役を演じています。

ものの情報では、これは店主さんがこだわり抜いたパン粉を使用するとともに、揚がった後、衣が剥がれないように切り方を工夫されるからこそ、実現するんだそうです。

今まで食べたことがある完成度の高いとんかつと比べると、まったく違う形で高い完成度を誇っています。

いや~、こんなとんかつが存在するんですね。びっくりです~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

121003.高田馬場・とん太0021

■何も付けなくても十分美味しいとんかつなのですが、せっかく卓上セットが充実しているので、いろいろな食べ方で食べてみます。

まず、塩を付けて味わってみます。すると、とんかつの甘味がより強調され、旨みをはっきり感じます。

せっかく塩が2種類あるので、比較しようとしますが、なぜかあまり差を感じません。まずは、塩は◎ということで。

次に、レモンを振って、塩を付けていただきます。レモンの酸味が加わって、賑やかな味わいになります。

続いて、自家製ソースを掛けてみます。う~ん、美味しいけど、一般的なとんかつに近づいてしまいます…

最後に、自家製ソースにすりゴマを混ぜて食べてみます。ふわっと胡麻の風味が加わって、さっきよりは良いですね。

いろいろな食べ方をしてみて、結論としては、塩で食べるのが一番美味しいようです~!

■そういえば、これもコメントしないといけないのですが、とんかつに添えてある“キャベツ”が素晴らしく新鮮で美味しいんです。

一般的なキャベツよりも細くかっとされていて食感が良く、新鮮なのでとってもみずみずしいんです。

情報によると、これも店主さんのこだわりなんだそうで、八百屋泣かせの目利きなんだそうです。

このキャベツだったら、とんかつの単なる脇役というよりも、鮮度勝負でさっぱり感を演出する相手役(準主役)といった感じですね~♪

【味噌汁】
121003.高田馬場・とん太0020

■油っぽくないといっても、やはり“とんかつ”なので、多少の油っぽさはあります。そんな時は、さっぱりした“しじみの味噌汁”がいいですね。

しじみの味噌汁というと、ちっちゃいしじみが大量に入っているイメージですが、このお店では大き目のしじみを使っています。

味噌汁にはしじみの旨みがでていて、サイズがあるので、しじみの身も食べて味わうことができます~♪

■総括としては、さすが名店と言われるだけのことはある、店主さんのこだわりと技が光る、激ウマのロースかつです。

とんかつは、豚肉、衣、揚げ油と、食材点数の少ない料理ですが、その全てにしっかりこだわっているのが良く分かります。しかも、キャベツ、味噌汁、ご飯といった脇役にも、ちゃんと抜かりがありません。

さらに、ただ良いものを使うだけでは美味しくなるはずもなく、店主さんの熟練の技・ノウハウが全ての調理工程で惜しみなく投入されています。

その中でも特に、低温でじっくり揚げる点と、衣を上手く付ける点に、他店を超越する技があるんでしょうね。

だからこそ、“ふわっとして、軽くて油切れの良い、うす黄金色の衣”と、“旨みを湛えつつ、柔らかさを保った、ピンク色のお肉”という、このお店の最大の魅力を実現できるんだと思います。

この“特ロース”であれば、お値段自体はやや高く感じますが、極めてリーズナブルと言えると思います。

真に美味しいとんかつを食べたい時には、ちょっと奮発してでも、このお店の“特ロース”なら絶対に満足できると思うので、超おススメです~♪

ごちそうさまでした~!

【備忘メモ】
・このお店のとんかつにはレモンが添えてありますが、食べる前に絞ると、せっかくのふわっとからっと揚がった衣がふやけてしまうので、口に入れる直前に絞るのが正解のようです。

・ソースをかける前に、通な方は、胡椒のみ、胡椒+塩、すりゴマのみ、すりゴマ+塩を試すようです。何人かの方は、胡椒+塩が一番美味しいと言っているので、これは試すべきでした…(反省)

・とんかつの名店では珍しく、デフォルトのとんかつのお値段がとってもリーズナブル(千円ポッキリ)なのがとっても気になります。他の名店だと、最低1,500円はしますもんね。次回はぜひチャレンジしてみたいです!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

高田馬場No.1イタリアン=カフェ・コットン・クラブ

『オープンテラスのお洒落なイタリアン~♪』

   ~カフェ・コットン・クラブ - Cafe Cotton Club @高田馬場

■今日は、珍しく高田馬場でランチです。

ラーメンでは、そこそこ探検が進んでいるエリアですが、一般グルメとなると探検隊にとって未開の地域です。

食べログだと、池袋と同じエリアに含まれているので、これからゆっくり探検していきます。

■いつもの食べログで、中エリア区分“高田馬場”エリアのレストラン人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 さっぽろ純連・東京店 (ラーメン)
第2位 べんてん (ラーメン)
第3位 とん太 (とんかつ) <未訪問>
第4位 ラミティエ (フレンチ)  <未訪問>
第5位 俺の空・本店 (ラーメン)
第6位 渡なべ (焼鳥)
第7位 二代目海老そば けいすけ・高田馬場本店 (ラーメン)
第8位 麺屋武蔵 鷹虎 (ラーメン)
第9位 カフェ コットン クラブ (イタリアン) <未訪問>
第10位 夢民・本店 (カレー) <未訪問>

こう見渡してみると、さすが学生の街・高田馬場です。ラーメン強し!

探検隊の訪問履歴は、ラーメン以外のお店が、きれいに未訪問店となっています。

まずは、入りやすそうなイタリアンから始めてみます。今日は、第9位の“カフェ・コットン・クラブ”です。

120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0002

■“カフェ・コットン・クラブ”は、高田馬場を中心にレストランを経営しているイントロという会社が経営しています。

ジャズ好きの店主さんが、30年前に高田馬場で、Jazz Spot INTROというジャズバーを始め、以降和風居酒屋を2店舗(“和食もめん屋”、“酒菜工房きぬ屋”)、イタリアンカフェと展開していったようです。

カフェ・コットン・クラブ”は、高田馬場店がうまくいったため、2011年10月に新橋に支店をオープンしています。

お店のHPを見てみると、コース料理の紹介やウエディング・パーティーの広告などが載っているので、お洒落な空間&本格的イタリアンが売りのようです。

また、営業時間が朝の4:30までだったり、ジャズライブの告知がなされていることからすると、バーのような使い方もできるようです。

ただ、食べログの高田馬場店の紹介を見ると、凝ったデコレーションのスイーツの写真ばかり紹介されているので、カフェとしての人気の方があるのでしょうか。

カフェ?本格イタリアン?夜通し営業のバー? いろんな使い方ができるようです。

120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0010

■お店は、JR高田馬場駅・早稲田口改札から、早稲田通りを早稲田方向に300m進んだ右側にあります。徒歩5分ぐらい。お店の前に、たくさんの植物が植えられていているのが目印です。

お店に着いたのは、平日の13:20ごろ。お店は2階建てで、大通りに面した場所はオープンテラスになっています。(冬場は、ビニールで囲いがしてあります。)

このお店の構造が面白くて、案内される客席によって、感じるお店の雰囲気がずいぶんと違います。

大通りに面したエリアは、明るい自然光が差し込み、植物の緑が映えるカフェ、といった感じですが、店の奥の方は、照明が暗めで凝った家具調度の落ち着いたバーのような雰囲気です。

探検隊は、1階テラス側を希望したので、自然光に溢れた明るい場所です。寒さ対策に、ちゃんとストーブが置いてあります。

お客さんは、さすが平日の学生街ということで、大学生が8割程度で、かつ女性比率も8割です。

ランチタイムとしては遅い時間なのに、お客さんはひっきりなしに入ってきます。

雰囲気がお洒落なので、普段使いのお店として、かなり人気があるようですね~♪

120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0006

■平日のランチメニューは至ってシンプルで、ランチプレートが1種類と、パスタが3種類です。

お値段は、野菜たっぷりサラダ、本日のスープ飲み放題、ドリンク飲み放題、日替りデザートが付いて、全品1,000円と、なかなかお得です。

“ガッツリ限定・日替りランチプレート”は、“豚肩ロースのオーブン焼・生のりのクリームソース”ですが、すでになくなってしまったとのこと。(残念…)

そこで、隊長は“海の幸とキノコのスパ”、隊員は“豚トロと生トマトのアマトリチャーナ”を選択します。

パスタの量は、Sサイズ(乾麺100g)からLLサイズ(180g)まで同一料金というので、それぞれLサイズ(140g)にします。

【サラダ】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0012

■レタスと刻みトマトのサラダです。メニューにあった“野菜たっぷりサラダ”というのは看板倒れかな…( ^-^;)

ドレッシングが掛かっていないように見えたのですが、ビネガー系のドレッシングが掛かっています。

塩分薄めで、適度な酢の甘酸っぱさが、さっぱりしていて、いいですね~♪

【スープ】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0015

■ベーコンの入った、オニオンスープです。飲むと体が温まります。

セルフサービスコーナーに、鍋ごと置いてあり、飲み放題ということになってます。

隊長はベーコンなし(左)、隊員はベーコンたっぷり(右)なので、スープの色が違います… ヾ(;´▽`A``

【海の幸とキノコのスパ】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0029

■海老、あさり、貝柱といった魚介類と、しめじが入った、塩味のスパゲッティーです。

油はあまり使っていないようで、さっぱりしています。ニンニクは、かすかに効かせてあるようです。

細めのパスタは硬めに茹で上げられていて、残った芯がちょうど良い歯応えを生み出しています。いわゆる“アルデンテ”ですね~♪

薄目の味付けは、隊員にはジャストでしたが、隊長は不満だったようで、塩を振りかけていました。

【豚トロと生トマトのアマトリチャーナ】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0024

■“アマトリチャーナ”とは、トマトソースをベースにして、グアンチャーレ(豚トロの塩漬け)と玉ねぎを加えたパスタソースとその料理で、ペコリーノ・ロマーノ・チーズを合わせるんだそうです。

使用されているパスタは、隊長のパスタと同じ、アルデンテに茹で上げられたスパゲッティです。

このソースには、グアンチャーレ、玉ねぎ以外に、ベーコン、マッシュルーム、キュウリ、生トマト、青唐辛子の酢漬けが入っています。

味としては、生トマトの甘酸っぱさ、赤唐辛子のピリ辛具合、ニンニクの香ばしさが、すごく良いバランスで、とっても美味しいソースです。

こちらのスパゲッティも、油っぽくはなく、さっぱりしています。

それでいて、しっかりしたトマト味をベースに、具材が味の複雑な変化を出していて、食べていて楽しくなるスパゲッティです。

これは美味いですね~!

【デザート】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0040

■コーヒー味のババロアです。甘さが抑え目で、なかなか、いけます~♪

【ドリンク飲み放題】
120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0013

■コーヒー、紅茶、ジュース類がポットに入っています。長居する人には嬉しい設定ですね。

■総括としては、料理、雰囲気、コスパなど、総合的に考えて、とっても使い勝手のいいイタリアンです。

パスタ自体は、麺の茹で具合もアルデンテに仕上がっていてパスタ専門店らしいし、ソースの出来栄えもなかなかGOODで、高いレベルにあると思います。

その上、店内の雰囲気は、女性受けしそうな、カジュアルにして、こじゃれていて、高田馬場らしからぬ(?!)お洒落な雰囲気です。

これなら口コミで高評価の、ディナーも良いらしいので、ぜひ試してみたいところです~♪

ごちそうさまでした~!

120203.高田馬場・カフェ・コットンクラブ0042

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ぶぶか=高田馬場ラーメン店めぐり(その14)

『油そばブームの火付け役~♪』

   ~らーめん専門店 ぶぶか

■今日は、久しぶりに高田馬場でラーメンです。

高田馬場は、食べログの人気順トップ10の完全制覇まであと2店舗なので、本来ならそのお店のどちらかに行きたいところです。

久しぶりなので、最新人気順ランキングでおさらいしてみます。

(↓リンクで過去の訪問時のブログを参照できます。気になるお店の店名をクリックしてみてくださいね~♪)

第1位 さっぽろ純連・東京店
第2位 べんてん
第3位 俺の空
第4位 渡なべ
第5位 二代目海老そば けいすけ・高田馬場本店
第6位 麺屋武蔵 鷹虎
第7位 えぞ菊・本店 <未訪問>
第8位 博多長浜らーめん ぼたん・高田馬場店(大塚店に訪問済み)
第9位 つけ麺屋 やすべえ・高田馬場店(池袋店水道橋店に訪問済み)
第10位 麺屋 宗 <未訪問>

順当にいけば、“えぞ菊・本店”に行くのですが、今日は時間的な制約があったため、高田馬場駅付近で食事をすしなければなりません。

そこで思い付いたのが、高田馬場駅から徒歩1分のところにある未訪問店、“らーめん専門店 ぶぶか”です。

110724.高田馬場・ぶぶか (2)

■“ぶぶか”は、2年前までラーメンについて全くの素人だった自分でも、当時から知っていました。

たまたま深夜番組か何かで見たのか、なぜか名前を覚えていて、東京でも指折りのメジャー店だと思っていました~(^-^;)

食べログで見る限りは、“高田馬場”人気順ランキングで第18位と、そんなに騒がれてはいないようです。

実際のところは、どうなんでしょうね。ちゃんと自分の“舌”で確認してみたいと思います。

■“らーめん専門店 ぶぶか”は、とっても面白い“経歴”のお店です。

1994年に当時の明星食品㈱の営業マンが、会社の特命により屋台で創業しています。

店名は、当時の陸上アスリート界で有名だった、棒高跳びの“鳥人”セルゲイ・ブブカに由来するんだそうです。

1995年に吉祥寺に店舗を開店し、一気にブレーク。2001年には、カップ麺の発売で更に知名度がアップしています。

経営的には、2002年に明星外食事業㈱(現在の味の民芸フードサービス㈱)が営業権を取得し、現在に至っています。

現在は、吉祥寺、高田馬場、コクーン新都心大宮、本川越の4店舗があるようです。

■お店は、JR高田馬場駅の早稲田口を出て、目の前の早稲田通りを早稲田と反対側(山手線の外側)に向かって、50mほど進んだ右側にあります。徒歩1分です。

お店に着いたのは、休日の11:35ごろです。店内はカウンター席10席とテーブル席8席があり、先客5名、後客5名です。

学生とサラリーマンの街なので、休日の混み具合としては、こんな感じでもまずまずなんでしょうね。

110724.高田馬場・ぶぶか (8)

■基本メニューは、大きく分けて、“油そば”(590円)、“まぜそば”(630円)、“とんこつらーめん”(580円)です。

まずは、ベース価格の安さにびっくりです。なんと良心的な価格なんでしょう~!

あと、“油そば”と“まぜそば”の両方があるお店は、ラーメン店を300店以上廻って初めてです。
(“油そば”と“まぜそば”は、まったく同じ意味だと思っていました…)

■基本メニューには、店側の説明があるので、ちょっと引用してみます。

油そば  …スープの入らないらーめん!ぶぶかの味の追求から生まれた新しいタイプのラーメンです。
      ツボに入ればもう忘れられない絶品味!

まぜそば …ぶぶか特製“塩たれ”を使用した“まぜそば”。かつお節が味の決め手!

とんこつらーめん …じっくり丹念に煮込んで作り上げたスープは、まさに“とんこつスープ”の真髄!
      真面目に作ったスープの証。細打ち麺との相性が応えられません!

これ以外に、“かちもりつけ麺”や、夏だと季節メニューとして“夏の油そば”や“冷やしそば”もあります。

今日は初訪問なので、まずは看板メニューの“油そば”(590円)からいってみます。

なんとなく、気分で“生たまご”(50円)を追加してみます。

【油そば+生たまご】
110724.高田馬場・ぶぶか (12)

■すごくシンプルにして、綺麗なルックスですね~♪

油そばなので、まずは混ぜる前の見た目からチェックします。

具材は、チャーシュー、メンマ、なると、海苔、輪切り白ネギ、そして別注の生たまごです。

110724.高田馬場・ぶぶか (15)

■麺は、提供前に店員さんが箸を使って混ぜ込んであるので、オリジナルの色は分かりません。

タレが醤油色をしているので、麺も醤油色に見えます。

110724.高田馬場・ぶぶか (6)

■さて、卓上にあった“油そば 美味しい食べ方”という貼り紙を見てみます。

あら、“其の三”というところに、「油のきつい方は、生玉子入りでマイルドに!」と書いてあります。

あらら、生玉子は最初から投入しないで、デフォルトを味わいたかったですね… ちょっと失敗かな?

110724.高田馬場・ぶぶか (17)

■それでは、いよいよしっかりとかい混ぜ、食べてみます。

う~ん! けっこう美味しいですね~!

タレは醤油色をしていますが、そんなに醤油は強くなくて、胡麻油の香りと味がします。生玉子のおかげもあるのか、いい感じにマイルドな味です。

麺は、中太ストレート麺で、もちもち系でハリ、コシのある食感です。いいですよ~!

生玉子が入った胡麻油系のタレは、中太麺にしっかり絡んで、バランスの良いコンビネーションです。

口の中で麺を噛みしめると、マイルドなタレで旨味を増した麺は、柔らかい小麦の香りを放出しながら、つるっと爽やかに喉を通り過ぎます。

110724.高田馬場・ぶぶか (11)

■なかなか自分好みの油そばなので、途中で味を変える必要はないのですが、一応卓上を見てみます。

定番のラー油、酢の他に、摩り下ろしニンニク、辛味調味料、胡椒が置いてあります。

“油そば 美味しい食べ方”の“其の二”でも、卓上調味料の投入を進めているので、その通りにしてみます。

110724.高田馬場・ぶぶか (19)

■ラー油を2周、酢を2周、ニンニクを小さじ1杯投入して、しっかり混ぜてみます。

すると、しっかりと違う味に変化して、違う一杯を食べているような気分になってきて、嬉しくなります。

ラー油で辛さが増すのも良いのですが、自分は酢の味が入るのが好きですね。かなりクセになります~!

あっという間に食べ終わります。やっぱり、普通盛りでは楽しみつくすのに不十分だったようです。

■総括としては、“油そば”の元祖ですが、まったく古さはなく、シンプルにしてとっても美味しい“油そば”です。

基本の中太麺がもちもち食感で美味しいことと、これに合わせたような胡麻油ベースとの相性の良さが、非常にオーソドックスなのに、印象に残る美味さのポイントになっていると思います。

デフォルト+生玉子という今日の組合せでも640円というCPの高さも見逃せません。食べログの評価は過小評価ですね…

これなら、豊富にある他のメニューも期待できそうですよね。再訪して楽しみたいと思います~♪

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

丸長・目白店=目白ラーメン店めぐり(その1)

『2大激戦区の狭間で輝く老舗名店~♪』

   ~丸長・目白店

■今年に入ってから、ラーメン店探検については、千代田区を中心とした“秋葉原・神田・水道橋”エリアばかり深入りしてしまっています。

気付けば探検隊の地元である“池袋~高田馬場・早稲田”エリアよりも深掘りになってしまいました。

なので、今日は地元を見直してみます。

■ちょっと長くなってしまうのですが、食べログの“池袋~高田馬場・早稲田”エリア・人気順ランキング・トップ30を検証します。

(店名をクリックすると、リンクで訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 屯ちん・池袋本店
第2位 さっぽろ純連・東京店
第3位 べんてん
第4位 瞠・池袋店
第5位 蒙古タンメン中本・池袋店
第6位 麺創房 無敵家
第7位 俺の空・高田馬場本店
第8位 東池袋大勝軒
第9位 馳走麺 狸穴
第10位 麺屋 ごとう

この辺りまでは、さすがにどれを勧めても間違いないような名店が揃っていますね~

第11位 ラーメン二郎・池袋東口店
第12位 つけ麺屋 やすべえ・池袋店
第13位 渡なべ
第14位 麺処 花田
第15位 鶏の穴
第16位 二代目海老そば けいすけ・高田馬場本店
第17位 まるきゅうらあめん
第18位 光麺・池袋本店
第19位 創新麺庵 生粋・池袋本店
第20位 なんつッ亭・池袋店

“池袋”と“高田馬場”という2大激戦区を抱えているだけあって、この辺りでも実力店が目白押しです。

探検隊の未訪問店はまだ現れませんね。。。

第21位 鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう
第22位 つけ麺 椿
第23位 ばんからら〜めん
第24位 麺屋武蔵 鷹虎第25位 一蘭・池袋東口店
第26位 我空(俺の空・池袋店)
第27位 BASSO ドリルマン
第28位 麺屋武蔵 二天
第29位 光麺・池袋西口店 (池袋本店に訪問済み)
第30位 つけそば丸長・目白店 <未訪問>

この辺りだと、実力店と好みが分かれる店とが混在してきます。

やっと未訪問店が出てきたので、このお店に訪問することにします。

■山手線の駅でいっても、池袋と高田馬場に挟まれている目白。

実はこの駅、山手線の駅の中で最もラーメン店が少ない駅なんです。

食べログでも、そもそも“目白駅”で登録されているお店が8軒しかなく、メジャーな店は今日訪問する“つけそば丸長・目白店”しかないんです。

110607.目白・丸長0012
(建物が古すぎて、建替えのため今年7月末で一度営業休止するそうです。最開店は来年4月中旬とのことです。)

■ただ、このお店、只者ではないんです。

戦後の混乱期に荻窪で開店した名店“丸長”の直系店なんです。

この元祖“丸長”から暖簾分けした中には、東池袋大勝軒に繋がる元祖“大勝軒”も含まれています。

現在、日本のラーメン界を背負っている松戸“とみ田”東京“六厘舎”といった名店が、東池袋大勝軒の末裔であることを考えると、“丸長”がいかにすごいかが分かります。

東池袋大勝軒でも、現在も受け継がれている“鰹節を使用したスープ”“自家製麺へのこだわり”“澄んだコクのあるスープ”は、すべて“丸長”が元祖であるというから驚きです。

■JR目白駅を降り、目の前の目白通りを左(西)方向に進み、2つ信号を越えた右手にお店はあります。徒歩5分ぐらいでしょうか。

驚くことに、時間はまだ11:40ごろにもかかわらず、すでに店外に12人の行列です。

しかも後から後から人が列の後ろに繋がっていきます。近くにラーメン店がないとは言え、すごい人気です。

ただその後、11:50過ぎには席に着き、11:55には注文品が運ばれてきました。何というお客さんの回転の速さ、何という調理スピードでしょう。

110607.目白・丸長0003

■基本メニューは、“つけそば”と“ラーメン”のみです。

麺の量で値段が違うので、店員さんに聞いたところ、中盛りで200gとのことです。

そこで、事前調査で評判が高い“つけそば”を中盛り(800円)で注文しました。

ちなみに、他のお客さんも100%つけそばを注文していて、“つけそば”か“野菜つけそば”でした。

また、男性客はそのほとんどが中盛りにしていました。

【つけそば】
110607.目白・丸長0008

■まずは、綺麗なクリーム色をした中太ストレート麺を食べてみます。おそらく自家製麺なんでしょうね。

表面はピカピカしていて、食感は見た目通りつるつるしています。

そんなに太くない割には、十分な弾力があって、噛み応えが良く、喉越しも良好です。

噛むと小麦がほのかに香ります。けっこう美味しい麺ですね。

110607.目白・丸長0007

■続いて、見た目から特徴的なつけ汁を味わってみます。

澄んだ醤油色をしたスープは、最初に甘味を感じ、その後すぐに酸味があることに気付き、最後に一味の辛味を感じます。

甘味・酸味・辛味、それぞれがしっかり効いているのですが、非常にいいバランスです。

この部分では、“東池袋大勝軒”に通じるものがあります。違いを言えば、こちらの方が濃いめでしっかりしているでしょうか。

110607.目白・丸長0006

■麺とスープの組み合わせを語る上で、このつけそばの場合には、具材についても合わせて言及する必要があります。

というのも、ほぐしチャーシューとネギが、麺と一体になって口に運ばれるからです。

ほぐしチャーシューは、醤油ベースの若干甘め濃いめの味付けで、スープにじわじわ脂分を放出します。

刻みネギはチャーシューと一体となって、さわやかな薬味の役割を果たします。

110607.目白・丸長0009

■麺をスープに浸けて食べてみると、見た目透明であっさりしたスープに見えるのに、しっかりしたコクと味を伴って口に入ってきます。

豚骨スープ、節系魚介スープのWスープがいいこともあるのですが、ほぐしチャーシューから出る脂分、チャーシュー自体の肉感がまるでベースのWスープを補強しているかのようです。

現代的なWスープ系つけめんと比較しても、パワフル感でまったく負けていないし、古さも感じません。

これは美味しいですね。麺がいくらでも食べられそうです。

■チャーシュー、刻みネギ以外の具材は、メンマと刻みなるとです。

メンマも自家製なんでしょうか、独特の味付けで、極端に甘めに振ってあります。

ただ、スープとの相性は非常に良く、なるとと共に、味の変化を楽しませてくれます。

110607.目白・丸長0011
(最後にスープ割にしてみましたが、改めてベーススープのコク深さと、味付けのバランスの良さを確認できました。)

■総括としては、他の老舗系名店の中でも、最も古さを感じない、インパクトも十分な美味しいがっつりつけそばです。

チャーシューやなるとなどをかなり細かく刻むことで、具材としてというよりは、調味料の一つのような役割になり、スープ自体に変化をもたらし、パワフル化に繋がっています。

探検隊本拠地からちょっと行きにくいことと、古そうな味が想定されたので、訪問を引き延ばしてきましたが、こんなことであれば、いままで何で訪問していなかったんだろう、と後悔させられました。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ)です~♪

【お詫び】m(_ _)m

「このお店、とっても美味しいですよ!」な~んて紹介しながら、丸長・目白店は現在やっていないんです…

念のため…

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

渡なべ〔2回目〕(2杯目)=高田馬場ラーメン店めぐり(その13)

『濃厚魚介豚骨ラーメンの老舗~♪』

   ~渡なべ

■高田馬場といえば、池袋、新宿などと並び、ラーメン超激戦区の一つです。

雑誌やテレビでもよく特集されているので、いろんなお店が紹介されているのをご覧になったこともあるかと思います。

『一個人特別編集 大人のラーメン大賞』という本では、ラーメン評論家のHIさんが高田馬場のベスト10杯をピックアップしています。お店の紹介もされているので、ちょっと引用させていただきます。

・えぞ菊・本店 …東京に札幌ラーメンブームを巻き起こした名店。

・五坪 …店の広さが店名に。昔ながらの中華そば。

さっぽろ純連・東京店 …味噌ラーメンのひとつの完成形を味わえる。

中華そば べんてん …つけ麺の盛りが豪快で有名。行列が絶えない。

・ティーヌン・本店 …都内各所に支店を展開するタイ麺専門店。(池袋パルコ店に訪問済み)

二代目海老そばけいすけ★ …ラーメン界に新しい流れを生んだ風雲児

・博多長浜らーめんぼたん・高田馬場店★ …大塚本店の特濃豚骨スープを見事に再現。(大塚本店に訪問済み)

・ぶぶか・高田馬場店 …吉祥寺が本店。油そばがあまりにも有名。

ラーメン二郎・高田馬場店 …熱狂的なファンを持つ激盛りラーメンの店。

渡なべ★ …ラーメンコンサルタント・渡辺樹庵氏のお店。

この中で★印のお店は、ラーメン・つけ麺が写真入で紹介されていました。

けっこう納得のセレクションだと思います。隊員と気が合うのかな~?!

110319.高田馬場・渡なべ 007

■さて、この中から今日は“渡なべ”です。

上の紹介にもあるとおり、ラーメン店の開店支援などのコンサルティングをしている渡辺樹庵氏のアンテナ・ショップと位置づけられています。

110319.高田馬場・渡なべ 008

■渡辺氏がプロデュースしたお店としては、池袋の“瞠(みはる)”や神保町の“可以”などがあります。

どのお店も内装・雰囲気がおしゃれな雰囲気です。渡なべのカウンターには衝立がなく、見せる厨房のようです。

110319.高田馬場・渡なべ 004

■このお店のメニューは“らーめん”“つけめん”の2種類のみです。

今回は隊員が“つけめん”を食べるので、隊長は“らーめん”にチャレンジしてみます。

普通盛りは150gということで、ちょっと足りないところでしたが、つけめんを大盛り390gにして調整しました。

【らーめん】
110319.高田馬場・渡なべ 011

■まずは、スープから味わってみます。

う~ん! 濃厚にして、深いコクとパンチ力のある、美味しい魚介動物スープです。

カツオ節・煮干しメインの魚介系が強めで、一口目からしっかりと口の中で香ります。

動物系は豚骨と鶏ガラを煮込んでいるそうで、豚骨のコクと鶏ガラのとろみがしっかり出ています。

これぞ、濃厚魚介豚骨!と思わせる、非常に完成度の高いスープです。

110319.高田馬場・渡なべ 013

■続いて、白っぽい色の中ストレート麺を食べてみます。

ラーメンの麺としては、割りと太い方で、“つけめん”と共通です。

噛んでみると、おー!もっちりした食感で、噛んだ時の小麦の香り、甘味が素晴らしい麺です。

しかも、“つけめん”に使用した時よりも、もっちり具合が増して、より美味しい麺になっています。

■濃厚なスープは、中ストレート麺にしっかり絡みます。

口の中では、煮干し系の香り、動物系のコク、小麦の香りと甘味が渾然一体となって広がります。

この辺りは、さすがコンサルタントが作る味、と言えそうです。

楽しい具材も合わせて、食べ続けても、飽きさせないんですよね~♪ 

110319.高田馬場・渡なべ 012

■具材は、チャーシュー、メンマ、白髪ネギ、輪切り青ネギです。

大振りなチャーシューは、とってもジューシーで、食べ応えがあります。

メンマは、渡なべオリジナルの巨大極厚メンマで、すごく柔らかく味が染みて美味しいものです。

白髪ネギ・青ネギは、濃厚スープの中にあって、サッパリ清涼感を巧く出しています。

■総括としては、非常に完成度の高い濃厚魚介豚骨ラーメンです。

スープ、麺、具材の各要素のレベルが高く、要素相互間のバランスもしっかり取れています。

やはり歴史があるだけあって、安定感のある味ですが、逆に取ると味付けなどはちょとだけ古さを感じます。

このあたりは、一度完成されて大人気になった味をなかなか変えにくい老舗人気店の悩みどころなんでしょうね。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
242位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html